« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/30

AAA!CAFE - プレスリリース

AAA!CAFE - プレスリリース

株式会社ライブドアに営業譲渡に関する件

2004年9月3日有限会社トリプルエーコミュニケーションズは株式会社ライブドアへホームページ事業(http://fh.aaacafe.ne.jp/とhttp://www.aaacafe.ne.jp/web/)と掲示板事業(http://bbs.aaacafe.ne.jp/)に関する営業権を譲渡いたしました。 これにより当事業は株式会社ライブドア(http://www.livedoor.com/)が運営する事となりますが、 当面の間、本事業は有限会社トリプルエーコミュニケーションズが 管理いたしますので問い合わせ先等の変更ございません。 ライブドア社への移行日程等に関しましては後日詳細を発表させて頂きます。


iLandの弁明などのページを設置しているAAA!CAFEですが,このところ目立った障害もなく,ホームページを訪れることもなかったんですよ。最近,ライブドア関連のバナー広告が多いなと思ってたら,こういうことだったんだ。
いまんところ,URLは変更されてないみたいです。変更される前にちゃんと連絡くれるんだろうな>AAA!CAFE

| | コメント (1) | トラックバック (0)

iLandの弁明 ブログ風:新着記事

6500双の祝福があった日

akiさんが投稿してくださった通り今日は6500双の祝福があった日です。
ま。ね。いろいろあったんですよ>6500双。

ということで。おめでとうございます>皆さん(含自分)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/28

支援物資は満杯 小千谷市「事前連絡を」

新潟中越地震: 支援物資は満杯 小千谷市「事前連絡を」

 新潟県中越地震で市民の約7割の3万人近くが避難生活をしている小千谷市の災害対策本部に全国から支援物資が続々届き、収納スペースや整理作業が限界にきている。対策本部は「水や保存食料、毛布などは当面間に合っている。今後は何が必要なのか相談してほしい」と呼び掛けている。

被災者たちの惨状を見るにつけ,「何とかしなくては,何かしなくては」という思いに駆られる反面,実際に行動できることは限られている。その結果,救援物資を送ることになるわけだが,それを受け取る側も大変なんである。それくらい,自分でやれよ?そんな殺生な。

もちろん,ただ手をこまねいてる人間σ(^-^)よりはましか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップル - iPod Photo

U2モデルとともに発表されたiPod Photoですが。
今んとこ,多量の写真を持ち歩く予定もないんで。ていうか,たけえよ。ってのが本音だったりもします。
iPodが好調な売れ行きなもんで,やりたい放題ってのがホントのところじゃないの〜?なんて。
売れなくてもやりたいことやったからいいや〜って。

ハリソン・フォードの「奴らは、間違った場所を掘っている!」というセリフは正しいのかもしれないが,デジタルフォトを持ち歩けるというのが正しい答えといえるのかはよくわからない。

iPodで本読めるようにしてもらえるとうれしい。
今でもテキストは読めるんだけど,字が小さすぎるのとスクロールが結構やりづらくって,Palmで本読むのと同じというわけにはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/26

本読む中高生が急増

<学校読書調査>セカチュー効果 本読む中高生が急増
Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

 読書する中学・高校生が大幅に増え、5月1カ月に読んだ本の平均冊数も昨年を上回ったことが、毎日新聞社が全国学校図書館協議会の協力を得て26日まとめた第50回学校読書調査で分かった。小学生(4〜6年生)も本を読む児童は増えたが、平均冊数は昨年をやや下回った。

セカチューだの綿矢りさだのが要因ということみたい。
おっさんの希望としては古典的な小説なんかも読んどいてほしいところだけど,そういうのはアンケートで上位には来ないんでしょうな。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

Yahoo!ニュース - 新潟県中越地震

Yahoo!ニュース - 新潟県中越地震

なんか,無関係な立場からしかコメントできないので,取り上げたくなかった。わかったようなこといったりしては,失礼だろう。
もちろん,相次ぐ台風・大雨の被害とともに何らかの意味があるんだろう。しかし,そんなこというてる場合とちゃうのである。明日は我が身なんである。
そんだけ。

あ。念のためにゆうとくが,一連の災害に引っ掛けての献金要請というのはない。つうか,臨時に献金要請されてできるような状態じゃないって(笑)>食口

ありもしない献金要請を憶測で「あるに違いない」といって,批判するやつがきっといる。だろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のプロ野球

基本的にパリーグはロッテ敗退の時点でどうでもよくなり,セリーグも巨人敗退の時点(っていつだっけ?笑)でどうでもよくなり,MLBもヤンキース敗退の時点でどうでもよくなった。実はヤンキースが3連勝したときにどうでもよくなってたような気がする。

@nifty:Sports@nifty:Rソックス「バカ軍団」カミがかり(夕刊フジ)

興味のある人だけ盛り上がってればいいんだよね。
こっちは摂理で忙しいのだ。(+_+)\バキッ
それは気持ちの上では半分くらい本気もあるけど,実際には嘘だ。

これまで巨人や阪神のような,地方でも,あるいは敵地でもファンが集まってくれる球団もあれば,地元でも客がはいらないチームもあるというのが当然だった。テレビでは巨人戦だけやってれば視聴率が計算できるというのが当然だった。日本シリーズで,面白いゲームをやってればみんな見るだろうと思っていた。
ダイエーや日ハムの地元では大勢の客がはいり,ペナントレース終盤の巨人戦に1000人も客がはいらないことがニュースになる時代。テレビ中継では巨人戦が連日10%を割り込む。日本シリーズで手に汗握る展開になってても誰もチャンネルをあわせず,あまつさえ,中継時間延長にクレームが届く。

いいじゃないか。見たいやつが見れば。
球団やテレビ局の思惑通りに事が運ばなくちゃならない理由は,ない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/25

ホントですってば(笑)

http://tbird.jugem.jp/ | iLandさんのHP

tbirdさんがリンクしてくれてるんだけど。
「自称」じゃないって。本当だって。(必死)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/21

iLandの弁明 ブログ風:新しい記事書きました

読書の時間:本編「オカルトでっかち」

新しい記事書きましたんでよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

自殺予防サイト

自殺予防サイトへのアクセスも1万件に - asahi.com : 社会

 インターネットを使った集団自殺が相次ぐ中、同じネットを使った自殺予防サイトがある。ネット上で本音を語り合い、自殺を思いとどまらせようという試みだ。一方で、長年悩める人たちのかけ込み寺になってきた「いのちの電話」もネット世代への対応を急いでいる。「死」を求め、時間と空間を超えて飛び交う情報に歯止めをかけようとする人たちの努力が続く。

死というものがなぜ悲惨なものなのか。それは訳の分からなさに由来するのだろう。
なぜ自分が死ななければならないのか。自殺の場合,自分では納得している(つもりの)はずだ。
しかしながら,残されるものは納得するすべがない。たとえ遺書という形で手がかりが残されていたとしても,そこに至る心の道のりを100%理解する手だてはない。

夏目漱石のこころで,「先生」は自らの命を絶つわけだが,その理由は妻にはわからない(多分)。また「先生」は妻にわかってもらうことを希望していない。妻は訳の分からない理由で夫を失った女として生きていくしかない。
でも死の理由は妻が気づかないところに確実に存在し,その故に「先生」は何年もの間,悲しみや苦しみをずっと抱えながら生きていた。
いいとか,悪いとかということ以前に。

だけど,残されたものの悲しみということだけは考えてほしいと思うんだ。

関連記事:生きるってこと

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004/10/13

本宮ひろ志漫画が抗議受け休載


@nifty:NEWS@nifty:南京大虐殺「歪曲」本宮ひろ志漫画が抗議受け休載(夕刊フジ)


 「週刊ヤングジャンプ」で連載中の漫画「国が燃える」(本宮ひろ志氏作)に登場した南京大虐殺の描写に対し、地方議員グループが「歴史を歪曲(わいきょく)している」と抗議したのを受け、発行元の集英社は13日、28日発売号から当分、この漫画を休載することを明らかにした。集英社は「描写の参考にした写真は『捏造(ねつぞう)された』との指摘もある。そういう資料を使ったのは不適切だった」としている。

本宮ひろ志が何を考えてそんな漫画を描いたのかはわかりやすいほど分かりやすい話なんだけれども,問題は集英社側の対応だろう。出版されてはじめてその漫画の内容を知ったわけじゃあるまいに。
当然本宮の意図を理解して掲載したはずのものを抗議を受けたからといって休載するとは。一応青年誌に分類される雑誌なんだから,事なかれ主義的な対応ですまされるはずはない(けど,すんじゃうんだろうな)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/10/12

日本の無規制、一番ひどい サリドマイド

藤本裕之氏のサイトのトップページにはニュースへリンクされたコメントが毎日掲載されている。今日はこんな記事だった。

日本の無規制、一番ひどい サリドマイド復活国際会議
Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

 1950−60年代に手足の短い赤ちゃんが生まれる薬害を引き起こしたサリドマイドが、多発性骨髄腫やハンセン病の治療薬として再び使用され始めたことを受け、世界各国の被害者が11日、東京都内に集まり、新たな薬害防止を考える国際会議を開いた。

サリドマイドはもともと睡眠薬として開発され,従来品より安全な(依存性が少ないとかそういうこと)薬剤であることを売りにしていたらしい。安全な睡眠薬ということで妊婦さんたちにも数多く投与された。胎児への影響は検証されていなかったにもかかわらず。その結果何が起きたかは皆さんご存知の通り。最終的にサリドマイドは販売停止・回収にいたり,現在も販売されていない。公式には。
ところが,これが多発性骨髄腫などの治療薬として有効であるということで,海外では使用されるようになっているんだそうだ。
 日本では薬事法の規制を受けない個人輸入で年間50万錠以上が持ち込まれており、間宮清・財団法人いしずえ(サリドマイド福祉センター)事務局長は「ルールなしで使用している日本は一番遅れている」と話した。

問題は日本では薬事法の網の目をくぐって個人輸入の形で持ち込まれている点。

日本の規制で縛り付ける行政の問題がここに現れている。
一つの新薬を認可するのに長い時間がかかるわりにいったん認可されてしまうと市場から撤退させるのにこれまた長い時間がかかってしまう。
また,網の目のように張り巡らされた法による規制はそのわりには抜け穴だらけだ(そうらしい)。通常のルートで薬を手に入れるのはものすごく面倒になる反面,うまくやればいくらでも手に入る。誰も見てないのに赤信号で止まる方が馬鹿だと言わんばかり。

サリドマイド禍は妊婦がその危険を知らずに,全く無防備に服用したことが原因だった。だから,50万錠のサリドマイドが持ち込まれたと言って,即,悲劇が繰り返されるということではないんだとは思う。しかし,水俣病だの薬害エイズだのといった問題を思い出しても,本質的な問題は解決されていないであろうことは想像がつく。「日本が一番ひどい」のかどうかは僕にはわからないが,ひどい状況であることは確かだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

「名誉の殺人」から奇跡的に生き残った スアドさん

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題
ひと:「名誉の殺人」から奇跡的に生き残った スアドさん

 1957年ごろの生まれ。著書「生きながら火に焼かれて」は、昨年フランスで出され20万部のベストセラーに。邦訳版(ソニー・マガジンズ)出版を機に来日。スアドは仮名。身の安全に配慮して、本名などは公表されていない。

一応,メモしておこう。人権問題,好きでしょう?(+_+)\バキッ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

西武が2年ぶり15度目のリーグ優勝

西武が2年ぶり15度目のリーグ優勝

 プロ野球、パ・リーグのプレーオフ第2ステージ(5試合制)、ダイエーvs西武第5戦は11日、福岡ドームで行われ、西武が延長10回の末、4−3で競り勝ち、3勝2敗として、2年ぶり15度目のリーグ優勝を決めた。伊東監督は就任1年目での胴上げ。

とかなんとかいうてる間に!西武ライオンズ優勝でございます。
正直どっちが勝ってもうれしい,「赤勝て白勝て」状態になってました(笑)
どっちでもいいというのが本音だったり(+_+)\バキッ
ロッテが負けた段階でシーズン終わってますから(苦笑)

レギュラーシーズンぶっちぎりの1位だったホークスの選手やファンの皆さんには納得いかない結果かもしれませんけどね。でもマジで楽しかったですよね。ホークスやライオンズのファン以外も楽しめた今年のペナントレースだったんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低迷する日本の音楽業界ともうひとつの流れ

低迷する日本の音楽業界ともうひとつの流れ : Hotwired

 ギリギリ感満載の音楽業界。それまでの「音楽バブル」が弾けた1997年以降、国内のCD総売上は毎年ものすごい勢いで落ちている。世界的にも音楽業界で景気の良い国は見当たらないが、それでも米国や英国の音楽業界は2003〜2004年になって回復傾向を見せ始めた。しかし、我が日本は一向に回復する兆しを見せていない。

この間書いたようにiPod購入後にわかにCDを買いたくなった僕はどれを買おうか迷ったあげく,買ってしまった。
いわゆるコンピレーションアルバム。知ってたわけじゃなくて売り場にそう書いてあったんだけど。
“The 80's”なる80年代のヒット曲を集めた2枚組アルバム。80年代後半はみ旨に導かれたので,一部分聴いた覚えのない曲もあるのですが,高校から浪人生の時代というのは洋楽のポップスばっかり聴いてましたので,ものすごく懐かしい。全部で39曲。カルチャークラブだのハワードジョーンズだのカジャグーグーだの。もっと書きますか。書かなくていいですか,そうですか。じゃあやめますが。

一番聴きたい曲というのが,10代後半に聴いた懐かしい曲に偏ってしまっているというのも事実で。
39曲という曲数の多さも“お得ポイント”には違いないんだけれど,それ以上に39曲中聴いていてつらくない曲というのが普通のアルバムに比べてものすごく多いのであります。普通のアルバムだと10曲中3曲もそういう曲があれば「お買い得だったな」と思ってしまう。正直,10曲もあるんだからはずれがあっても仕方ない,みたいな部分て言うのはあって。我慢しなきゃ。みたいな。
でもそれって,客をものすごく馬鹿にした話なんだけど。その状況に客の側もなじんでしまっていた。アルバム1枚の中に聴きたい曲がなくても無理して買っていた。アルバムにおさめられた数曲のシングルヒット曲を聴いて満足していた。いや,それは僕の場合の話ではあるんだけど。でもみんなそうなんじゃないのか。
聴きたい曲かどうかは買ってみないとわからない。気に入ったアーティストの名前で決めるしかない。ライブに出かけるという習慣がある人はいいけど,そういう習慣がない僕のような田舎者は,アーティストの名前と何かのテーマソングに使われて有名な曲の名前だけをたよりに,アルバムを買う。
もし,“はずれ”がいやなら,買うのをやめるしかない。
“はずれ”さえも容認できるほど,音楽を愛しているわけではない僕は,CDを買う事自体をやめるしかなかったわけ。
今回はiPodを買って,新しいCDが欲しいと思って買ったわけだけど,そうやって買ったのは昔聴いた曲。“あたり”だってわかってる曲ばかりのコンピレーションアルバムだった。

iTunes Music Store。なんとかならんすかね。気に入った曲には金払いたいけど,そうじゃない曲を抱き合わせにされて金とられるのはいやなんだ,もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

受信料支払い拒否


@nifty:NEWS@nifty:受信料支払い拒否、3万1000件に=不祥事理由に−NHK(時事通信)

うちは何年か前から口座振替にしている。多分。
1年分で考えると結構な額だ。

金がなく,ではなく,不祥事を理由にして支払い拒否してる人は僕みたいな人間をどう思っているんだろう。
お前らみたいな人間がいるからNHKがよくならないんだああ。とか。
国会中継しなかったのは僕のせいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iLandの弁明 ブログ風:新着記事

■ 読書の時間:エースを出せ!

「エースをねらえ!」,じゃなかった,「エースを出せ!」ですが,ようやく読了。

新しい記事を投稿したのでお読みいただければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

王監督も急転プレーオフ支持 セにも導入勧める

王監督も急転プレーオフ支持 セにも導入勧める - スポーツ報知

 王さんが一転、プレーオフ肯定派に変身した。ダイエー・王貞治監督(64)は休日の3日、腰痛のマッサージのため福岡ドームを訪れると、第1ステージの西武と日本ハムの激突をテレビ観戦。ブラウン管を通じ、予想以上の盛り上がりを感じ取ると、セ・リーグにも同制度の導入を勧めた。

セ・リーグは中日の優勝決定後は完全に消化試合。マジックがゼロになるだいぶ以前から中日以外の逆転優勝はほとんど無理という雰囲気が漂っていた。
パ・リーグについては僕的にはロッテが敗退した時点で終わっているし,ダイエーが万一敗れる事態になれば「レギュラーシーズンの戦いはいったいなんだったんだ?」という不満がわいてくるのは間違いない。
しかし,ファンが夢を見ることができてこそのプロスポーツであることを考えるとシーズン終盤の数十試合が優勝と関係のない,従ってファンに夢を見せてくれない試合になってしまっているセ・リーグの現状はどうなんだろうという気がしてくる。

ロッテは敗れはしたけど,最後の最後まで,ファンに夢を見せてくれた。
日ハムも西武に負けちゃったけど,第一ステージ3戦目,9回裏まできっちりファンを楽しませてくれた。
オリックスと近鉄は...他の4チームとは違う意味で最後までファンを楽しませてくれた,と言っていいんじゃなかろうか。

最後の1試合,最後の1イニングまでファンに夢を見させてくれる,という意味で,確かにプレーオフ導入は一考の価値ありと思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »