« ACCESS、米PalmSourceを買収 | トップページ | 衆院選に関連して その1 »

2005/09/10

星野仙一氏 阪神残留の意向を表明

やっと,正式に否定会見です。
繰り返しになりますが,もう一度だけ。
星野さんの監督としての手腕というのは間違いないと思います。巨人は強くなるでしょうよ。ひょっとしたらそれで人気も回復するのかもしれません,巨人もプロ野球全体も。
でもそうじゃないと思うんだ,
巨人は成績が上がらないと,高い金を払ってアマチュアや他球団で実績のある選手を獲得して戦力を補強する,ということを繰り返してきました。もちろんそれはそれでいいんだけど,そうやって出来上がったチームというのが素人目にもバランスに欠けたいびつな構成になっていたわけです。
その一方で何年も前からに軍で苦労している選手がなかなか育ってこない。

金かけて新戦力とってくる前に何かほかにやることがあるんじゃないの?と思ってしまうわけで。
はっきり言ってしまえば,戦力補強のやり方が素人臭くないか?という気がしちゃう。玄人の目で見て,素人目には分からんだろうけど,実は戦力になるんだよ,こいつ,ってな選手を集めろや。と思うんだよね。

そういう意味で,監督選びにしても,そりゃ星野はいい監督だと思うけど。でも,もうちょっと探してみませんか。と思ったのでした。

リンク: <星野仙一氏>阪神残留の意向を表明.

 プロ野球・巨人の次期監督候補に名前が挙げられるなど去就が注目されていた阪神の星野仙一・オーナー付シニアディレクター(58)は10日、大阪市内のホテルで記者会見し、今年12月で契約が切れるシニアディレクター(SD)職について契約を更新し、来季も阪神に残留する意向を明らかにした。星野氏はSD職に残留するのかとの質問に「おそらくそういう形になる」と答えた。


|

« ACCESS、米PalmSourceを買収 | トップページ | 衆院選に関連して その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/5872205

この記事へのトラックバック一覧です: 星野仙一氏 阪神残留の意向を表明:

« ACCESS、米PalmSourceを買収 | トップページ | 衆院選に関連して その1 »