« 東京・足立区で震度5強、関東4都県で27人けが | トップページ | モーニング娘。が好き »

2005/07/25

読書の時間:メディアの迷走

こっち向きの文章かなと思いつつ,あっちに投稿しちゃいました。よろしかったらご覧ください。

リンク: 読書の時間:メディアの迷走.

記事No.463で挙げたメディアの迷走ですが,これは例の朝日新聞誤報事件,だけじゃ何のことかわからないくらい誤報事件が多い訳ですが(笑)今年のやつです。番組内容に対して政治家からの圧力があったかどうかってやつね。
この本の中では保守派とされてる人から,左翼っていうか朝日の代弁者みたいな人までが寄稿しており,最後に安倍幹事長代理からのコメントもついております。
保阪正康さんの論考はうならされました。僕が言いたかったけど,書き表すだけの能力がなくて書けなかった内容をズバっといってくれた,ような気がしました。
辺真一さんの言説は,まあともかく(苦笑,企画意図が伝わってなかった?)斎藤貴男さんの文章を読んで考えさせられました。
彼の書いてることというのは,別にそう装っているのではなくして,頭の中でも本当にそう考えているんだろう。そして朝日を作っている人間たちも全員ではないかもしれないが,あのように考えている人間が一定数以上いるんではないか。ネットでこれだけ騒がれ,産経や読売があれだけ批判しても朝日にはその声は届いていない。そのこと(というか可能性)を考えるだに恐ろしさを覚えるのです。

朝日を批判する声がどんなに高まろうとも,それだけでは彼らは変わらないんじゃなかろうか。
彼らの誤りが火を見るより明らかであったとしても,そのことは彼らには全く伝わっていない。そういうことが,あるいはその可能性があるということを知るべきだと思う。

|

« 東京・足立区で震度5強、関東4都県で27人けが | トップページ | モーニング娘。が好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/5143646

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の時間:メディアの迷走:

« 東京・足立区で震度5強、関東4都県で27人けが | トップページ | モーニング娘。が好き »