« 「内政干渉」発言に中国が反発 訪中の武部幹事長と応酬 | トップページ | 文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが? »

2005/05/25

許しがたい、中国副首相ドタキャン問題

リンク: 尊大!!許しがたい、中国副首相ドタキャン問題(夕刊フジ).

 中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談を土壇場でキャンセルしたことで、反日暴力デモで悪化した日中関係が緊迫感を増している。外交上の非礼に一切の謝罪もなく、首相の靖国神社参拝中止を求める中国。評論家の屋山太郎氏は「尊大で傲慢(ごうまん)。許し難い。あんな国とは付き合うべきではない。経済交流もインドにシフトすべきだ」と語った。

 それにしても、中国側の態度はヒドイ。

 23日時点では、ドタキャンの理由を「急用の公務」と語っていたが、翌24日には「歴史問題(=靖国参拝)にある」と開き直り、外務省の孔泉報道局長は同日の記者会見で、「中国での抗日戦争が持つ意味を知っているのか8年の戦争で死傷者3500万人…」などと、まくし立てたのだ。

 屋山氏は「東京裁判では中国の死傷者600万人だったのに…」とあきれ、「背景には中国政権内部の権力闘争がある」といい、こう解説する。

 「胡錦涛は今年3月、中央軍事委主席に就任したが、これは江沢民から奪い取ったもの。いまだ権力基盤は脆弱(ぜいじゃく)で、軍と江沢民一派が組んで反日暴力デモなどで揺さぶりをかけている。(呉副首相のドタキャンも)日本に強硬な姿勢を示す必要があった、ということだろう」

 ただ、これほどの非礼を受けたことについては、「日本がナメられている証拠。中国は米国やロシアにこんな態度は取らない。今まで毅然(きぜん)とした姿勢を取ってこなかった政治家や外務省の責任は重い」と指摘する。

 そのうえで、「日本と中国では文化が違う。中国は共産党独裁、法治主義じゃなく人治主義で契約も成り立たない。『政冷経熱』というが、本当にもうかっている企業があるのか。ご近所だからあいさつ程度はしてもいいが、密な付き合いはやめた方がいい」と直言。

 「政治家がご機嫌伺いに中国に行くことはない。日本人は過去を水に流すが、中国人はいつまでも恨み続ける。13億人市場があるといっても、うまくいくはずかない。親日感情が高く10億人市場があるインドにシフトすべき。日本政府内にもそういう意見がある」と語っている。


僕の思うに,反日デモの破壊行為について中国政府の謝罪や補償など求める必要はない。靖国参拝や教科書問題についての内政干渉をやめるよう要請する必要もない。
ただこの事実を日本国民と世界に対して見せつけ,中国がどういう国なのかを知らしめるだけで十分なんじゃないかと思う。

|

« 「内政干渉」発言に中国が反発 訪中の武部幹事長と応酬 | トップページ | 文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/4279003

この記事へのトラックバック一覧です: 許しがたい、中国副首相ドタキャン問題:

» 目立たない記事>目立つ記事の裏には隠された策動がある [溶解する日本@WebryBlog]
「未来をひらく歴史」発刊 日中韓の共同教材 【ソウル26日共同】日本、韓国、中国の学者や市民団体などで構成する「日中韓3国共同歴史編さん委員会」は26日、ソウル市内で記者会見し、3カ国の共通の歴史認識を土台にした近現代の歴史教材「未来をひらく歴史」を発刊したと発表した。 日中韓の歴史学者や市民運動代表らが2002年3月に南京で、3カ国の中学生らが共通で使える近現代史の教材を作ろうと合意、約3年間かけて作成した。韓国語版に続いて日本語版、中国語版も出版される。 編集に参加した徐仲錫成均館大教...... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 21:43

» なるほろ>ならこっちは中国語で江青と四人組をやろうぜ! [溶解する日本@WebryBlog]
中国:有力紙・中国青年報が「靖国神社のA級戦犯」連載中国:有力紙・中国青年報が「靖国神社のA級戦犯」連載  【北京・飯田和郎】中国有力紙「中国青年報」は25日、「靖国神社のA級戦犯」と題する連載を開始し、初回に「第二次大戦中のヒトラー、ムソリーニと並ぶ『三大ファシズムのリーダーの一人』」の表現で東条英機元首相を取り上げた。同紙は共産党の下部組織で、胡錦濤国家主席の出身母体・中国共産主義青年団の機関紙。A級戦犯14人を順次紹介する。... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 21:47

» ここに極まったカルト公明の売国>総理のの靖國参拝自粛要求 [溶解する日本@WebryBlog]
公明、首相に靖国参拝自粛を要求 日中関係の改善促す 公明党は25日、中国の呉儀(ウー・イー)副首相の突然の帰国などで悪化した日中関係の改善に向け、小泉首相に靖国神社参拝の自粛を党として求めることを決めた。これまで神崎代表らが記者会見などで参拝中止を求める発言は繰り返していたが、首相に前向きな反応がみられないため、首相側に働きかけを強める必要があると判断した。  首相は参拝の自粛に応じる姿勢は示していないが、国連安保理常任理事国入りなど外交面での手詰まり感が強まるなか、連立与党の...... [続きを読む]

受信: 2005/05/26 21:48

» 漢の倭の愚の小泉が中共に与えた「永劫免罪符」>ガス田問題の場合 [溶解する日本@WebryBlog]
東シナ海ガス田開発:中川経産相が中国の姿勢を強く批難  中川昭一経済産業相は27日の閣議後会見で、中国が東シナ海でガス田開発を続けている問題について「一方で話し合いをしましょうと言いながら開発を続けているのは、右手で握手しながら左手で殴るようなこと。承服できない」と中国の姿勢を強く非難した。 中川経産相は、2、3日前に政府が現地を飛行機で調査し、報告を受けたことを明らかにした上で、「けしからんこと。中止どころかやぐらが建って、天外天や春暁の...... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 14:50

« 「内政干渉」発言に中国が反発 訪中の武部幹事長と応酬 | トップページ | 文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが? »