« 逮捕前、死刑願望か | トップページ | ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性 »

2005/01/06

国語力全国調査

「国語力」半世紀ぶりに全国調査…敬語使い方など

 独立行政法人「国立国語研究所」(東京都北区、甲斐睦朗所長)が、「日本人の国語力」をテーマにした大規模な全国調査を行う方針を固めた。

 外来語(カタカナ語)の普及や読書量の減少で、国語力の低下が懸念されているためで、今秋までに具体的な調査方法を決め、2006年度からの中期計画(5年間)に盛り込み、来年にも実施する。日本人の国語力についての国民的な調査が行われるのは、1955年以来、半世紀ぶり。

世代間で言葉遣いが違ってしまうのは致し方ないことではあるんだけど,そういう問題ではない,言葉を使いこなす「力」自体が失われているんじゃないか,という印象があるわけ。しかし,これは最近,失われてきたということじゃないような気がしていて。
こちら(もしくはこちら)の記事で言及したように,指導者たるべき人間が案外いい加減な言語感覚だったりする。おそらくは何十年もかけて,日本語力というのは失われてきたんじゃなかろうか。
この調査を通じて,何らかの問題点が明らかになるんだろうとは思うが,それを解決する力が果たして国にあるだろうか。

#むしろ,Webのほうが有用かもしれない,と思ったり。

|

« 逮捕前、死刑願望か | トップページ | ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/2491175

この記事へのトラックバック一覧です: 国語力全国調査:

« 逮捕前、死刑願望か | トップページ | ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性 »