« “米紙、反日デモで多面報道”? | トップページ | トラックバック »

2005/04/21

一方こんな記事も

こんな記事もありました。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 中国こそ恣意的に歴史を解釈…反日デモで米紙論評.

中国こそ恣意的に歴史を解釈…反日デモで米紙論評  【ワシントン=貞広貴志】中国での反日デモなどで日中両国間の緊張が高まっている問題で、米紙ワシントン・ポストは18日、「中国の身勝手な記憶」と題して、中国が日本に「歴史を直視する」ように求める一方で、自らは権力維持のため恣意(しい)的に歴史を解釈していると指摘する論評を掲載した。

ある意味,銃や爆弾を使わない戦争のような気がしてきた。

「情報」という銃弾をできるだけ効率撃ち続ける,そういう戦いなのかもしれない。

|

« “米紙、反日デモで多面報道”? | トップページ | トラックバック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/3793077

この記事へのトラックバック一覧です: 一方こんな記事も:

» チャイナの欲望 [旅限無(りょげむ)]
■週末が来るまでの中休みで、電波メディアは中国問題に関連する情報量を劇的に減らしています。また、来週の月曜日に消化不良を起こしながら、映像とコメントの「集中豪雨」をしてくれるのでしょうなあ。そんな事を繰り返していると、ますます何が問題なのかがさっぱり分からないまま、イライラが募って中国関連の在日公館に悪戯電話だの悪戯郵便が届いたりするのです。振り返って見れば、日中国交が始まった時に、「中国が好き」と答えた8割の日... [続きを読む]

受信: 2005/04/21 12:29

« “米紙、反日デモで多面報道”? | トップページ | トラックバック »