« イチロー、史上初の記録 | トップページ | コメントは »

2004/08/27

オリンピックの誤審の問題

オリンピックは世界中の視線が集まるため、誤審・誤判定がいやでも目に付いてしまう。
もともと完璧ではありえない人間が判定を下すわけだから、誤審そのものを完全になくすことは不可能なんだろう。

「誤審」といってまず思い出すのは前回シドニーオリンピックの篠原銀メダル事件。「弱かったから、負けた。それだけです」は名台詞だったと思う。あれは誤審としては審判の技量の問題であったが、篠原はそれでももう一度技をかけて逆転できるはずだった。でもそれはかなわなかった。そういう意味での「弱さ」なんだろう。

男子レスリングの笹本はレフェリーの判定をマットチェアマンにひっくり返されるという形で涙を呑んだ。しかもビデオ判定しようとしたら、ビデオに肝心のシーンが写ってなかったから反則とは認められない?!そういう場合、一番近くで見ていたレフェリーの判定を採用すべきじゃないの?大相撲じゃないんだから(あ)

ところで。オリンピックの話じゃなくなるけど。
ヤフーの掲示板見てたら、アジアカップでの中田のゴールがハンドじゃないかという意見が出てたので、一言。
(素人のたわごとなので、正確なことご存知の方はコメントお願いします。)
ハンドってのは「ハンドリングのファウル」であって、hand(手)のことじゃない。ボールを手で操作(handle)した場合に適用される反則。そのシーンはニュースでちょこっと見ただけだからよくわかんないけど、体にくっつけた腕に当たってゴールした。むかし、肘から上の部分で胴体にくっつけた状態で当たったらハンドリングとられないって聞いたことあるような気がすんだよね。だから中田のゴールは問題ないんじゃないかと。どう?

|

« イチロー、史上初の記録 | トップページ | コメントは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/1292865

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの誤審の問題:

« イチロー、史上初の記録 | トップページ | コメントは »