« 数の問題じゃないだろうよ | トップページ | 担任児童に体罰や暴言 女性教諭、停職3カ月 »

2005/08/25

駒苫野球部長暴力事件

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 駒苫、隠ぺい工作続々 部長暴力事件.

 第87回全国高校野球選手権大会で57年ぶりの夏連覇を達成した駒大苫小牧(南北海道)の野球部長(27)が部員1人に殴るなどの暴力を加えていた問題で、当該部員の父親(54)=会社経営=が24日、スポーツ報知の取材に応え、学校側が事実の隠ぺい行為と取られかねない発言を繰り返していたことを明らかにし、今後の学校側の対応次第で訴訟などの法的手段に訴える姿勢を見せた。一方、学校側はこの日の会見で暴力行為の状況を訂正。調査委員会の設置など事実関係を改めて確認する姿勢を示した。

 被害部員の父親は、強い怒りをにじませていた。この日、札幌市内の病院で部員は3時間にわたって精密検査を受けた。病院は現在、相談をしている弁護士に紹介されたという。今後、診断書を作成するために検査を行ったようだ。

 「自分たちの願いは、部長にきちんと謝罪してもらうことだけ。しかし、謝罪がなければ、訴訟はもちろん考えている。その時はとことんやるつもりです」法的手段に訴えてまで、真実を争う意思をあらわにした。


スポーツ新聞だから仕方ないのかもしれないけど,いろんな事実がただ並べられているだけでだからどうした?という感じ。これを書いた記者は「従ってこの高校および野球部長が悪い」という結論に持っていきたいんだろうが,この父親の態度をみる限り,やくざの因縁付けとかわらないような気がする。
「きちんと謝罪」って何だ?金を出すことか?転校手続きをとることか?

 また、学校側は暴力の現場にいた主力選手7人から事情聴取した。その結果「2、3発平手で叩いたら(被害生徒が)反抗的に部長に詰め寄った。30~40発なんて絶対に殴っていない」と話し、8月7日のスリッパ殴打事件についても「(被害生徒は)注意された後、ポケットに手を突っ込み、ニヤニヤした態度を取っていた」など、部長に同情的な証言が相次いだという。

この下り,記事中ではものすごくさらっと書いてあるんだけれど。このことがどんな意味を持つのか,ちゃんと書かなきゃだめでしょうよ。

とにかく暴力は絶対だめ、なんていう戯言をふりかざして,薄汚い大人たちが少年たちの夢を奪っていっている。そんな風に見える。

関連:数の問題じゃないだろうよ

|

« 数の問題じゃないだろうよ | トップページ | 担任児童に体罰や暴言 女性教諭、停職3カ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/5628406

この記事へのトラックバック一覧です: 駒苫野球部長暴力事件:

» 駒苫、隠ぺい工作続々 部長暴力事件 [雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―]
Yahoo!スポーツ - ニュース - 駒苫、隠ぺい工作続々 部長暴力事件 どんどん、醜聞をさらしていますね。 信用もあったもんじゃない。 [続きを読む]

受信: 2005/08/25 12:54

» 殴ったのは「10回くらい」… [まるこ姫の独り言]
殴ったのは「10回くらい」・・・・ 北海道苫小牧市の駒大苫小牧高校野球部の部長(27)が 3年生部員に暴力を振 [続きを読む]

受信: 2005/08/25 16:09

« 数の問題じゃないだろうよ | トップページ | 担任児童に体罰や暴言 女性教諭、停職3カ月 »