« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/30

ブログでネタにされちったよ

知り合いでもなんでもない人のブログでネタにしてもらうってのは気分いいっすな。
感謝感激です>佐藤さん
一生ついていきます!(何か前にもそういうこと書いたような)

リンク: 名前が知れている人がとにかく情報を流す(垂れ流す?)だけでも価値がある?.

 時々TBを飛ばさせていただいている「ココログ版 iLandの弁明」ってBLOGがありますが、ここに暫く前の記事でブログのあり方ってのがあります。

 僕がクライン孝子を批判することに関し、以下の記述があるのを記憶していたので、偵察をかねて「なんと申しましょうか...」を飛ばしてみたんですが、意表をついた反応で、「天皇機関説事件と昨今のネット世論」にTBが返ってきました。


すみません,いつも寝ぼけているもので。
「なんと申しましょうか」をトラックバックいただいた記事というのが,以前こちらから「天皇機関説事件と昨今のネット世論」にトラバさせてもらった記事だったんですね。ココログの仕様かなんかわかりませんが,そのときのURLが残ってて,ポチットすると同じ記事にトラバが飛んでってしまったと。ですので,2つ目に飛ばしたのは間違いです。てゆうか,悪いのはココログです。ニフティです。僕は悪くない。わたしはやってない〜,けえっぱくだあ。
麻原彰晃と同じくらい潔白です(何いってる)

お詫びに,今度はちゃんとした記事にトラバさせていただきます。(お詫びになるのかなあ)

それはそれとして。
みのもんたにしても,クラインさんにしてもその言説にお墨付きを与えているのは玄人と素人の境界のはっきりしないウェブではなく,まぎれもなく玄人である(はずの)テレビ,ラジオ,新聞です。番組を作り,紙面を編集する側が,大衆に迎合することばかりを考えている現状こそが問題なんじゃなかろうか。

しかし,例のメルマガの件は限界超えてますよね。メルマガ専門の編集スタッフを雇って校正してもらったらいいんじゃなかろうか。個人情報保護法とかで取り締まるべきじゃないですかね,ああいうのは。というようなことは思いました。

当然のことながら,批判は続けるべきです。クライン氏や彼女をサポートする人たちが何を言ってきても,その点は譲る必要はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/26

朝日弁解も安倍「捏造体質変わらず」NHK「遺憾」

つい全文引用しちゃいました。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:朝日弁解も安倍「捏造体質変わらず」NHK「遺憾」(夕刊フジ).

 旧日本軍の従軍慰安婦問題を扱ったNHKの特集番組が、政治家の介入で改変されたと朝日新聞が報じた問題で、同紙は再取材の結果を25日付の朝刊に掲載した。同紙は、政治圧力による番組改変がより明確になったと自信たっぷりだが、NHKは「まったく不可解」と真っ向批判。ライブドア問題で“一時休戦”状態だったが、報道から半年を経て、第2ラウンドのゴングが打ち鳴らされた。

 1月12日付の記事に対し、NHKや政治家から猛抗議を受けた朝日は、見開き2ページを割いて番組改変の経緯や取材過程を詳細に検証した。NHKや総務省、自民党議員ら150人以上に取材をしたという。

 1月の記事のうち、(1)中川昭一経済産業相が放送前日にNHK幹部に会った(2)安倍晋三自民党幹事長代理がNHK幹部を呼んだ−の2点は、特に意見が分かれた。

 この2点について横井正彦・東京社会部長は「取材の総括」の中で、1月の取材で中川、安倍両氏と松尾武NHK放送総局長(当時)から得た証言が「重い、と今でも考えています。したがって現時点では記事を訂正する必要はないと判断します」と主張。

 一方で「これらを直接裏付ける新たな文書や証言は得られておらず、真相がどうだったのか、十分に迫り切れていません。この点は率直に認め、教訓にしたいと思います」とした。

 検証記事を受けてNHKは25日、原田豊彦放送総局長が会見=写真。「政治家からどのような圧力があり、それによって番組がどう改変されたのかという、記事の根幹部分を補強する新たな事実の提示もない」と指摘した。

 また、原田総局長は「『政治家の圧力による番組改変という構図がより明確となった』と主張し、『記事を訂正する必要はない』としているのは、まったく不可解としか言いようがない」と批判。「当初の思い込みから抜け出ていない。極めて遺憾」と切り捨てた。

 安倍氏は25日、「一切の新しい事実が出てこなかったと認めている以上、はっきりと訂正して謝るべきだ」と朝日に改めて要求。過去の朝日の不祥事を挙げ、「捏造(ねつぞう)体質が是正されていない」とまで言及した。中川氏も「検証というより保身。今までの報道スタンスと変わっていない」と語った。

 自民党調査チームの佐田玄一郎座長も、「自分たちの都合のいい記事を堂々と書いてきた。あきれると同時に不平等だ」と強い不満を表明。朝日側には公開討論会への出席を今後も求めていく。

 NHK側は「過去もこれからも、政治圧力による番組改編はない」と強調するが、評論家はどう見るか。

 佐高信氏は「NHKが政治家にキチッとしてこなかったのは周知の事実。番組の説明に行くこと自体おかしい」と指摘する。さらに、「この問題では、NHKが減点8、朝日が減点5で両者に非がある。対決は茶番だ」と断じる。

 放送評論家の佐怒賀三夫氏も「昔からNHKは政治家の意向に神経をとがらせてきた。ただしあくまでNHKは自主規制だと主張する。政治家の関与が証明されたことは一度もない」と語る。

 今後の解決の仕方については悲観的だ。

 「朝日も過去の例からいって永久に訂正せず、政治家が介入を認めるわけもない。三者とも引くに引けない状態で応酬が続くだろう。真相は闇の中へ葬られるのではないか。現にNHK側の当事者は、松尾元総局長も野島直樹元担当局長(国会担当)もすでにいない」

 国民としては、“そして誰もいなくなった”では困るのだが−。


確かに困るんだが,・・・
でもこっち(やこっち)で書いたとおり,今のままでは朝日は変わらないし,問題は解決しない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

モーニング娘。が好き

ただし,僕が好きなのは福田明日か脱退前のモーニング娘。だ。
「もーにんぐむすめ」と入力すると最後の「。」まで出力するか,ことえりよ。
まあ,それはよい。

「ファーストタイム」と「セカンドモーニング」,2枚のアルバムを持っていたりする。
浅ヤンでグループが結成される様子を実はリアルタイムでは見ていない。バラエティ番組の企画で結成された女の子たちのグループがヒットチャートの上位に食い込んだというのを,多分カウントダウンTVかなにかでみて知った。
「モーニングコーヒー」という正直,しょぼいデビュー曲だったんだけど,それが初々しくって,何とも言えずよかった訳さ。
なんか,女性ロックボーカリストオーディションなんて企画があって,平家なんとかいう子が優勝して,おっこった5人の敗者復活企画みたいな感じだったようなんですよ。
その後,サマーナイトタウンなどのヒットがあったり,追加メンバー募集などで浅ヤンをにぎわしたり,いろいろあって,結局福田明日香は脱退。
福田は初期の5人のメンバー中はもちろんのこと,追加メンバーを含めても抜群の歌唱力で,やめた後,モーニング娘。はどうなるんだろうなどといらん心配をしたりもしたが,ゴマキの加入などをきっかけに大ブレークしたのはご存知の通り。

しかし,同じ素人っぽさでもデビュー当時とゴマキ以後とでは全然違うような気がすんだよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

読書の時間:メディアの迷走

こっち向きの文章かなと思いつつ,あっちに投稿しちゃいました。よろしかったらご覧ください。

リンク: 読書の時間:メディアの迷走.

記事No.463で挙げたメディアの迷走ですが,これは例の朝日新聞誤報事件,だけじゃ何のことかわからないくらい誤報事件が多い訳ですが(笑)今年のやつです。番組内容に対して政治家からの圧力があったかどうかってやつね。
この本の中では保守派とされてる人から,左翼っていうか朝日の代弁者みたいな人までが寄稿しており,最後に安倍幹事長代理からのコメントもついております。
保阪正康さんの論考はうならされました。僕が言いたかったけど,書き表すだけの能力がなくて書けなかった内容をズバっといってくれた,ような気がしました。
辺真一さんの言説は,まあともかく(苦笑,企画意図が伝わってなかった?)斎藤貴男さんの文章を読んで考えさせられました。
彼の書いてることというのは,別にそう装っているのではなくして,頭の中でも本当にそう考えているんだろう。そして朝日を作っている人間たちも全員ではないかもしれないが,あのように考えている人間が一定数以上いるんではないか。ネットでこれだけ騒がれ,産経や読売があれだけ批判しても朝日にはその声は届いていない。そのこと(というか可能性)を考えるだに恐ろしさを覚えるのです。

朝日を批判する声がどんなに高まろうとも,それだけでは彼らは変わらないんじゃなかろうか。
彼らの誤りが火を見るより明らかであったとしても,そのことは彼らには全く伝わっていない。そういうことが,あるいはその可能性があるということを知るべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区で震度5強、関東4都県で27人けが

なんか,うちの近くが一番揺れひどかったみたいで>震度5強
そのとき出かけてたんでよくわかりませんが,場所によって全然揺れが違うみたいなんですね。うちの近所でもブロック塀が壊れたりしてるところもある一方でそれほど揺れなかったところも。僕の場合怠け者なので,書類やら何やれ全部机の上に積み上げてあるんですが,何ともなってませんでした。

むしろ交通機関の混乱が印象的でしたね。5時過ぎくらいに地下鉄の駅に入ったらいつもは閑散としている構内に人があふれていて。近くの神社でお祭りでもあったの?などと思ったら,掲示が出ていて地震の影響だと。そのまま1時間以上待ったところで日比谷線と銀座線が動き出したというので徒歩で移動,無事に家に帰り着きました。ニュースなどによると結局,それ以外の地下鉄とJR各線は3時間以上動かなかったらしい。(全面復旧まで7時間ですと)

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 東京・足立区で震度5強、関東4都県で27人けが.

強い地震の影響で、千葉方面の高速道路は通行止めとなった=23日午後4時51分、首都高速都心環状線で  23日午後4時35分ごろ、千葉県北西部を震源とする強い地震があり、東京都足立区で震度5強、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県の一部で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約73キロ、マグニチュード(M)は6・0と推定される。


この程度の被害ですんだのは我々の信仰のおかげでしょう(おい)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/07/21

私大生・短大生の学力不足、教員6割が痛感

従来,私立大学にとっての顧客は入学希望者,というか,入試受験者であった。入りたい,もしくは試験を受けたい,と受験生(やその親)に思わせることのできる大学が儲ける形になっていた。しかし,これからは大部分の大学にとって受験生の集団を顧客と考えるのは「限られたパイの奪い合い」にしかならない。
入学辞退者への入学金の返還などの判例も出ているようだし,受験生を相手に商売するのはそろそろ限界なんだろう。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 私大生・短大生の学力不足、教員6割が痛感.

 全国の私立大学・短大の教員の60%強が、学生の基礎学力が不足していると感じていることが、文部科学省所管の社団法人「私立大学情報教育協会」の調査で分かった。

 6年前の調査結果に比べて20ポイント以上増えており、学生の学力が急激に低下している実態が、教員の意識調査でも裏付けられた形だ。大学・短大の志願者数と募集人員が同じになる「大学全入」時代を2年後に控え、同協会は「入学後の学生に高校段階までの学力を身につけさせる方法を、大学側が真剣に検討しなければならない」と指摘している。


じゃあ,これからは誰を相手に商売するのか。大学で育てた人材を企業に売り込むという考え方が出てきているらしい。この間テレビ(NHKだったかな)のニュース番組で特集してた。
企業で戦力になる人材育成を標榜して,学生たちを鍛え上げ,就職活動を積極的にサポートする。そして企業において実際に戦力になるところを見せ付けることを通して,結果,受験生を集める。

ちょっと思いついたんだけど,企業に学生を紹介する際に直接金を取ったり,企業に役に立つところを見せることができれば,就職後でも大学がマージンを受け取ることができるとか,そういうスタイルが取れたら面白いかもね。(無理?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

高津、Wソックス戦力外通告…トレード可能性大

優勝争いをしているチームから「戦力外通告」を受けるというのは確かに残念なことではあるけど,チームが保有できる選手の数には限りがあるのも事実なわけで。
ここは高津をより必要とするチームに移籍する権利が与えられたと思うべきなんだろう。

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 高津、Wソックス戦力外通告…トレード可能性大.

 【シカゴ18日=米沢秀明】ホワイトソックスの高津臣吾投手(36)が18日、球団から戦力外通告を受けた。

 昨季連続セーブ機会無失点で「ミスターゼロ」のニックネームで人気となったが今季、前半不調で抑え投手から中継ぎへ降格。しかし、充実したWソックスのリリーフ陣の中で後半戦の戦力構想から外れた格好となった。すでに数チームから獲得の打診が寄せられており、他チームへトレード移籍する可能性が高い。

野茂もそうだよね。
<野茂英雄>他球団からの声待つ デビルレイズ戦力外通告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

女王の教室

うちの子供たちも第1話からいきなりはまってますね。
9時台のドラマなので,これ最後までみてると,夜遅くなるってんで,ママからは叱られてましたけどね>子供たち
(第1話のときは開始時間が遅くなってたみたい。)

僕の感想としては,なかなかよく作ってあるドラマだと思います。
阿久津先生のいってることは厳しい内容のように見えるけど,生徒たちのことを実によくみているし,子供たちのことに本当に役に立つというのはどういうことなのか,を追求した上で行動しているように見える。
第2話の中で子供たちの秘密を暴露しちゃう場面なんて,逆にいうと「そんなこと秘密になんてする必要ないんだよ,思い切ってしゃべっちゃえばいいのに,秘密にしてかえって自分の首を絞めちゃってんだよ」そんなメッセージのようにも思えたのでした。

小学6年生というのは,子供には違いないんだけど,ある意味「小さな大人」でもあります。ちゃんと考えさせれば大人以上にしっかりした答えを出す力がある(すみません,どっかで聞いた受け売りです)。
それだけに親の側,大人の側に教える人間としての覚悟というのを求められるべきなんだろう。そんなことを考えさせられました。

下に引用した記事の続きで,番組の掲示板で論争になっているということで,中には番組の打ち切りを求める書き込みもあるらしいです。しかし,僕は阿久津先生の言動の裏にある,子供たちへの愛情というものをきちんと描いてほしいと思う。阿久津先生自身の心の中も含めてきちんと描いてほしいなと。

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - 「天海祐希の鬼教師」ネット論争.

「天海祐希の鬼教師」ネット論争
 天海祐希(37)が小学校の鬼教師を演じる日本テレビドラマ「女王の教室」(土曜後9・00)の内容をめぐり、視聴者間で論争がぼっ発している。ドラマの公式ホームページ上の掲示板で賛否両論が渦巻き、第2話までしか放送されていない現段階で書き込み数が1万2000件を超えた。「打ち切り希望」の声がある一方で、「こんな先生が必要」との賛成派もおり、意見は真っ二つに割れている。

 反対派が「問題が多すぎ。打ち切ってください」(男性、学生)と厳しい批判を展開すれば、擁護派は「先生は正しいことを言っている」(女性、中学生)と応酬。フィクションのドラマに視聴者がバトルを展開している。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

最近買ったCD

あんまりCD買わないんだけど,最近3枚ほど買ったんですよ。
まず,NHKハングル講座でおなじみ,Ryuの「初恋」。韓国語の勉強になるかと思って買ったら,韓国語の歌は「最初から今まで」の1曲のみという...。まあ,いいですけど。これはほぼ定価で買っちゃいました(泣)

さて。気を取りなおして。去年からauのソニエリ製携帯にしてるという話は以前書いたような気がするんですが,これには何曲か着うたが入っていてですね。1曲,すごくいいのがあったんですよ。なんかかわいらしいというか,それでいておしゃれな感じの。
曲名をたよりに調べてみると,歌っているのはTommy February6さん。
この人ですね。→この人?
違いますか。すみません,ブログの女王と呼ばれてるらしいです,真鍋かをりさん
ええと。こちらです→本物のTommy February6さん

携帯に入っていたのは「L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜」という曲でした。以前から,いいなあと思っておったのですが,最近の彼女のアルバムはことごとくCCCDになっておりまして,2の足を踏んでおったのです。

それがですね。最近,中古のCD屋さんをのぞいていたら,普通のCD(2002年リリース)を偶然見つけたんです。最初はそのまま通り過ぎたんですが,翌日になって無性に欲しくなりまして。半額以下の値段ですから,(ケースが壊れてた)その場で衝動買いしてもいいくらいでしたが。
リッピングして早速聞いてみたんですが,いやあ,大当たりでした。

もう一枚は矢井田瞳さん。i/Flancyを買いました。生協で半額セールやっててですね。
これもよかったです。
Tommy February6ほどでもなかったか。でも,僕的には大満足の一枚ではありました。

結論。CDの値段と満足度は反比例する(+_+)☆\バキ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/08

分離ドラフトから完全ウエーバーへ

分離ドラフトという言葉の意味がよく分からんのですが,それはそれとして(自爆)
「戦力の均衡」というが,本当は完全ウエーバー制にしたからといって戦力が均衡化されるかどうかわからない。というか,完全ウエーバー制のメリットというよりは現行の自由枠付きドラフト制度+FA制度のデメリットだと思うんだけど,入団する選手の受け取る金の額だけが話題となり,どういうチーム作りを目指しているのかとか,そういう部分がほとんど新聞に載らないというのが問題なんじゃなかろうか。
ドラフト改革やFA改革が進むことによって,見る側(あえてファンとはいわない)が選手をみたい,チームをみたい,そして試合を見たい,楽しみたい,と思えるようなチーム作りが進むようになればいいと思う。そして,これからはそういうチーム編成を行えるのかという点でフロントの力量が試され,そうやって作られたチームをどう運営するかが監督らの力量として評価されるようになるんだと思う。

リンク: 分離ドラフトから完全ウエーバーへ…NPB作業部会.

 ドラフト改革のたたき台を作っているNPB(日本プロ野球組織)の作業部会が、高校と大学・社会人を分離した上で、自由枠を段階的に撤廃して完全ウエーバーを導入する案をまとめようとしていることが7日、明らかになった。FA取得期間についても、ドラフトと連動する形で最終的に6年まで短縮する。作業部会はあと数回の会合で案を煮詰め、13日の12球団代表者会議で徹底議論する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン同時テロ ごみ箱撤去

もうひとつ。
何でテロ対策でゴミ箱撤去なんだ?(すみません,マックユーザは決まりで(嘘)“ゴミ箱”って書くことになってるんです)
テロ対策のためにスケスケごみ箱にしたんじゃなかったっけ?
対策になってるのかなってないのかよくわからん対策だ,と思う>ごみ箱撤去

リンク: <ロンドン同時テロ>東京メトロごみ箱撤去 鉄道各社も警戒.

 ロンドンでのテロを受け、国土交通省は鉄道会社32社に警戒の徹底を要請した。東京メトロは8日、地下鉄駅構内にあるすべてのごみ箱の撤去を始めた。京浜急行電鉄は始発前、駅構内での巡回強化を指示。東武鉄道は7日夜から、主要な駅構内で夜間を通じての照明点灯を始めた。路線バスや羽田、成田空港へのリムジンバスを運行する小田急バスは、全営業所に警戒を呼びかけるよう文書で通達した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

英同時テロ、邦人の被害今のところなし

海外で死者を伴う事件や事故が起きるたびに思うんだけど,「日本人の被害がない」ことをニュースとして報道するのはそろそろやめたらどうだろうか。
日本人が死ななかったんだって。で?
...「よかったね」っていいそうになって,「でもイギリスの人たちが大勢被害にあったんだろ?」と思い至る。いいんだろうか。
もちろんイギリスに家族や友人知人が住んでいる,あるいは旅行中だという人にとっては大問題だろう。でも,情報を責任もって管理する部署あるいは各メディアがそういう機関を用意してもいい(期間限定で)と思うが,そういう部署の連絡先(電話とかWebサイトとか)を知らせるだけでいいんじゃないかという気がする。
なんか,自分さえよければいいという嫌らしさを感じてしまうのだ。
前にも指摘したと思うが,場合によってはプライバシーの問題とかも出てくるかもしれないんで。

リンク: 英同時テロ、邦人の被害今のところなし…町村外相.

 町村外相は8日午前の閣議後の記者会見で、ロンドンでの同時爆破テロに関連し、「邦人の被害はないようだ」と述べた。

 その上で、「事故現場に近い病院を大使館員が一つずつ当たっている。旅行業者の団体を通じて、個別の旅行代理店にも(旅行者の)確認を行っている」とし、引き続き邦人の被害状況の確認に全力をあげる考えを示した。

記者会見で「邦人の被害はないようだ」と述べるのも無神経だと思うが,それをまた垂れ流すメディアもどうかと思う。ここに引用したのは一本だけだが,テレビのニュースなどでも必ず「日本人の被害はない」ことを一言付け加えてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

理想的なサイト更新ツール

どうでもいい話題を中心にお送りする当サイトですが(苦笑)

本来実現したかったサイトというのはこちらの方で。サイト開設当初から,しっくりくるサイト更新ツールを探しておった訳です。Sun Boardを利用したり,aDiaryだのwdiaryだのいろいろと試して,現在に至っている訳ですが。

でもスタイルとして一番気に入っているのはこっちで使っているWikiWiki Webのスタイルです。捉え方として間違ってるかもしれないけど,全般的に何となく適当な雰囲気が漂っていて,誰でも書き込めるよ〜,何書いてもいいよ〜ってのがいいんだよね。
こっちで書いてた記事をそのまま引き継ぎたいという思いがあったのと,WikiWiki Webのスタイルを使うんなら掲示板もコミで作りたいとかよけいなことを考えてしまったために,結果的に今のスタイルに落ち着いている訳ですが。

理想としてはWikipediaみたいな感じにできるといいと思うんだけどね(でも管理人が基本的に適当な人間だからなあ)。
はてなダイアリなんかもそうだけど,キーワードを設定してそれについての言及を次々につなげていくの。
そういうシステムを使ったページを見てると確かに面白いんだ。
ツール探しにちょっと飽きてしまったので,今更乗り換えようとも思わんのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェ・ジウさん:6日倒れる、過労か 訪日中止の見通し

わざとってことはないんだろうね(+_+)☆\バキ
先日ペヨンジュンさんも倒れたし。とりあえず,ゆっくり休んでほしい(と書いとく)。

リンク: チェ・ジウさん:6日倒れる、過労か 訪日中止の見通し.

 韓国ドラマ「冬のソナタ」に主演した人気女優チェ・ジウさんが6日に倒れて病院に搬送されたことが分かった。所属事務所が7日明らかにした。チェさんは7日から日本を訪問する予定だったが、中止される見通し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

プレーオフ、セも導入へ

プレーオフに関連して。
昨年はホークスがぶっちぎりで1位だったのに,ライオンズが日本一になってしまった。プレーオフ自体はすごく盛り上がって,面白かったし,前半ぼろぼろだったマリーンズが最後の最後までファイターズと3位争いを続けるという,ペナントレースのほうも面白かった。

しかし,やはり,今のままだとペナントレースの結果が軽視されすぎている感は否めない。
1位チームには5ゲーム差以上リードした場合,1勝のアドバンテージが与えられることになっている。これでアドバンテージになっているといえるんだろうか。あるいはアドバンテージとして適切といえるんだろうか。

ちょっと思いつきなんだけど,書いておきます。
ペナントレースはおよそ6か月間続きますので,1ヵ月ごと(パリーグの場合約23試合ごと)で区切って,月間の1位チームを決めるのです。1位チームには勝ち点1を与えて,プレーオフの0.5勝に換算します。
したがって,6か月間月ごとの1位を勝ち取るぶっちぎりの優勝の場合,プレーオフは行われません。去年のパリーグは最後のほうは1位2位が決まってしまって,実はたるんでたような気がします。しかし,月間1位を決めるシステムなら9月の段階でも2位のチームはのんびりできません。ボーっとしてたら,プレーオフへの参加自体がご破算になりかねないのですから。
月間成績では毎月2位だったのにトータルでは1位でプレーオフとか,いろいろなパターンもありそうで,面白そうだと思うんですが,どうでしょう。

リンク: プレーオフ、セも導入へ 横浜が提案 来季にも.

 セ・リーグもプレーオフ制実施を検討することが4日、スポーツ報知の取材で分かった。球団関係者によれば、この日、東京・銀座の連盟事務所で行われたセ・リーグ理事会の席上、横浜が提案した。会議では現行のパ・リーグ方式、前後期制を含め、複数の意見が出たという。来季の導入も視野に入れ、今後は継続して検討していくことで一致した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

城島,チーム残留かMLB挑戦

投手である野茂から始まった,日本プロ野球選手の大リーグ挑戦。
その後,中継ぎの長谷川,抑えの佐々木,外野手のイチロー,松井。そして内野手の井口とメジャーリーグでも一定の地位を築きつつある日本人選手たち。
その中で,捕手というポジションは守りの要であり,ムラッ気の多い投手たちをうまく操るだけの人間性を求められる。何より,「言葉の壁」は厚そうだ。投手の様子がちょっとおかしい,少し言葉をかけてみるか,その度に通訳というのでは話にならんだろうし,マウンド上では技術的な会話だけではなく,冗談で笑わせたり,気が緩んでいればびしっと引き締めないといけない場面だって出てくるだろう。
城島がホークスで日常的に行っているであろう,そういう事柄をアメリカでも自由にやることができるんだろうか。

怖いけど,でも楽しみだよね。

リンク: 城島がFA権を行使へ チーム残留かMLB挑戦
2005年7月5日(火) 15時51分 共同通信
.

 フリーエージェント(FA)の権利を取得したソフトバンクの城島健司捕手(29)は5日、ヤフードーム内で記者会見し「国内の他球団はまったく興味がない。福岡か自分の夢(米大リーグ=MLB)か、どちらかになる。権利の行使? たぶんそうなるでしょう」と話し、今オフにFAの権利を行使する意向を示した。
 米大リーグへの移籍が実現してデビューした場合、史上初の日本人捕手の誕生となる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

「中国加入」協議せず サミット 反日デモ、各国に悪印象

ま,妥当な判断だと思うね。

リンク: Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 「中国加入」協議せず サミット 反日デモ、各国に悪印象.

 七月六日から八日まで英国・スコットランドで開かれる主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)で、サミットへの中国の正式な参加問題に関する本格的な協議は見送られることが一日、明らかになった。
 英、仏、独、伊など主要国(G8)の多くが高度経済成長を続ける中国の正式参加に前向きな姿勢を示していたが、今年春に中国国内で吹き荒れた反日デモの影響で、政治体制が違う中国を正式メンバーに加えるのは時期尚早との判断が主要国間に強まったためだ。
 複数の外務省筋によると、今年に入って本格化したG8の事務レベルの協議で、中国の正式参加問題が取り上げられたという。
 しかし、「歴史問題」を理由とした中国各地の反日デモで、中国政府が当初、デモを厳しく取り締まる姿勢を見せなかったことで、中国の正式なサミット参加に前向きな姿勢を見せていたG8各国に「国際ルールを無視する中国をサミットの正式メンバーとして迎えることへの抵抗感が一気に広がった」(外務省筋)という。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »