« 高校サッカー:鹿児島実が9年ぶり2回目の優勝 | トップページ | 思い出のCD 初恋とか、親友とか、 »

2005/01/10

コンクリート関連

トラックバックをもらったので,改めて。
前にこっちの記事で取り上げたことがあったのだ。映画そのものは見てないのがばればれ。主演の女優さんはそういう業界で活躍してる人らしい。(知らない振り,笑)
いや,本気で同名の若手女優がデビューしたんだと思ってた。

ついでに映画コンクリートについてのページを見つけたのでリンク。

超映画批評「コンクリート」

結論として、『コンクリート』はとても中途半端な作品だ。人々をあっと言わせる新たな視点や解釈は全くない。無難な切り口で事件を描く事で、まず見た人々の批判を避け、特殊な性的趣味の人々を意識したようなキャスティング&宣伝方法で売っていこうという色気を、完全にユーザーに見抜かれた痛々しい映画作品だ。

もう一個

 劇場のオーナーと支配人から「ビデオが届いたので、上映していいもんかどうか、一緒に観てほしい。ほかの映画館で断られたらしいから」と頼まれた僕は、昨日試写会があるというので観に行った。

 結論。中村拓監督の『コンクリート』は、最悪の出来だった。
 キャストにはプロも出ているのに、どうしてこの脚本で出演を決めたのか、首をかしげるぐらい、魂の腐った映画だった。

 かなり、カルト映画やアンダーグラウンドのマニアックな映画を観てきたつもりの僕も、完全に拒否したいぐらい演出もセリフもすべての表現が稚拙な暴力映画だった。

 いや、映画としてもアートとしても未熟どころか、お金を払って観るなんてバカだと思われるほどの陳腐極まりないものだった。

 2ちゃんねるその他で上映反対運動が起きているのは知っていたけれど、作品を観ないうちは判断を保留するのが礼儀だから、エンディング・タイトルが終わるまで辛抱強く観たけれど、オープニングにヒップホップがかかったところからイヤな予感はしていた。

 本当は今も語るのもイヤなぐらいなんだけど、ネットでは顔も知らない人が事実と違うところでいい加減な物言いを続けているので、松村監督の作品上映の際は、中村監督の『コンクリート』どれほど魂が腐ってるブツなのかについて詳細を語ろうと思う。

|

« 高校サッカー:鹿児島実が9年ぶり2回目の優勝 | トップページ | 思い出のCD 初恋とか、親友とか、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/2530967

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリート関連:

« 高校サッカー:鹿児島実が9年ぶり2回目の優勝 | トップページ | 思い出のCD 初恋とか、親友とか、 »