« 「悪魔が入った」繰り返す−ピサロ容疑者 | トップページ | “拉致・監禁”といえば »

2005/12/05

読書:安部公房「砂の女」

以前,遠藤周作の「沈黙」を買ったんですが,そのとき書いたように,一緒に他の文庫本も買ったんですね。
安部公房の「砂の女」です。
お恥ずかしいことに,ボクはこの小説のタイトルしか知らなかったんですけど,キャンペーンで平積みされていた文庫本の中で,ちょっと引かれるものがあったので買いました。
セカチューのヒット以来,店員さんが手書きで本の宣伝を書くというのをよく見ますが,そのとき「とにかく恐〜い話です」とかなんとか書いてあった気がします。安部公房の恐い話なら読まなきゃ。

読んでみて思ったんですが,これって北朝鮮による拉致事件そのものじゃないですか。安部公房亡き今,それを確認することなどできないと思いますが,でも彼の頭の中にそういうイメージっていうのはあったんじゃなかろうか。
「砂の女」でグーグル検索してみても,そういうことを書いてるページっていうのは見つかりませんが,どうもそんな気がしてならない。

単なる偶然,ということももちろんあり得るんだけど。

確かにぞっとする小説でした。

|

« 「悪魔が入った」繰り返す−ピサロ容疑者 | トップページ | “拉致・監禁”といえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/7480165

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:安部公房「砂の女」:

« 「悪魔が入った」繰り返す−ピサロ容疑者 | トップページ | “拉致・監禁”といえば »