« 長嶋Japan,負けちゃったね | トップページ | オリンピックの金メダルに必要なのは »

2004/08/26

野球日本、力みすぎた? 国際経験の差否めず

野球日本、力みすぎた? 国際経験の差否めず - asahi.com : アテネ五輪 : 野球

 金メダルを獲得したキューバに比べて、日本の力が劣っていたとは思わない。これが一発勝負の怖さだろう。そこでメダルの色を分けたのは、決勝トーナメントへの照準の合わせ方にも一因があった。国際経験の差といってもいい。

 日本は全勝にこだわりすぎた。中畑ヘッドコーチは「1次リーグから9連勝と金メダルがセットになり、息が抜けなかった」と打ち明ける。「初のオールプロの代表で、負けられない意識が強かった」

プロだから,強いんだから,負けられない。という意識ならある程度致し方ない。様な気がする。
しかしながら,目標は金メダルを取ることであり,1次リーグを全勝することではなかった。最初から9連勝しかない,と力みまくっている(ように見える)コーチ・選手たち,マスコミ。何とかならんのか,と思った。

金メダルを取るという観点から9試合のどこに力点を置くべきか冷静に分析する人間がいてよかったはずなんだけど,新聞などをざっと見ている限り,そういう論説は見当たらなかった。
ぶっちぎりの成績でリーグ優勝を決めながら,日本シリーズではあっさり負けてしまう,そういうことはよくあることだし,一時期常勝を誇ったヤンキースはレギュラーシーズンでは苦しんでもポストシーズンを見据えた戦いをしているといわれた。その意味では,一次リーグでぎりぎり通過でも決勝トーナメントできっちり勝ちを奪う,そういうチーム作りというのはできなかったんだろうかという気がする。

バルセロナ,アトランタでは田村亮子は準決勝では金メダル候補をやぶりながら,決勝でノーマークだった相手に敗れた。
今回,ソフトボールチームは打倒アメリカを合言葉に戦ったが,アメリカ以外のチームにも敗れ,最後はオーストラリアに負けて銅メダルに終わった。だから,一次リーグをぎりぎりで戦えばいいというものでももちろんないんだけど,リーグ戦から決勝トーナメント全体を通しての戦略(単なる一時しのぎ的なものではなく)が欠けてたんじゃないかという気がしてしまう。

・・・最終的には「精神力」の世界なんだと思うけど,そこに至る過程は緻密に練り上げられなければならんだろうという気がする。

|

« 長嶋Japan,負けちゃったね | トップページ | オリンピックの金メダルに必要なのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/1285406

この記事へのトラックバック一覧です: 野球日本、力みすぎた? 国際経験の差否めず:

« 長嶋Japan,負けちゃったね | トップページ | オリンピックの金メダルに必要なのは »