« 何とかなりませんか | トップページ | シックスセンス »

2004/09/01

金メダルは返さない 薬物違反のアヌシュ

金メダルは返さない 薬物違反のアヌシュ | Excite エキサイト : ニュース

 【ブダペスト31日AP=共同】アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げで、ドーピング(薬物使用)違反のため金メダルをはく奪されたアドリアン・アヌシュ(ハンガリー)は31日、金メダルを返す意思はなく、場合によっては国際オリンピック委員会(IOC)を訴える用意があることも明らかにした。地元のMTI通信が伝えた。

今回の金メダルの剥奪はあくまでも再検査を拒否したことに対する罰でした。ドーピングに対しては断固とした態度を取ることをIOCが決定し,それを選手に対しても求めている現状において,検査を拒否する事自体が既に資格停止に値する。というのが,IOCの基本的な考え方のようです。
実のところ,どんなに簡単な検査であってもそのために時間を割かなくてはならないというのは被検者にとっては苦痛です。ましてや個人の名誉や尊厳に関わるような検査は,誰だっていやでしょう。しかしながら,いやむしろ,それ故に,メダルの価値,己の名誉を守るためにこそ,検査を受けなくてはならなかった。

再調査の過程で,アヌシュが既に提出した検体が別人のものであることがわかったことで,仮にドーピングをしていなかったとしても,検査逃れをはかったことは確実となり,IOCの処分の正当性は疑いないものとなりました。
でも,やってるんだろうな。ドーピング。

訴えるとかなんとかいってるけど,裁定が覆る余地はないし,ドーピングの事実が証明されてしまう可能性の方が高いだろう。みんなが忘れてくれるのを待つ作戦と見た。

|

« 何とかなりませんか | トップページ | シックスセンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/1332772

この記事へのトラックバック一覧です: 金メダルは返さない 薬物違反のアヌシュ:

« 何とかなりませんか | トップページ | シックスセンス »