« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/16

携帯電話


9月の国内携帯出荷台数、9カ月連続で前年割れ

今までずっとPHS使ってたんですけどね(ここ)。最近繋がらないことが多くなったもので,携帯電話にしちゃいました。

ソニーエリクソンの機種でね。例によって奥さんの意見重視(笑) デザインが気に入ったんですと。
上下ボタンがくるくる回る形になっていて(ジョグダイアルっての?),ソニーらしいなと思っていたら,そんなことより漢字変換エンジンがPOBoxなんですね。POBoxといえばPalmの世界では古くから知られた変換エンジンです。一文字めを入力した段階で,「こんな言葉を入力したいんでしょ〜」とばかりに変換候補を並べてくれるんですね。使ってるうちにどんどん賢くなって文字を変換しながら入力していることを忘れてしまいそう(ちょっと大げさ)。

ま。あんまりメールとかサイトとか使わないようにするつもりなんですけどね。いままでPHSだったから,ものすごく金かかってるような気がして。

#というわけで。iLandの従来のPHSは解約しております。連絡を取りたい方はメールなどでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

辞書は正しい?

辞書は正しい? 2003-02-07 (Fri)

以前から気になってる言葉があるんですけど。
「怪しからん」
辞書をひいてみると大抵「もともとは『怪しからぬ』だった」と書いてある。
でもそれっておかしくないか?
「怪(け)し」っていうのは文字どおり,あやしい,おかしい,ということだろう。「ぬ」は何か。否定の「ず」の活用形か,完了の「ぬ」か。「怪し」に完了の「ぬ」がつくのはおかしいような気がするので否定の「ず」だろう。ということは,「怪しからん」は「あやしくない」という意味になるのか?
僕が以前から思ってるのは「怪しからん」は「怪しからむ」なのではないかということ。つまり「怪し」の未然形に「む」がついたもの。「む」っていうのは未確定未来の助動詞だけど,必然性の度合いとしてはかなり強い。つまり「断定はしないけど,かなりおかしい話だぞ,それは」,あるいはもっと強く「当然,そりゃ,おかしいだろ」くらいの意味合いとなる。
・・・んじゃないかと思ってるんだけど,今のところこの説を支持する説明ってみたことない。
僕は国語学者でも何でもないんで,これ以上調べらんないんだけど,Webで検索する限り,納得のいく説明って見当たらないですね。
用例としては「怪しからむ」は見当たらなくて,「怪しからず」は見つかるんだけど,意味としてそれじゃ変だと思うんですよね。

#以前こちらに書いた記事。なんか埋もれそうなので,再録。
この記事に関連。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

今日は2本記事を書いた>iLandの弁明

ということで,お読みいただければ。
iLandの弁明 11月11日の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れてた

今気づいたんだけど,ここのこと,About iLandに書くの忘れてた。


ど〜でも,い〜い〜ですね。

* すみません,そのうち書いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯科通院中

1か月くらい前から歯医者に通い始めてて。もう2か月近くなるのかな。すまん,曖昧で。

最初は,歯槽膿漏+歯の被せものがとれちゃったってんで通いだしたんだけど。歯槽膿漏だけだったら,気合いで(笑)治すところだったんだけど,被せものがとれちゃあ仕方ない。久しぶりの歯医者がよいとなったわけ。

歯槽膿漏の方はなんとか抜歯せずにすんだんですけどね。被せものがとれたところは「ちょっと黒くなってますね」というので,チューン。これでやっと終わったと思ったら,その後も「こっちがちょっと黒く」チューン。「今度はこっち」チューン。
もうええっちゅうに。
治療はかなり進んでると思うんですが,この次いったらまた「今度はこっちが」っていわれるんでしょうか。不安。

まあ,それはそれでいいんですが。きっちり治してくれい。

それはそれとして。
そこの歯科衛生士(か研修中の歯科医なのかはわかんないけど)が。マスクしてるせいもあるんだけど,ちょっと声が聞き取りにくい。モゴモゴいってる。もう一人の女性の方はハキハキしゃべってるのでマスクのせいだけじゃないよ。
いつもマスクしてたんだけど,この間はじめて素顔を見た。なんかこの人にそっくりだった。
意外と親戚だったりして(。_゜☆\ バキ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/10

新着記事:たいした思惑もないんですけど

たいした思惑もないんですけど

テンプレートを少しいじって,「ツッコミを入れる」をクリックするとForumに飛ぶようにしました。

iLandの弁明の記事にコメントつけてもらってもいまいち話が広がらんなあと。

「ツッコミを入れる」をクリックしたら自動的に関連スレッドに飛んで,スレッドがなければ新しく作ってくれる,見たいになってると便利なのにね。
記事に対するコメントと普通のコメントとをごちゃ混ぜにできるシステムって言うのは今のところ見当たらないなあ。
Wikiを使えばできるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/08

ブログ風:新着記事 実は頭悪いんじゃん?>俺

実は頭悪いんじゃん?>俺

子供の頃から,自分は頭が悪いんだと思っていた。勉強もあまりまじめにやる方ではなかった。今でもそうだ。

という記事を書きました。
ご意見はこちらにでも書き込んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodで読むバイブルがひそかな人気に - CNET Japan

iPodで読むバイブルがひそかな人気に - CNET Japan

日本語でもやってほしいなあ。

でも,漢字読むには小さすぎるんだよなあ>iPodの画面

| | コメント (0) | トラックバック (1)

空栗鼠さんの日記より

子供のインターネット履歴。


パソコンと子供たちの関わりにはいつも悩まされちゃいます。
子供たちは幼稚園のころからパソコンで遊ばせているので、現在小学校中学年の長男は、自分でホームページビルダー使ってホームページを作ったりしてるし、次男もパソコンの入力のおかげでローマ字を早く覚えた。今年から小学校の長女はパソコンの起動、終了とゲームの起動、セーブくらいならばできる。
パソコンを通じて新たな関心ごとを見つけたり、パソコンの仕組みへの興味、プログラミングへの関心と、得ることが多いのですが、先の話みたいに、インターネットという広大な世界で好きなところへ行き来きできちゃう問題もあるんですよね。

うちの場合,ネットの利用は基本的に仕事専用ということになっているので,接続もダイヤルアップオンリー,妻や子供たちが使うことは今のところないです。
インターネットを利用した教育,あるいはネットリテラシーそのものを身につけさせるという意味でも子供にパソコンを触れさせる環境が必要なのかなと思うんですけどね。

でもその前に。
子供の心の動きに気づいてあげられるか。しかも,過敏にはならずに。
ということが問題なんだろうなあ。大問題だよなあ。と思う今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/11/02

それが人間としての素直な思いだろう

「募金に利用しないで」 香田証生さんの家族 | Excite エキサイト : ニュース

 イラク日本人殺害事件で犠牲となった福岡県直方市の香田証生さん(24)の家族は2日、直方市を通じ、事件を政治活動に利用したり、募金活動などを行わないでほしいとの意向を明らかにした。

それが残されたものとしてのごく真っ当な思いだろう。
勝谷誠彦さんの日記で紹介されていたこのページだけど,一昨日覗いたときには香田さん追悼集会のお知らせが掲載されていた。今はなくなっているようだが,集会が終わったから消えているのか,その異常さに気づいた(誰かに指摘された?)からなのか。
#単に集会が終わったからみたい。
#集会に関する記事がありました。→こっち

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/01

イラク日本人人質:香田さん家族がメッセージ

asahi.com : ニュース特集 : 自衛隊イラク派遣 : イラク日本人人質

「一日も早くイラクに平和を」香田さん家族がメッセージ

 家族の願いは届かなかった。イラクで殺害された福岡県出身の香田証生さん(24)の家族は悲しみのなかで、イラクの平和を祈った。

 「支えていただいた多くの方々に、大変なご心労をおかけしましたことを心からおわび申し上げますとともに、お礼と感謝の気持ちでいっぱいです。このようにはなりましたが、イラクの人たちに一日も早く平和が訪れますようお祈りいたしております」


今回,事件が明らかになった当初から,絶望的な空気が漂っていた。メディアの解説も悲観的なものばかりだった。
一番悪いのはテロリストたちであることは間違いないが,無謀なる旅行者の行動もまた非難されてしかるべきであった。
残された家族にとって,悲報の届くその瞬間までの時間こそが生き地獄だったに違いない。その責任の一端は殺された青年にも負わされる。

危険なところに行ったから非難されるのではない。
何の準備もなく,何の覚悟もなく,行ったからだと思う。
勝谷誠彦さんはかの地に赴くとき,遺書を書いていったとか。そういう覚悟の上で行く場所だということを知った上で,行ったんだとしたら,僕のような腰抜けに文句を言われる筋合いのものでもないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »