« めぐみさん、募る家族への思い | トップページ | 連敗しない首位ロッテ »

2005/04/26

JR西日本福知山線事故の件

今日の勝谷誠彦の××な日々。で昨日の福知山線事故の件を取り上げています。
事故の悲惨さはテレビの映像や,新聞の記事で,ドラマティックなまでに詳しく描かれており,素人の僕がコメントできることでもありますまい。
被害に遭われた皆様には心から,お見舞い申し上げます。また,亡くなられた方々,ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。
毎日,寿司詰め状態の電車に揺られながら通勤しているiLandでございます。1年あまり前のダイヤ改正で,区間によってはだいぶ混雑も解消されてきていますが。しかし,時には肋骨をいためたり,ホーム下に転落しそうになったり,ホントに怖いんだ>満員電車。

今回は過密ダイヤの影響や運転士の未熟さなどが原因として取りざたされているようなのですが,適切な事後措置がとられるようにと願うばかりです。

ところで,勝谷さんの日記で,

新潟中越地震の時に私は「こういう時こそ鍛えに鍛えた(笑)記者クラブ精神を発揮しろ」と書き実はそうした趣旨の一文を朝日新聞の論壇に密かに投稿した。もちろんボツになったけど(笑)。プロがボツになった恥を曝してでももう一度言う。大事件事故の被災地取材の代表制をメディアはきちんと構築せよ。地上での被害者への取材も同様である。減らせと言っているのではない。統制しろと言っているのである。もちろん私も時にはメディアの一員である自覚とともに提言する。

無神経きわまりない,家族たちへのインタビュー。JR西日本社長・社員への正義の味方然とした恫喝。毎度繰り返されるこの光景に吐き気さえ覚える。

今回の場合,メディアに囲まれてインタビューに答える人の中には家族の安否が不明の人もいた。生死がはっきりしないときは,どれだけ不安で切ない思いでいるのか,どれだけ胸が張り裂けそうな思いでいるのか。家族の周りに群がり,マイクやテープを差し出す多くの群れは,感動的なエピソードで紙面を埋めようと待ち構えるハイエナのようにさえ思えた。

|

« めぐみさん、募る家族への思い | トップページ | 連敗しない首位ロッテ »

コメント

トラバさせていただきました。

投稿: ヴェルダンディ | 2005/04/27 01:30

ご家族の様子などは、見たくありません。言及しないのが、賢い視聴者かもしれませんね。

急に出番が来てテレビに不慣れな鉄道工学者も案外に難しい立場。

投稿: じじい50 | 2005/04/27 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/3867903

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本福知山線事故の件:

» 今日はバリで・・・^^; [ノルンのひとりごと。]
K君からのメール 件名: 世間を暗闇におとしいれた出来事 今日午前9時18分、兵 [続きを読む]

受信: 2005/04/27 01:25

« めぐみさん、募る家族への思い | トップページ | 連敗しない首位ロッテ »