« アジアカップでの「台湾問題」 | トップページ | サッカーの反日感情、政府が中国に改善要請 »

2004/08/04

サッカー アジアカップ

サッカー アジアカップ 日本、120分間の激闘を制し、決勝進出を決める!

昨日のバーレーン戦はこの速報ページと掲示板で「観戦」してました。
9時過ぎまで「観戦」してるわけにもいかなかったので,玉田の最初の得点のところで家路についたんですが,その後も二転三転したみたいで。

遠藤のレッドカードについてはどのメディアを見ても「不可解なレッドカード」といっているようだけど,昨日家に帰ってから見たスポーツニュースのビデオでは遠藤の指が相手選手の目にあたったように見えました。たぶん指先だけ目に入っちゃったんですよ。目つぶしはバーリトゥードルールでも禁止されてる技ですからね。首絞めとけばイェローですんだんじゃないでしょうか(違)。明らかに故意ではあり得ないけど,仕方ないんじゃないかな。

それはともかく。
一口に「強さ」と言ってもいろいろあります。弱い相手に大量得点差で勝つ強さ。
しかし,困難な状況,絶望的な状況の中で,最後まで諦めず勝利を手にする強さというのもあるでしょう。

今度の土曜日も辛い戦いになるでしょうが,がんばってほしいものです>日本代表

ダバディさんのブログにトラックバックを送りました。
あれですよね,インド生まれのスポーツですよね。それはカバディ。
すいません。ちょっと言ってみたかったとです。

でね。なんでこの記事にトラバ送ったかと言うと。「バーレーン戦」をキーワードに検索したんですよ。
で,記事内容がそんなにおかしくないと思ったもんだから,トラバ送っちゃって。よく読んだら,U-23代表の試合のことだったみたいで(オリンピック予選だっけ)。しっつれーしました。
中国ファンのブーイングについては別記事で。

|

« アジアカップでの「台湾問題」 | トップページ | サッカーの反日感情、政府が中国に改善要請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/1118503

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー アジアカップ :

« アジアカップでの「台湾問題」 | トップページ | サッカーの反日感情、政府が中国に改善要請 »