« 家電メーカー 大型投資が「国内回帰」 | トップページ | 「中国加入」協議せず サミット 反日デモ、各国に悪印象 »

2005/06/18

俊輔の気持ち――夕刊紙の読み方

リンク: 木偶の妄言.

ただし、地の文が夕刊フジのこの記事のようなものであるわけではない。多くは取材の積み重ねによって書けるものであったり、オフレコのために地の文にせざるを得なかったものであるのだ。重要なのは、地の文がどちらに属するのか、という判断力=「読みとる力」だ。

情報過多の時代、僕らは「読みとる力」を磨かねばならない。センセーショナルな見出しが立つものであればあるほど、その「読みとる力」を発揮せねばならない。


簡単なことじゃないけどね。
こちらの記事のコメントに「書く側も妙な誤解を招かないような対応も必要」という意見がありましたが,それが「誤解」を意図的に招いていると思われる場合もあるので,簡単じゃないのですよね。

上の記事の場合で言えば,ヒデたたきじゃ面白くないから俊輔たたきに変更!みたいな。

政治家が「従軍慰安婦という言葉が消えたのはよかった」と言えばたたき,入試問題に「元ひめゆりの話が退屈」と出題されればたたき。で,そのたたく根拠をちゃんと示さないまま,バッシングを続けようとする。

実際僕自身のこのブログでの姿勢としては「書く側ちゃんとしろ」なんだけど,ちゃんとしてくれるまでは読む側がちゃんとしてなきゃなんですよね。

|

« 家電メーカー 大型投資が「国内回帰」 | トップページ | 「中国加入」協議せず サミット 反日デモ、各国に悪印象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/4606658

この記事へのトラックバック一覧です: 俊輔の気持ち――夕刊紙の読み方:

« 家電メーカー 大型投資が「国内回帰」 | トップページ | 「中国加入」協議せず サミット 反日デモ、各国に悪印象 »