« 笑い事じゃありません | トップページ | おめでとう,日本!W杯一番乗り »

2005/06/08

これも笑えないよお

こういうのは今になって起きてきた自体ではなく,何年もかかって,あるいは何十年もかかって徐々に進行してきたことなんだろうと推測する。
よく新聞などで目にする「ぶ然とした表情」という表現。
「ぶ然(憮然)」という言葉は「がっかりした様子」を示す表現なんだそうで。
でも,新聞なんかで「○○監督はぶ然とした表情で語った」とキャプションのついた写真をみると「がっかりした」というよりは,ぶ〜〜っとむくれて怒った表情をしていることが多い。
以前は「ぶ然とした」という言葉でぶ〜〜っとむくれた表情を表わすのはスポーツ新聞に決まっていたんだけど,だんだん一般紙のスポーツ欄,そして社会面にも最近は登場してきてるような気がする。
(気のせいですか?)
大学生の学力が低下してるってことはそれを教える教師の程度も低くなってるからなんじゃないのか。そして,それは社会全体の程度が低くなってるからなんじゃないのか。

リンク: <日本語の語彙力>私大生の19%「中学生並み」.

 大学生の語彙(ごい)力が低下していることが、大学、短大の中堅校を対象にした調査で分かった。独立行政法人メディア教育開発センター(千葉市)が実施し、私立大1年生の19%、短大1年生の35%が「中学生レベル」と判定された。補習や授業で「日本語技法」「日本語コミュニケーション演習」などを開講する大学が増えているが、調査はこうした大学側の不安を裏付けた。
 同センターの小野博教授らは02年、中・高校生約20万人に予備調査を実施。この結果に基づいて、日本語力を「中1」から「高3以上」までの6レベルに分けた。
 一方、「読む・書く・話す」といういわゆる「日本語力」は、語彙の豊富さから類推できるため、今回の調査用に75の言葉の意味を選択肢から選ぶマークシート方式の「日本語力判定テスト」を作成。19大学、6短大と国立高等専門学校の計26校の昨春の新入生7052人に、このテストを受けてもらい、予備調査結果と照らし合わせてレベルを判定した。
 その結果、「鶴の一声」「露骨に」などの意味が分からない「中3レベル」以下の学生の割合は、国立大(3校)で6%、私立大(16校)で19%に上った。短大では35%と、3人に1人が中学生レベルだった。国立高専は4%にとどまった。

|

« 笑い事じゃありません | トップページ | おめでとう,日本!W杯一番乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/4466111

この記事へのトラックバック一覧です: これも笑えないよお:

« 笑い事じゃありません | トップページ | おめでとう,日本!W杯一番乗り »