« 曖昧な謝罪 | トップページ | さすが天下の朝日新聞(笑) »

2005/05/10

所要時間と本数見直しへ JR西が再発防止策

列車の本数自体が多いのかどうかは,報道だけ見ていてもわからない。僕が利用している私鉄では2〜3分の間隔で準急が来ることもあるけど,去年のダイヤ改正以来,前の電車がつかえて後続車がホームにはいれない,なんてことは少なくなったような気がする。
でも,制限速度を引き上げなければならないほど(100kmを120kmにしたんだっけ?),設定所要時間を短く設定してしまうというのは,誰もおかしいと思わなかったんだろうか。

この事件について,よく目にするのは「営利第一主義のJR西日本」というセリフ。社内報かなんかに今年の目標とかいって掲げた第一が「稼ぐ」だったそうで。
しかし,民間企業である以上,営利を第一に掲げるのはある意味当然ともいえる。しかし,営利を追求した結果,今回のような事故を起こしてしまえば,計り知れないダメージを受けることになるということを想定して,営業しなければならないわけで。

ダイヤを作成した段階で,どんな危険が待ち受けているか,ひとたび事故が起きれば,どれだけの被害が起こりうるか。そういうことを織り込み済みのこととして検討した結果,「稼ぐ」を第一目標に掲げていたのなら,何ら問題はないと思う。さっさと被害者への対応を進めろ。そういうことを何も考えていなかったのなら,「稼ぐ」とか言うな。

リンク: 所要時間と本数見直しへ JR西が再発防止策.

 JR西日本は10日、尼崎JR脱線事故の再発を防ぐため、事故が起きた福知山線のほか東海道・山陽、阪和、関西、湖西各線でも列車ダイヤを見直す方針を明らかにした。
 過密ダイヤが事故の背景にあるとの指摘を受け、運転時間に余裕を持たせたり、列車の本数を減らしたりして対応する。
 JR西は競合する阪急電鉄や阪神電気鉄道などの大手私鉄より「速い、本数が多い」を売り物にしてきたが、事故を契機に軌道修正する。

こちらの記事も参照してください。(2005-05-11)
JR西日本、大損失すでに8億円…復旧に30億(夕刊フジ)

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故の影響で不通が続く宝塚−尼崎駅間の振り替え輸送運賃は、1日約2000万円に及ぶことが11日、分かった。運休に伴うJR西日本の減収は1日約3000万円とされており、すでに計約8億円の損失があったとみられる。平成16年度決算は過去最高の589億円の利益を計上したが、莫大(ばくだい)な遺族補償などに伴い、大幅な経営計画の見直しは必至だ。

|

« 曖昧な謝罪 | トップページ | さすが天下の朝日新聞(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/4069222

この記事へのトラックバック一覧です: 所要時間と本数見直しへ JR西が再発防止策:

» <F4> [今日の注目商品: <F4>]
佐伯祐三「街」F4号■ 価格: 24150 円 (税込)所蔵:分市立美術館サイズ(額外寸法):250x340号数:F4号商品は「額縁込み」です。また、額縁の変更も承ります。詳しくはお問い合わせください。田崎広助「桜島」F4号■ 価格: 24150 円 (税込)所蔵:分市立美術館サイズ(額外寸... [続きを読む]

受信: 2005/05/11 18:14

» 株急騰…JR西事故で操業止め救済の会社 [ココログ版 iLandの弁明]
もちろん,この会社の社長さんや社員たちはいい人たちだから,そういう行動をとったん [続きを読む]

受信: 2005/05/19 16:47

« 曖昧な謝罪 | トップページ | さすが天下の朝日新聞(笑) »