« 受信料不払い、97万件に=「不公平感」理由が増加 | トップページ | 悪しき前例 »

2005/06/03

<アムネスティ>代用監獄制度などに懸念表明

リンク: <アムネスティ>代用監獄制度などに懸念表明.

 国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルのアイリーン・カーン事務総長が来日し、2日、南野知恵子法相と会談した。カーン氏は(1)警察の留置場を拘置施設として使う代用監獄制度には問題が多い(2)日本の難民認定率が低い(3)先進諸国では日本と米国だけに死刑制度がある――などと懸念を表明した。


3つ目の死刑制度についてはともかく,こういった懸念があることが人権擁護法制定の要請に繋がっていたと理解しているんだけど。

しかし,人権擁護法案成立に向けて自体は粛々とすすんでいるのであった。

人権擁護法案 与謝野氏、修正に難色 自民内反対派と攻防激化(産經新聞)

 自民党内で賛否が分かれる人権擁護法案をめぐる折衝が再び動き出した。調整役の与謝野馨政調会長は二日、反対派の「真の人権擁護を考える懇談会」会長の平沼赳夫元経産相と会談したが、人権救済対象を限定することを柱に懇談会がまとめた修正案に難色を示し、物別れとなった。この問題は、郵政民営化の国会審議が軌道に乗るまで冷却期間が置かれていたが、再開後も対立解消の糸口がみえず、十九日に会期末を迎える今国会での法案提出をにらんだ最終攻防は激化しそうだ。
 二日の協議は、平沼氏が先月末、与謝野氏に示した修正案への回答を受ける形で行われた。この日全容が判明した修正案によると、救済手続きの対象を「違法な差別的行為」に絞り、政府案に盛り込まれた「差別的言動」や「誘発・助長行為」は対象外とした。
 このほか救済手続きを行う新設の人権委員会は、独立性が高い三条機関から、所管官庁に従属する八条機関に変え、出頭要請や捜索・押収など特別調査権を付与しないよう規定。

|

« 受信料不払い、97万件に=「不公平感」理由が増加 | トップページ | 悪しき前例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/4395668

この記事へのトラックバック一覧です: <アムネスティ>代用監獄制度などに懸念表明:

« 受信料不払い、97万件に=「不公平感」理由が増加 | トップページ | 悪しき前例 »