« ソニー、クリエの新機種投入を終了 | トップページ | 記録 »

2005/02/24

ライブドア対フジサンケイグループ

今回の一連の問題について昨日大きな転機がありました。

<ニッポン放送株>フジ、一気に勝負 長期戦に陥る可能性も

 ニッポン放送株をめぐるフジテレビジョンとライブドアの争奪戦で、フジ側が一気に勝負に出た。新株予約権の発行で買収者の持ち株比率を引き下げる“ポイズン・ピル”の日本初の本格的な活用。実現すれば、ニッポン放送は当初構想通りフジの子会社になる。しかし、ライブドア側が発行差し止めなどの法的措置を取るのは必至で、すべてが白紙に戻る可能性もある。フジにとっては、泥沼の長期戦に陥る可能性をはらんだ「賭け」だ。【ニッポン放送株問題取材班】

もともとライブドアの打った手は違法ではないが,素人目には「ずるい」やり方だった。
堀江社長はルール通りにやって何が悪い!と言い募っているわけだけど,それはバブルを作りはじけさせた地上げ屋だの銀行だのの言い分を思い出させる不快ないいようだ。
彼はフジサンケイグループの報道の柱である「正論路線」をつぶそうとしているらしい。
それで得をするのは誰か。
もちろん彼が,そういう勢力にサポートを受けているかどうかはわからないし,多分無関係だろう。しかし結果的に彼らを益する立場に立ってしまっている(あ,これから立とうとしてるのか)。アサリを密輸入したり,産廃を横流ししている人々と同じである。
というようなご意見を読みたいものです
#何言ってる(_--)/☆(+_+)

なんかね。テレビとか新聞とかでちょこちょこニュースを見ていても今イチよく理解できないので,ココログで検索してみました。
ぶっちゃけ(100-1): たまにはお勉強
news_from_japan: 泥仕合のフジテレビVSライブドア

ちょっとはわかりやすくなったかな。(そうでもない?)

|

« ソニー、クリエの新機種投入を終了 | トップページ | 記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/3057424

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア対フジサンケイグループ:

« ソニー、クリエの新機種投入を終了 | トップページ | 記録 »