« 日本—北朝鮮戦は、第3国・無観客で開催 | トップページ | 人権擁護法案のこと 改めて »

2005/05/02

車内にゲシユタポ潜入?

人命を預かる仕事なわけだし,「厳しい」チェックを行なうのは必要なことなんですよ。いくら厳しくしても厳しすぎることはないと思います。
問題はそれに対する対応がどうかということ。ミス発見した場合に,例の「日勤教育」しか行なわないんだとしたら,何も対処してないのと同じなんだということを会社側は理解しているべきだ。
何か対策を行なうからには,その結果,どの程度ミスを減らすことができるのか,常にモニターし,フィードバックしてないとだめだろう。
...ということをマスコミの皆さんには指摘してほしいんだけどね。

リンク: 車内にゲシユタポ潜入…ミス発見なら激しく糾弾.

 JR西日本が運転士の技量や服務態度を点検するため、私服姿のベテラン運転士を乗客に紛らせて抜き打ちチェックを日常的に行っていたことが2日、分かった。被験者に悟られないよう、チェック役に遠方のベテラン運転士を指名するなど、“秘密警察”のゲシュタポさながらの手法で、指差し点検の有無など多数の項目を確認。問題があった場合、後日、「日勤教育」などの厳しい指導があったという。

|

« 日本—北朝鮮戦は、第3国・無観客で開催 | トップページ | 人権擁護法案のこと 改めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/3950839

この記事へのトラックバック一覧です: 車内にゲシユタポ潜入?:

« 日本—北朝鮮戦は、第3国・無観客で開催 | トップページ | 人権擁護法案のこと 改めて »