« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/18

俊輔の気持ち――夕刊紙の読み方

リンク: 木偶の妄言.

ただし、地の文が夕刊フジのこの記事のようなものであるわけではない。多くは取材の積み重ねによって書けるものであったり、オフレコのために地の文にせざるを得なかったものであるのだ。重要なのは、地の文がどちらに属するのか、という判断力=「読みとる力」だ。

情報過多の時代、僕らは「読みとる力」を磨かねばならない。センセーショナルな見出しが立つものであればあるほど、その「読みとる力」を発揮せねばならない。


簡単なことじゃないけどね。
こちらの記事のコメントに「書く側も妙な誤解を招かないような対応も必要」という意見がありましたが,それが「誤解」を意図的に招いていると思われる場合もあるので,簡単じゃないのですよね。

上の記事の場合で言えば,ヒデたたきじゃ面白くないから俊輔たたきに変更!みたいな。

政治家が「従軍慰安婦という言葉が消えたのはよかった」と言えばたたき,入試問題に「元ひめゆりの話が退屈」と出題されればたたき。で,そのたたく根拠をちゃんと示さないまま,バッシングを続けようとする。

実際僕自身のこのブログでの姿勢としては「書く側ちゃんとしろ」なんだけど,ちゃんとしてくれるまでは読む側がちゃんとしてなきゃなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

家電メーカー 大型投資が「国内回帰」

リンク: 家電メーカー 大型投資が「国内回帰」 先端技術の海外流出防止.

 家電各社が相次いで国内で大型投資を計画している。一時はコストが安い海外での生産を拡大していたが、韓国や台湾などアジアメーカーの追い上げが急速に進んでいる。このため、各社は先端技術の海外流出を防ぐことで競争力を維持し、収益の拡大を狙う戦略に転換している。デジタル家電や半導体などの先端分野では、世界市場を舞台にした競争の加速は必至であり、今後も家電各社の「国内回帰」の動きが強まりそうだ。(大柳聡庸)


以前,携帯電話製造用の金型技術の流出が話題になったことがあると思うけど,その後どうなったんだろう。
携帯電話の金型を大田区辺りの工場で設計させておいて,出来上がったものを中国にもっていってしまうんだと。町工場の方は設計段階の一番コストのかかる部分だけを背負わされ,儲けに繋がるはずの製品の方は全部他所,しかも外国にもっていかれる。もっと重要なのは金型というのがその工場の技術を集約して作っているものなので,結果的に技術流出に繋がる。今はその金型並の製品など自力で作れなかったとしても,いずれその技術に追いついてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正直すぎるのも考えもの,続

確かにひどい駆け込み乗車する人もいる。駆け込みっていうか,明らかに閉まってるドアに腕や足を押し込んでとか,駆け込めてないやろっていう。
でも一方で,駆け込み乗車じゃなくても奥の人から押し出されてカバンやなんかをドアにはさまれたりってことはしょっちゅうある。カバンとかなら別にいいけど,手や足をはさまれたりすると本気でドキドキする。

そういう場合,駅員さんは明らかにこっちを「乗れないのに無理矢理乗った馬鹿な乗客」みたいな調子で怒鳴りつけてくるわけで。怒鳴りはしないけど,明らかに声の調子が不機嫌そうなんだよ。こっちは最初から乗ってたっつうの。奥から降りようとしている人がいるから道をあけてあげただけなんだって。怖い顔で見るなって。

自己責任とか言ってんじゃないよ。

リンク: ○?×?…ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送.

 JR中央線国分寺駅で今月4日、東京行き快速電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性客に対し、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスした。

 これを聞いた別の乗客がJR東日本に抗議、同社は「言葉に配慮がなかった」と非を認め、車掌を指導した。だが駆け込み乗車は実際に事故につながる危険な行為。発車が遅れると運転士は、JR福知山線事故でもクローズアップされた「回復運転」を強いられることにもなる。識者は「利用者の側も、駆け込み乗車の危険性と、多くの人が迷惑を被ることを認識するべきだ」と指摘している。

 JR東日本によるとアナウンスをしたのは男性車掌(48)。同社は「あまりにひどい駆け込み乗車だったので、感情的になったようだ」と話す。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/15

ブログのあり方

適当に書くことを旨としております,ココログ版
ブログってのは質より量の世界だと思っていて,まあ,そのわりにはここの記事はあんまり多くないですけど,それは僕の文章作成能力が低いから。

わけわかんなくても,とにかくある話題,注目されるべき話題,がネットに流れるという事自体に意義があるんじゃないかと。
もちろん,その結果,玉石混淆となり,場合によっては石石混淆になっちゃったり。
溶解する日本さんでは,クライン孝子さんの日記のことを批判したりしてるわけだけど,そしてその批判は非常に的を射た批判だと思うんだけど,人間というか,大衆というものが本来愚かなものだとするならば,とりあえず,ああいう名前(だけですか)が知れている人がとにかく情報を流す(垂れ流す?)だけでも価値があるんじゃないかと。

ちなみにこのページは記事を垂れ流して結果,統一教会のイメージアップに繋がればと思って書いております。
#無理ですか>イメージアップ

リンク: 天皇機関説事件と昨今のネット世論.

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/06/14

中山発言>売国マスコミの印象操作

最近まで,頻繁にトラックバックをいただいてたんですが,このところいただけなくなってまして(笑)>溶解する日本

昨日少し書いた中山文科相発言についてよくまとめてあったので,リンクさせていただきます。

リンク: 中山発言>売国マスコミの印象操作に騙されちゃダメ!! 溶解する日本/ウェブリブログ.

 こうして読み比べてみると日刊紙も社によって扱い方が随分違います。
毎日は「釈明」としていますが、内容はけっして「釈明」などではなくて確認ですね。
極めて意図的は術語方法ですよ。
 慰安婦に関しては参考資料を読んでもらえばよく解ると思いますが、日本人が捏造して韓国に売り込みに行ったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

マスコミの入試問題バッシング

かの斎藤孝さんの最近の著書で「『頭がいい』とは、文脈力である。」というのがありますが,この話題も結局,文脈を無視して報道してしまう,頭の悪いメディアの責任のように思いますね。

リンク: マスコミの入試問題バッシング.

ひめゆり学徒の体験談を「退屈」と断じたというどっかの学校の入試問題が批判の的になっている。で、現物がどんなものか気になったところ、下記のような翻訳があった。
http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200506100000/
ざっと読んだ限りでは、戦争のような極限的な体験を言葉だけで伝えることには限界があるという趣旨で、問題の「退屈だ」という感想は、そうした文脈の中でわずかにでてくるだけである。
(続きはリンク先で)


で,この件について学校側はマタ謝罪しちゃうんである。
リンク: 「心を傷つけた」 青学高がHPでおわび ひめゆり「退屈」問題.

 青山学院高等部の入試試験の英語問題で元ひめゆり学徒の証言を「退屈」と記述した問題で、同高等部はホームページ上に10日付で大村修文部長名で「お詫び」を発表した。
 それによると、「一般入試英語試験問題におきまして、大変不適切な表現があり、元ひめゆり学徒の方々はもとより、沖縄の方々のお気持ち、また全国の皆様のお心を傷つける部分がありましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。


責任を取るというのは,安易に謝ることではない。試験問題はこの教師が勝手に出題したわけではなく,当然学校自体で検討した上で出題したのだろう。なのに,このような安易な謝罪をするということは元ひめゆり学徒のおばあさんたちのことも,生徒たちのこともバカにしていると思う。

文科相発言の件についても投稿したかったが,時間がなくなったので省略する。これも,「従軍慰安婦という言葉はなかった」を「従軍慰安婦はなかった」と(わざと?)読み違えたことによる,馬鹿げた“問題”だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メモがわりに:A級戦犯

「A級戦犯」という用語について,混乱しがちなので,メモとして以下の記述を残しておきます。
人道的罪という意味ではB級,C級の戦犯の方が(現在の我々からみて)罪が重いように見える場合も多い。ようです。
よく,A級戦犯の合祀をもって首相の靖国参拝に反対する議論を耳にしますが,多分誤解に基づいた議論と思われます。

リンク: A級戦犯- Wikipedia.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
A級戦犯(えいきゅうせんぱん)とは、極東国際軍事裁判所条例の第五条の(イ)に定義された「平和ニ対スル罪 即チ、宣戦ヲ布告セル又ハ布告セザル侵略戦争、若ハ国際法、条約、協定又ハ誓約ニ違反セル戦争ノ計画、準備、開始、又ハ遂行、若ハ右諸行為ノ何レカヲ達成スル為メノ共通ノ計画又ハ共同謀議ヘノ参加。」を犯したとして、極東国際軍事裁判によって有罪判決を受け、戦争犯罪人とされた人々を指す。
なお、A級のAとは、同条例の英文 Charter of the International Military Tribunal for the Far East において同条(イ)が (a) となる事に由来する単なる分類であり、しばしば誤解されるように罪の軽重を指しているわけではない。太平洋戦争において軍事作戦や国家政策の指導的役割を果たした人物を裁くために、罪状を作って裁いた際のあくまでも分類上のものである。
また、同じような法理により行われた裁判であっても、ニュルンベルク裁判において、日本における重大戦争犯罪人いわゆるA級戦犯に該当する被告は、主要戦争犯罪人(major war criminals, Hauptkriegsverbrecher) と言われ、日本では重大戦争犯罪人であるA級戦犯とは専ら「平和に対する罪」を問われた者であるのに対して、ドイツでは主要戦争犯罪人とは専ら「人道に対する罪」を問われた者であり、ドイツにおいてニュルンベルク裁判の被告をA級戦犯と呼称する習慣はない。


「A級戦犯」という用語を用いて議論する場合にはとりあえず,このページに目を通しておくべきでしょう。
僕もそのうち読もうと思います。
#まだ読んでないんかい(_--)/☆(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

正直なのも考えもの

出題者の英語教師は確かにそういうことを感じたわけですね。
ブログで自分の思ったことを正直に書いてしまった女医さんもいました。
思ったことを何の飾りもなく,ぶちまけてしまうのが昨今のトレンドかとも思いますが,少しは配慮しろよって。

リンク: ひめゆりの証言「退屈」 青山学院の入試英語問題.

 青山学院高等部(東京)が2月に実施した一般入試の英語の長文問題として、太平洋戦争末期の沖縄戦に動員された元ひめゆり学徒による戦争体験の証言が「退屈で飽きてしまった」とする文章を出題していたことが9日、分かった。
 同高等部は「元ひめゆり学徒の方々に配慮に欠けた表現をし、深く反省している」と話している。近く元ひめゆり学徒の団体などに謝罪するとともに、生徒、保護者にも経緯を説明する方針。
 同高等部によると、この問題は高等部の男性英語教師が自身の体験に基づいて作成。東京の高校生が沖縄を修学旅行で訪れ、防空壕(ごう)や、ひめゆり学徒の記念公園を訪問。元学徒の証言が退屈だったとし、なぜそう感じたのかとの設問もあった。
 学校側は「戦後60年を迎え、戦争の体験者が次第に減る中、かつての戦場を訪れて雰囲気を体感するだけでも戦争体験を引き継いでいけるのではないかと訴えたかった」と説明している。一般入試は1057人が受験した。


| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005/06/09

おめでとう,日本!W杯一番乗り

昨日は,試合が決まってたらどうしようといらぬ心配をしつつ,9時ころ家に着きまして。
そしたら,それにあわせるように(笑)柳沢のゴールが決まったのでした。

何だ,まだ点はいってないのかよお,などと思いつつ,着替えて,テレビの前に座って戦況を見つめていたら,あ!と思った瞬間,北朝鮮の選手の足下に柳沢が駆け込み,ボールはするするとゴールに吸い込まれていったのでした。
もちろん,統一教会食口としてはチョソンマンセーなので,1対1くらいのドローを期待してはいたのですが(嘘)
でも,引き分けならバーレーンがイランに負けたから,8月の最終戦が緊張感のあるものになってたでしょうけどね。まあ,興味ないですけど>北朝鮮の試合結果
#いってることが違ってるし。

リンク: 日本、W杯一番乗り 北に2−0 3大会連続.

 【バンコク=榊輝朗】サッカー二〇〇六年ドイツW杯アジア最終予選B組の日本は八日、バンコクのスパチャラサイ国立競技場で無観客試合の中、北朝鮮と対戦、2−0で快勝し、三大会連続三度目のW杯出場を決めた。日本は4勝1敗で勝ち点を12に伸ばしB組2位以内が確定、一九九八年フランス大会、〇二年日韓大会に続くW杯切符を手にした。出場三十二チーム中、開催国ドイツを除き世界各地での予選突破第一号となった。


フランス大会のときは一番最後の切符だった,という報道をみた気がしますが,一番最後は日本に負けたイランがオーストラリア(だったっけ?)とのプレーオフを制して決めたんですよね,確か。

まあ,いずれにせよ。
今度は世界が相手な訳で。2002年のときは地元の利があったけど,果たしてこれからの一年間でどれだけジーコジャパンが成長しているんだろう。そしてどれだけ通用するんだろう。楽しみのような,怖いような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

これも笑えないよお

こういうのは今になって起きてきた自体ではなく,何年もかかって,あるいは何十年もかかって徐々に進行してきたことなんだろうと推測する。
よく新聞などで目にする「ぶ然とした表情」という表現。
「ぶ然(憮然)」という言葉は「がっかりした様子」を示す表現なんだそうで。
でも,新聞なんかで「○○監督はぶ然とした表情で語った」とキャプションのついた写真をみると「がっかりした」というよりは,ぶ〜〜っとむくれて怒った表情をしていることが多い。
以前は「ぶ然とした」という言葉でぶ〜〜っとむくれた表情を表わすのはスポーツ新聞に決まっていたんだけど,だんだん一般紙のスポーツ欄,そして社会面にも最近は登場してきてるような気がする。
(気のせいですか?)
大学生の学力が低下してるってことはそれを教える教師の程度も低くなってるからなんじゃないのか。そして,それは社会全体の程度が低くなってるからなんじゃないのか。

リンク: <日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」.

 大学生の語彙(ごい)力が低下していることが、大学、短大の中堅校を対象にした調査で分かった。独立行政法人メディア教育開発センター(千葉市)が実施し、私立大1年生の19%、短大1年生の35%が「中学生レベル」と判定された。補習や授業で「日本語技法」「日本語コミュニケーション演習」などを開講する大学が増えているが、調査はこうした大学側の不安を裏付けた。
 同センターの小野博教授らは02年、中・高校生約20万人に予備調査を実施。この結果に基づいて、日本語力を「中1」から「高3以上」までの6レベルに分けた。
 一方、「読む・書く・話す」といういわゆる「日本語力」は、語彙の豊富さから類推できるため、今回の調査用に75の言葉の意味を選択肢から選ぶマークシート方式の「日本語力判定テスト」を作成。19大学、6短大と国立高等専門学校の計26校の昨春の新入生7052人に、このテストを受けてもらい、予備調査結果と照らし合わせてレベルを判定した。
 その結果、「鶴の一声」「露骨に」などの意味が分からない「中3レベル」以下の学生の割合は、国立大(3校)で6%、私立大(16校)で19%に上った。短大では35%と、3人に1人が中学生レベルだった。国立高専は4%にとどまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑い事じゃありません

うぷぷ。
ええと。不自然ですよね。よくないですよね。

リンク: 同性ペアが相次ぐ 北海道登別市の水族館.

 ペンギンパレードが人気を集めている北海道登別市の水族館「登別マリンパークニクス」で、キングペンギンが同性同士で相次いでペアを作り、飼育員を悩ませている。同性ペアを引き離し、雌雄間でのカップリングを試みているが、専門家は「飼育下で性別が偏ったことが原因ではないか」とみている。
 同館のキングペンギンは98年の飼育開始以来、雄の数が雌を上回る状態が続いており、現在は雄8羽、雌3羽、性別不明1羽の計12羽を飼育している。03年に初めて雄同士が交尾をした形跡が見つかり、昨年は雌2羽がいつもペアで行動するようになった。今年は雄同士のペアがさらに1組誕生し、計3組が同性ペアとなった。


自然界において同性のペアリングが生じれば,子孫を残せないという形で「罰」を受けることになる。
同性愛という「罪」に対して改めてどんな「罰」を与えるか,考えるまでもない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

渡辺氏球界復帰 10カ月でみそぎ 巨人軍会長職、改革再び音頭取り

一体なぜ辞任したのか。
騒ぎを収める為に「責任を取って」辞任。
ほとぼりが冷めた頃にこっそり復帰。
日本の大手企業においてよく見かける光景ではある。

でも,今回はほとぼり冷めてないし。
巨人が最下位あんど視聴率最低(だよね)のどさくさにまぎれて,まるで救世主然として再登場なわけですが,そんなんで世の中通ると思っとんのか!
という声を上げるべきだと思うんだよ。→読売新聞

リンク: 渡辺氏球界復帰 10カ月でみそぎ 巨人軍会長職、改革再び音頭取り.

 読売新聞グループ本社の決算取締役会が七日開かれ、渡辺恒雄会長(79)がプロ野球巨人軍の代表取締役会長に就任することが内定した。二十三日に開かれる株主総会で正式決定する。渡辺氏は昨年八月、明大の一場靖弘投手(現楽天)をめぐる不正スカウト問題で球団のオーナー職を引責辞任したが、約十カ月で球界に復帰することになった。球団の経営体制を強化し、開幕から低迷が続いている巨人の立て直しを図ることが最大の狙い。
 渡辺氏は昨年の球界再編問題で、西武の堤義明オーナー(当時)とともに一リーグ制移行を目指すなど、球界内で強烈な発言力を持っており、巨人だけでなく、球界全体に大きな影響を与えそうだ。


僕自身は巨人ファンなわけだけど,ロッテファンでもある。
だから昨日みたいなロッテ戦で上原を投げさすのはやめてほしいんだよね。今の巨人じゃロッテの投手陣から得点挙げるの難しそうじゃない。5月の東京ドーム(じゃなくて長野でした)のときも上原負けちゃったしね。この2敗がなければ上原3敗ですんでたかも知れないのに。(現在4勝5敗)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/07

年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」

この間のNHK受信料もそうだけど,払わない人の方が結果的に得してしまう状況というのが,現在の年金問題の大きな部分を占めているような気がする。
だって,25年間保険料をおさめないと年金1円ももらえないわけでしょ?
そしたら,25年間に満たない人は保険料払う必要ないわけじゃない。
でも,そういう人も全員払ったら,という前提で年金システムって考えられてるわけで,そういう意味で最初から破綻するようになってんのかなと。

リンク: 年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」.

 国民年金保険料の未納者に対する強制徴収を進めるため、社会保険庁が市町村に被保険者の所得情報提供を申し入れたのに対し、4月15日現在で全国の70市町村が個人情報保護条例との関係で「提供不可能」と回答していることが6日、同庁が全国社会保険事務局長会議で示した資料で明らかになった。

 被保険者の所得情報提供申し入れは、昨年成立した年金改革関連法で可能となっている。社保庁は提供は問題ないとする政府の見解を説明し、不可能としている自治体の理解を得たいとしている。

うがち過ぎかも知れないけど,保険料の徴収を市町村から社会保険庁にかえてしまったことに対する仕返しのつもりだとしたら,情けない話だ。

 国民年金保険料の徴収は2002年度から市町村から社保庁に移管された。社保庁が被保険者の所得情報を得られず、強制徴収できないことが、移管前は7割台の納付率が、63・6%(2004年度)まで低下した要因と指摘されていた。

 このため、年金改革関連法で、国民年金法の被保険者の調査についての条文に、「収入の状況に関する書類の提出」を市町村を通じて未納者に命じることができることを明記した。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アップル、iTMSの国内開始報道に対して「取材を受けた事実ない」

日経新聞でiTMSが8月からサービス開始すると報じたらしいです。
それに対して,アップル始め,関係各社は合意にはいたってないとコメントしている模様。
前にも書いた通り,早くしてほしいです。

リンク: アップル、iTMSの国内開始報道に対して「取材を受けた事実ない」.

 アップルコンピュータは7日、「8月からiTunes Music Store(iTMS)を日本で提供」と日本経済新聞社が報じた件について「取材を受けた事実はない」と述べた。

 日経新聞は7日付朝刊で「アップルが8月上旬に日本国内でiTMSを提供する。エイベックス・グループ・ホールディングスや東芝EMIなど主要な国内レコード会社がiTMSサービスに楽曲を提供することで合意した」と報じた。一方で、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)とアップルは「合意に至っていない」としている。国内版iTMSのダウンロード料金は1曲につき約150円と予想した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表

昨日の噂ですが,正式発表ですって。
まあ,MacがMacである限り,ユーザはついていくんだと思いますけどね。
#問題はデベロッパーがついていくかどうか。

リンク: Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表.

 Wall Street Journalの第一報どおり、Apple Computerは6月6日、Worldwide Developer's Conference(WWDC)基調講演で、プロセッサをIntelベースに切り替えると発表した。移行は2006年からスタートし、2007年末までにすべてのMacintosh製品をIntelベースにするという。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「われわれの目標は、世界最高のパーソナルコンピュータを顧客に提供するというもので、将来を展望すると、Intelが最強のプロセッサロードマップを持っていることが分かった。PowerPCへの移行から10年が経過した。Intelの技術の助けを得て、次の10年間、最高のパーソナルコンピュータを作っていくことができると考えている」と述べた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

中国のプロサッカー、観客1千人と警官隊衝突

だって,“愛国無罪”って言うから...(違)

リンク: 中国のプロサッカー、観客1千人と警官隊衝突(読売新聞).

【香港=関泰晴】6日付の香港紙「太陽報」は、中国河南省新郷市で4日に開かれたプロサッカーの試合終了後、審判の判定を不服とする観客1000人以上が警官隊と衝突したと報じた。

 ペットボトルを投げ付けた観客2人に対して警官隊が頭を殴るなどの暴行を加え、負傷させたことが発端となったという。多数の観客は警官隊の対応に怒り、イスを投げつけるなどした。公安当局の幹部が現場で謝罪して騒ぎは収拾したらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macにインテル製プロセッサを採用へ

過去に何度も噂されてはアップルが否定するということを繰り返されてきた方針。
ホントかどうか,まだわかりませんし,ましてやこの方針がアップルとMacユーザーにとって福音となるかは全く予想もつきません。
意外とIBMにとっての福音となったり?
とりあえず,今回はものすごくホントっぽいけど...?

リンク: アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ - CNET Japan.

CNET News.comが入手した情報によると、Apple Computerは米国時間6日に、IBMとの提携関係を解消し、代わりにIntel製プロセッサを同社のコンピュータに採用することを発表する。
 Appleは1994年以来IBMのPowerPCプロセッサを採用してきたが、今後は徐々にIntelチップへの移行を進めることになると、同社の状況に詳しい複数の情報筋が述べている。これらの情報筋によると、Appleはまず2006年なかばに、Mac miniなどローエンドのコンピュータでIntelプロセッサへの切り替えを行い、Power Macなどハイエンドのモデルも2007年なかばには移行する予定だという。


#トラックバックいただいたブログの記事中では「IBMのほうがAppleを見限った」説を主張する記事も引用されてました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/04

七管に激励メールや電話8百件(共同通信)

akiさんからのメールも入ってんだね(笑)

リンク: 七管に激励メールや電話8百件(共同通信).

 長崎県・対馬沖で起きた韓国漁船逃走事件で、第七管区海上保安本部(北九州市)や対馬海上保安部に、激励などの電子メールや電話が、800件以上寄せられていることが4日、分かった。日本政府の対応への不満も一部含まれているという。事件が報道された1日夕から「引き下がるな」「頑張れ」など海保を激励するメールや電話が入り始めた。事件に幕引きが図られた2日夕以降はさらに増えた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人身売買

軍が強制的に慰安婦狩りなどを行った事実はない。それは多分本当のことだと思う。
しかし,現代の日本においてもリンク先のようなことが指摘されている。60年以上前において,同様のことが起きていなかったはずがない。
もちろんそれは戦時中のことであり,また公娼制度が存在していた時代に,当然のこととまでは言わなくても仕方のないことではあったんだろう。
従軍慰安婦だの強制連行だのを拉致問題と関連付けて論じる言説を見るにつけ,その一方的な論理展開に歯噛みしながら,なんとかちゃんとした議論に持ち込めんのだろうか。と思うのです。

リンク: 人身売買撲滅を…米国務省、日本に一層の取り組み要求(読売新聞).

 【ワシントン=菱沼隆雄】米国務省は3日、世界の人身売買に関する実態をまとめた2005年版の年次報告書を発表した。報告書は「第1」「第2」「第2監視リスト」「第3」の4段階に分類しており、昨年、下から2番目の「第2監視リスト」と位置づけられた日本は、フィリピン人への興行ビザ発給の厳格化や罰則強化などの行動計画が評価され、「第2」となった。
 ただ、報告書は「人身売買の撲滅に向けた最低限の基準を満たしているとは言えない」とも指摘し、一層の取り組みを求めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪しき前例

リンク: 韓国漁船船長を釈放、42時間ぶり収拾(読売新聞).

 長崎県・対馬(対馬市)沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、対馬海上保安部の立ち入り検査を受けた韓国のアナゴ漁船「シンプン号」が海上保安官2人を乗せて逃走した事件で、対馬海保は2日、漁船の船長(36)が漁業法違反(立ち入り検査忌避)容疑を認める書類と、50万円の担保金を支払う保証書を提出したことから、同日午後5時半ごろ船長を釈放し、漁船を韓国側に引き渡した。
(中略)
 7管の檜垣幸策・警備救難部企画調整官は「日本の司法権に基づいて捜査が行われ、主権は守られた」と強調したうえで、「身柄の引き渡しを巡って紛糾するなど、多くの課題を残した。必ずしも前例とはしたくない結果であり、今後、韓国側と協議したい」と述べた。


う〜ん。前例ならあるような。
日本国内で起きた拉致事件について,どこかの国はこちらにろくな操作もさせぬ前に「適切に処理」しちゃったのである。
総理も,このことを報道するメディアも将軍様が自分の(ではなく,部下の一部のだったが)罪(じゃなくて不手際?笑)を認めたという点ばかり強調して,なぜ,相手に噛み付かなかったのか,そういうツッコミというのは目にしなかったような気がする。自分たちが(じゃなくて部下が)悪かったといって謝ったからよしとするんじゃなくて,なんで処分する前に我々に犯人を引き渡せよといわないか。首脳会談の場でいわなければあという機会なかったろうに。

実際のところ,そこでそんなツッコミをしたら,5人の拉致被害者の帰国すら危うくなっていたのかも知れないけれども,逆にいえば,あの5人(とその家族)の帰国以上の譲歩を引き出せなくしてしまったのが,あの会談だったんじゃないかという気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/03

<アムネスティ>代用監獄制度などに懸念表明

リンク: <アムネスティ>代用監獄制度などに懸念表明.

 国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルのアイリーン・カーン事務総長が来日し、2日、南野知恵子法相と会談した。カーン氏は(1)警察の留置場を拘置施設として使う代用監獄制度には問題が多い(2)日本の難民認定率が低い(3)先進諸国では日本と米国だけに死刑制度がある――などと懸念を表明した。


3つ目の死刑制度についてはともかく,こういった懸念があることが人権擁護法制定の要請に繋がっていたと理解しているんだけど。

しかし,人権擁護法案成立に向けて自体は粛々とすすんでいるのであった。

人権擁護法案 与謝野氏、修正に難色 自民内反対派と攻防激化(産經新聞)

 自民党内で賛否が分かれる人権擁護法案をめぐる折衝が再び動き出した。調整役の与謝野馨政調会長は二日、反対派の「真の人権擁護を考える懇談会」会長の平沼赳夫元経産相と会談したが、人権救済対象を限定することを柱に懇談会がまとめた修正案に難色を示し、物別れとなった。この問題は、郵政民営化の国会審議が軌道に乗るまで冷却期間が置かれていたが、再開後も対立解消の糸口がみえず、十九日に会期末を迎える今国会での法案提出をにらんだ最終攻防は激化しそうだ。
 二日の協議は、平沼氏が先月末、与謝野氏に示した修正案への回答を受ける形で行われた。この日全容が判明した修正案によると、救済手続きの対象を「違法な差別的行為」に絞り、政府案に盛り込まれた「差別的言動」や「誘発・助長行為」は対象外とした。
 このほか救済手続きを行う新設の人権委員会は、独立性が高い三条機関から、所管官庁に従属する八条機関に変え、出頭要請や捜索・押収など特別調査権を付与しないよう規定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

受信料不払い、97万件に=「不公平感」理由が増加

実はこの春から受信料の引き落としをやめにしている。
1年分引き落としにすると,少し割引になるはずなので,少し損になるが。
というか。
集金の人来ないし。
妻の希望で引き落としを中止にしてもらったんだが,実際のところ,受信料を払わなくてもそのこと自体問題にされていない現状では,不公平感はぬぐえない。
不祥事はともかく,正直に払い続けるのが馬鹿のように思えてくるような現状は何とか改善してほしい。

そのときにはちゃんと払いますよ。ホント。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:受信料不払い、97万件に=「不公平感」理由が増加−NHK(時事通信).

 NHKの橋本元一会長は2日の定例会見で、5月末時点の受信料不払いが3月末に比べ22万3000件増加し、97万件に達したと発表した。2カ月で不払いが35万件増えた2、3月より増加の勢いは鈍ったが、不払いの理由は一連の不祥事よりも、受信料負担の不公平感に移ってきているという。 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/01

丸1年「一緒に中学生になりたかった」

あの事件から1年が過ぎた。

リンク: 佐世保同級生殺害:丸1年「一緒に中学生になりたかった」.

 長崎県佐世保市の同級生殺害事件が1日、1年を迎えた。当時小学校6年だった子供たちは今春、中学校に進んだ。現在は環境も変わり、勉強や部活動に忙しい。だが、残酷な事件で受けた衝撃は今も心から消せないでいる。事件が起きた大久保小は、1学年1クラスの小さな学校。被害女児も加害女児もクラスメートだった。同級生たちはさまざまな思いを胸に、どうしても忘れられない「あの日」を迎えた。
(続きはリンク先で)


あのとき,僕は自分の子供と同じ小学生に起きた事件ということもあり,事件について何かちゃんとしたことを書きたいと思いながら,結局一年が過ぎてしまった(こちらこちらこちら)。自分と何の関係もない場所で,何の関係もない人たちに起きた,事件。大変な事件ではあるが,その背後にあるものを考えたときに,できればちゃんと,自分なりにちゃんとまとめたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »