« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

新着記事:年の瀬ですね

リンク: iLandの弁明ブログ版 年の瀬ですね.
ということで今年最後の投稿、かも知れません。最後じゃないかもしれません。

今年はですね。「恋のマイアヒ」という単語を記事中に入れると爆発的にアクセス数がのびるということを知った年でした。
なんやそら。
いや,ほんとに。

最近は恋のマイアヒの話題出ないので,アクセス数がた落ちですわ。
#原因はそれだけではないとも。

検索キーワードを見る限り,どうも皆さん,例のフラッシュアニメを探してネット上をさまよってたみたい。
いま書いてるこのエントリにも引っかかる人いるかもしれませんがね。ここじゃ,たいした情報見つかりませんよ。(+_+)\バキッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

ほめられなれてないやつ>自分

思うんだけど,ほめられたときに,どう答えればいいのかよくわからない自分ていうのがいてですね。

ちっちゃいとき,親に「だめだ,だめだ」といわれていたというのもありましょうし,自分で自分が「話にならんほど,だめだよなあ」と思っちゃってるってのもありましょうし。

2週間ほど前でしょうか,コメントをいただいてですね。このブログに感銘を受けたって書いてあって。
そういうこと勝てあるだけで,もう何というのか,気恥ずかしいというのか,何か裏があるんじゃないのかとか。
#ホント歪んでるなあ(苦笑)

ココログ版の記事っていうのは,むしろ適当というか,思いつきで書いてますのでね。書いても書きっぱなしの感があります。
サブタイトルとか,プロフィールのところに書いてある通り,iLandは統一教会というところに所属しております。
キリスト教に関連したサイトを見るとしばしば注意書きがありますですね。当サイトは統一教会,ものみの塔などとは関係ありません。あれです。そういうサイトの注意書きでは「統一教会」ではなく「統一協会」と書いてあること,多いです。人によってはキリスト教じゃない!!なんていう人もいます。
でもそんなのどっちでもいいのです。iLandがクリスチャンであろうが,なかろうが。統一教会員であるかどうか,なんてことすらも,ホントはどうでもよくって。それはもはや,単なる記号にすぎない。
僕のものの考え方に「統一教会的なもの」っていうのが確かにあるような気がして。あるいは,「キリスト教的なもの」「仏教的なもの」というのもあるのかもしれないんだけど。一応断っておかないと,普通の人とか,普通のクリスチャンとかから見た場合に「何言ってんの?」ってことになるかもしれないからさ。そうか,統一教会だからねえ。仕方ないよね。そんな風に考えるのも。なんて感じで,納得してもらえるかも。

でもほんとは統一教会員になる前の僕ってのもいて,そういう場合,理解のよりどころはなくなっちゃうのかもしれない。それだと,ちと困りもんかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子フィギュアについても

女子の選考も問題視されていますが,既に書いた通り,事前に示された基準に則っている訳で,それはそれで一貫していると思います。
しかし,男子の方は戦前のポイント差が50点未満,つまり,最終戦の順位=全体の順位ということで非常に厳しいものとなった訳で。
で。
最後の最後、ジャンプ一個減点し忘れということで,織田君は2位になっちゃったと。

リンク: 織田 ああ“夢 幻の如くなり”.

 トリノ五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権最終日は二十五日、東京・国立代々木競技場で行われた。
 男子の表彰式で、華やかな黒地に金のフリーの衣装に着替えた織田信成(18)=関大=が、高橋より1つ低い表彰台に立った。高橋と握手し「おめでとう」とひと言。それが精一杯だった。
 悪夢のような一夜だった。24日のフリー演技。五輪代表の座を争っていた高橋を下し、表彰台の一番高いところに立った。ところが、表彰式後に採点ミスが発覚して2位に繰り下げられた。
 「2位は去年の3位より1つ上だから良かった。ちょっとだけでも金メダルがもらえてうれしかった」とけなげに語ったが、前代未聞の悲劇には「納得している部分が1割。9割は悲しいです」と涙で声を詰まらせた。


採点ミスは高橋のせいじゃないんだけど,また,ある意味,織田がジャンプ失敗してなかったらすんだ話なのかもしれなんだけど。
しかし,日本の代表枠を決める試合で高橋が10位以内にはいれば2人枠がもらえたところを,緊張したんだかなんだかで彼は15位くらいに終わって,それで日本の枠が1人になったんだよね。それを考えるとなあ。

とにかく。がんばれ,高橋大輔。がんばれ,織田信成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

フィギュア女子の五輪代表決定

今シーズン絶好調の中野を入れずに,復調しないままの安藤を入れるのはいかがなものか,という話もある訳ですが。

リンク: 美姫、4回転はトリノで…フィギュア女子の五輪代表決定.

 フィギュアスケート・全日本選手権最終日(25日、東京・代々木第1体育館)「3枠」をめぐる熱い女の戦いに、決着がついた。女子フリーで、3連覇を狙った安藤美姫(18)=中京大中京高3年=は合計173.36点で6位に終わったが、来年2月のトリノ冬季五輪代表選考ポイントで1位となり、初の代表となった。残る2枠は優勝した村主章枝(24)=avex、3位の荒川静香(23)=プリンスホテル=に決まった。

 最後は気力しか残っていなかった。最初のコンビネーションジャンプでは尻もちをつきそうになったが、なんとかこらえた。世界の女子でただ1人、安藤だけが跳べる4回転サルコーにはトライせず、3回転にとどめた。“勇気ある撤退”。ギリギリの決断だった。


選考基準自体が安藤に有利な形になっていたという側面は否めない訳ですが,ともかく事前に基準が明確に出され,基準の通りに選考が行われた訳で,そこに(少なくともオリンピックが終わってない段階で)異論を挟む余地はないように思います。オリンピックで日本勢が惨敗に終わったら,そこで初めて「中野も入れるべきだったんじゃ?」という議論が出てくるということじゃないでしょうか。
安藤といえば4回転な訳ですが,それ1個だけ飛べてももちろんだめな訳で,ほかの要素もちゃんとがんばろうね。ま,そんなこといわれんでもわかってるって。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/12/20

「痴漢」、取り押さえられ急死

こういうことって自分の身にもおきそうな気がしますね。
満員電車の中で意識せずとも女性の体に触れてしまうことってありそうな気がする。
男性ならたいてい両手を上にあげるように意識したり,なんてことはやってると思うんだけど。それでも痴漢と誤解されるようなことがないとも限らない。スカートの上から(偶然)触った,なんて場合だけじゃなく,別人が犯人だったなんてこともあるでしょう。
そればかりではない,魔がさして思わず,ってこともあるかもしれない。
いずれにせよ,こんな形で人生を終えなきゃならないなんて。
僕なんかも年齢とか顔つきとか痴漢と間違えられそうだと自分で思ってるんで,他人事じゃないんだよね。

リンク: 痴漢、取り押さえられ急死 JR天王寺駅.

 20日午前7時半ごろ、大阪市天王寺区のJR阪和線天王寺駅ホームで、電車内で痴漢行為をされたとして大阪府和泉市の短大生の女性(20)が同乗していた男の肩をつかんだ。男が逃げ出したため、通勤途中の八尾署の巡査部長(32)ら4人が大阪府迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕したが、直後に男の容体が急変、間もなく死亡した。
 天王寺署によると、男は所持品などから和泉市の会社員(40)とみられる。同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。
 調べでは、男は阪和線の鳳駅−天王寺間を走行中の快速電車内で隣り合った女性の脚をスカートの上から触ったという。


最近の駅のポスターで痴漢は人間のクズだとか,そんな感じのがあったと思うんだけど,4人掛かりで取り押さえるような大層な事件だったんだろうか,という疑問は残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

浅田真央の五輪可能性?

記事をよく読むとチンクアンタ会長としては日本のスケート連盟側に下駄を預けたっていうことなのかなという気がします。
五輪に出られないのにグランプリに出られるのは「プレッシャーが少ないから」ということらしいですが,だったら「ファイナルで1位になったら考えてもいい」ということにしてプレッシャーをかけた上でそれでも勝ったら,五輪に出すってのはどうでしょう?だめか。

リンク: <フィギュア>浅田真央の五輪可能性を否定 ISU会長.

 国際スケート連盟(ISU)のチンクアンタ会長は17日、国立代々木体育館(東京)で会見し、「五輪の年齢制限は総会で決められたこと。ルールはルール」と話し、グランプリ(GP)ファイナル初日のショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真央(15)がトリノ五輪に参加できる可能性を否定した。ただし、日本スケート連盟からの陳情があった場合、総会が開かれる可能性がゼロではないことも示唆した。


この間テレビで見てたら,スルツカヤが10代で五輪初出場したときには10位だったんだそうです。以来,苦労してきてやっと手にした「女王」の称号,そして五輪金メダルのチャンス。出場資格が本来はない選手に金メダルをさらわれていったんじゃやりきれない,というのはあるでしょうね。そしてそれは,出場権のかかっている日本の女子選手たちにとっても同じこと。彼女らには気が気でないことでしょう。
とはいえ,最終的に1位となって,対応を議論さえしないということになれば,アメリカのメディアあたりが騒ぎそうな雰囲気です。てゆうか,日本のメディアも少しは騒ぎますか。
理事会だけ開いて,やっぱりだめ、という結論に落ち着きそうな気が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

エースが語るロッテの強さの秘密

もう今年のプロ野球のことなんかどうでもいいじゃん,という向きもありましょうが。
何度もないことなので,これからも取り上げたいと思います>この話題(笑)

リンク: アテネでの経験が役に立ったプレーオフ.

自分中心で考えなかったことが勝因

レギュラーシーズンはソフトバンクに4.5ゲーム差の2位に終わったロッテ。西武とのプレーオフ第1ステージを2−1、3−1と接戦で勝ち上がると、ソフトバンクとのプレーオフ第2ステージに臨んだ。清水は、4−2と先勝して迎えた2戦目に登板。今季、ソフトバンクとは2勝5敗と相性が悪かったものの、7回2失点で勝利投手となり、リーグ優勝に王手をかけた。初めてのプレーオフ、31年ぶりのリーグ優勝のプレッシャーに加えて、ビジターでの登板、なおかつ相性も悪い相手に何を考えて投げたのか。

 自分中心で考えなかったことが勝因ですね。相手の立場に立って考えたんですよね。ソフトバンクは僕を打っているので。ソフトバンクにすれば僕に対して5勝2敗ですから。7回やって、5回勝てると踏んでくるし、そんな小細工もせず、どんどん振ってくるだろうし、まぁそういうスキをどっかで見つけてやろうと思って、最初はマウンドに上がりましたね。向こうは清水が投げてくる、5つ勝ってるし、今回も勝てるだろう、とどっかにスキが出てくるんですよね。なかなか打てないと焦りだすので、そこですよね。ソフトバンクに関しては、城島(健司)がいなかったというのは僕にとっても大きかったし、向こうのチームにとっても大きかったと思うし。何と言っても松中(信彦)さんを抑え込めたし。とにかくランナーをためないことでしたね。長打は警戒してもやられるときはやられるので、パワーはあるし、少々芯(しん)を外れたボールでもズレータは持っていったりしますので。長打警戒よりも何よりもランナーをためないことに気を付けましたね。


プレーオフについてよくいわれる意見で「レギュラーシーズン1位なのに正当に評価していない」というのがあります。
先日トラックバックをくださった方の意見もそうでしたね。
しかし,レギュラーシーズンはレギュラーシーズン。負けが込んでしまってモチベーションが下がってたり,今年の楽天の場合は明らかにレベルが低かった。そういうのを相手にした場合も成績にはいってしまう。見る側としては技術的にも高いもの同士が己のプライドを書けて真剣勝負をするからこそ,面白いと思える訳で。
僕なんか,基本的に球場まで足を運ぶなんてことはできなくて,もっぱらテレビやネットの速報で結果を確認するくらいしかできないんですが,それでも見るときにはちゃんとした,というのか,面白いと思える試合にしてほしいと思う訳です。
具体的には日本シリーズ第1戦のような(+_+)\バキッ
そうじゃなくて。
最後の最後まで目をはなせず,どきどきハラハラしながら見ていられるような。
勝っていても,負けていても,最終回まで見ていたいと思えるような,そんな試合を見たいと思う訳です。

だからこそ,9月から10月のペナントレース終盤以降,盛り上がるようにしてほしいと。その意味で,現在のプレーオフ制度というのはそれなりに支持できると思っているのです。
できれば,もう2チーム増やして,上位4チームでプレーオフするとか,できるといいですけどね。やっぱ,6チームは少ないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

iLandの弁明 ブログ風:新着記事

リンク: 書きたいことはいっぱいあんだけどね(ホントか?>自分).

目を悪くしてしまって,そろそろ半年になろうとしてます。
手術を受けないといけないとか,それでも視力が戻らない場合もあるとか,さんざん脅かされましたが,おかげさまで,なんとか手術も受けずにすみそうです。
とはいえ,発症前の状態に戻るにはまだ時間がかかりそうで。
一時期はパソコンの表示をだいぶ大きくしない友次も読めない状態でした。Macの場合,キーコンビネーションだけで画面の解像度を自由に変化させる機能がついていて,非常に助かりました。(リンク先に続く)


というような記事を書きました。こっちが本家のサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども狙った性犯罪前歴者 1割の所在不明

リンク: 子ども狙った性犯罪前歴者、出所後1割の所在つかめず.

 幼い子どもを狙った暴力的性犯罪の前歴者について、出所後の居住地などを法務省が警察庁に情報提供する制度の運用が始まった今年6月以降、出所した83人の約1割にあたる9人が所在不明となっていることが15日、警察庁のまとめで分かった。

 うち8人は、出所直後から全く行方が確認できない状態で、制度の限界が浮き彫りになった。


お犬様を守るためと称して,庶民を苦しめた生類憐れみの令。
江戸時代って怖い時代だったのね,と思う訳だけど,現代も犯罪者様の人権を守るため,人々の生活が脅かされる。何人子供が殺されようが人権を守るためには仕方ないのである。

いい加減にしろって。

制度の運用が改められたとしても,あくまでも事件を起こし,刑に服したものが対象となる訳であり,事件を起こしていないもの,あまつさえ,事件を起こしてもいろんな手段でもって不起訴になったものについてはどうしようもない。

そういうことなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

まだ,処分してなかったんかい!!

昨日記事を書いたときには,この事件についてはすべて終わったものと思ってたんですが。

リンク: 大津放送局記者を懲戒免職 放火事件でNHKが処分へ.

 NHKは9日、放火容疑で逮捕されたNHK大津放送局記者、笠松裕史容疑者(24)を懲戒免職処分とする、と発表した。処分は16日付の予定。NHKは「被害者の方々には申し訳なく、あらためておわび申し上げます」とのコメントを出した。


でもまあ,それはそれとしてですね。
昨日の記事で取り上げた,きっこの日記なんですが,書いてある内容自体面白いんですが,それはその,むしろ素人だから何のしがらみなくかけるってのは確かにありまして。プロの場合,書いたことについてある程度の根拠,証拠っていうのを(取材源秘匿の原則ってのはあるにしろ)もってないといかんわけです。素人の場合,単なる噂とか,ひどい場合には宇宙から電波で直接教えてもらったりとか(笑)それでもかまわんのですね。
あの日記に書かれてることぐらい,知ってる人は知ってることなのかもしれない。逆に多くの人が知っていても現実の政策決定にそれが影響するかどうかとは実は別問題で。ああいう日記でいろんな「事実」が「暴露」されても,政権の中枢近くにいる人たちにとっては痛くも痒くもない,のかもしれない。まあ,それが日本のブログの現状(レベルの低さ)ということなのかもしれません。いや,今後事態が急変して多くの政治家たちが右往左往するようになるかもしれませんが,日本のブログ界(どこにあんねん)の意気や如何にってところです。

それはともかく。
きっこさんの日記で一番注目すべきことは,その読みやすさだと思います。ある程度ややこしい内容を,わかりやすく,書いてあってですね。気に入りました。(つって,そのまま再訪しなかったり,爆)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/08

どうでもいいっちゃ、いいんだけど

紅白に誰が出ようが,出まいが,あんまり興味ないんですけどね。
スキウタってのもそんなアンケートが行われているなんてことも知りませんでした。

リンク: 橋幸夫 紅白から弾き出された無念とファンの怒り.

 先週「紅白歌合戦」の出場歌手が決定して、音楽界には不満が渦巻いている。なかでも、もっとも納得していないのは橋幸夫(62)だろう。

 橋は10月にNHKが発表した選考基準のアンケート「スキウタ」で上位60曲に3曲がランクインし、この段階で橋は当確といわれた。また、11月下旬の最終集計でも橋は2曲ランクインし、この時点で誰もが“出場決定”と思ったはずだ。

 ところが、フタをあけてみると落選――。橋サイドにはNHKから一度も打診すらなかったというから、NHKは橋を出場させる気がハナからなかったのだ。橋には合計17万人のファンが投票したという情報もあるからこの結果は不可解というしかない。


しかし,記事で書かれていることももっともな話で。
アンケート自体,ボクはいいアイデアだったと思います。しかしその結果をどうやって番組に反映させるのか,ということこそが一番重要な点のはずで。

こんなことやってるようじゃ,まだまだ受信料は払えませんね(+_+)\バキッ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

こりゃ面白い

早速むちゅうさんのブログを見に行きました。

リンク: 耐震偽造の背景に特定組織があるか否か.

「きっこの日記」によると、事件関係者の多くは特定の宗教団体に関係する人々であるという。そして、事件を総括的に取りまとめる立場の国土交通大臣(北側弁護士)もその団体の方であるため、「捜査が核心に及ぶのを阻止」することに必死なのだという。


で,記事で参照している「きっこの日記」を読んで,気に入ってしまった。残念なことにさるさる日記,サーバが2以降のものははてなアンテナに登録できないのですね。一応,このサイトのサイドバー(お気に入りブログ)に登録しておきました。

こういうの読むとプロのジャーナリストってのは一体何をしてるのかという気がしてきます。放火なんかやってんじゃないよ!
プロだからこそ,いろんなしがらみがあって自由に仕事できなくって放火しちゃうってのも理解できるんだけどね(理解しちゃいかん。てか,みんなが放火してるわけじゃない。)

放火はしてなくても,だ。何を報道するのか,という点について,あまりにも読者の認識と違い過ぎやしないか。ということを感じるのであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日のコメントについて

前のエントリむちゅうさん(いつの間にブログを,笑)がコメントしてくださった鳥海豊さんの本は今も売られているようです。ユーズドも出品されてるようですので興味のある方はどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/06

“拉致・監禁”といえば

「拉致監禁」をキーワードにしてGoogleで検索してみたら「統一教会員への拉致・監禁被害」というサイトが一番に出た。

この問題はtbirdさんが以前から関心を持ってくださってましたね。この記事など

実際に被害に遭われた小出先生の体験談「人さらいからの脱出」も読んでいただければと思います。(こちらの記事参照)

実はボク自身はこの問題について詳しいことを知らない。聞くところによると実家が相当金持ちじゃないと,彼ら(って誰?)は相手にもしてくれないんだとか。うちは貧乏だからね。

そういうことじゃなくて。

普通に社会人として一定の役割を果たしながら生活している人がある日突然社会との関わりを断たれることがあっても,「統一教会員である」という条件さえあれば問題にされないことがあり得るということ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/12/05

読書:安部公房「砂の女」

以前,遠藤周作の「沈黙」を買ったんですが,そのとき書いたように,一緒に他の文庫本も買ったんですね。
安部公房の「砂の女」です。
お恥ずかしいことに,ボクはこの小説のタイトルしか知らなかったんですけど,キャンペーンで平積みされていた文庫本の中で,ちょっと引かれるものがあったので買いました。
セカチューのヒット以来,店員さんが手書きで本の宣伝を書くというのをよく見ますが,そのとき「とにかく恐〜い話です」とかなんとか書いてあった気がします。安部公房の恐い話なら読まなきゃ。

読んでみて思ったんですが,これって北朝鮮による拉致事件そのものじゃないですか。安部公房亡き今,それを確認することなどできないと思いますが,でも彼の頭の中にそういうイメージっていうのはあったんじゃなかろうか。
「砂の女」でグーグル検索してみても,そういうことを書いてるページっていうのは見つかりませんが,どうもそんな気がしてならない。

単なる偶然,ということももちろんあり得るんだけど。

確かにぞっとする小説でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

「悪魔が入った」繰り返す−ピサロ容疑者

テレビその他の報道を見る限り,この男は単なる嘘つきやろうという印象を受ける。
「悪魔が入った」って言うけど,一般的な感覚で言うと「自分のせいじゃないと言いたいのか」ということになると思う。

多分,宅間守などと同様,人格障害の範疇の人間なんだろう。

リンク: 「悪魔が入った」繰り返す=偽名との指摘は否定−ピサロ容疑者・広島女児殺害事件.

 広島市安芸区の木下あいりちゃん(7つ)殺害事件で、逮捕されたペルー人フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)は2日、留置されている県警海田署で約1時間半にわたり弁護士と接見した。弁護士によると、同容疑者は「悪魔が入り、気が付いたら女の子は死んでいた」などと、前日と同様に「悪魔」という言葉を繰り返した。時折涙を流していたという。
 ピサロ容疑者は事件当日の行動について、「段ボール箱は自分から少しでも遠くに、と思ってあの場所に置いた」などと具体的に話した。前日までに話した内容と異なる部分はあったが、弁護士は「懸け離れた内容はない」としている。
 一方、ペルーでの前歴や服役についての報道を否定。また、偽名を使ったとの指摘にも「大変なことをしたのは事実だが、父親が付けてくれた名前まで否定されるのは残念」と漏らしたという。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/01

世界のトンでも判決?いいえ,日本の話

アメリカのどっかの州の,トンでも判決かと思ったら,日本の裁判所が出した判決だそうです。

リンク: バージンロードでつまずき大けが 式場に落ち度、賠償命令.

 ホテルの結婚式に参列し、バージンロードのカーペットにつまずいて大けがをした仙台市泉区の主婦(70)が、式場の石巻市の石巻リバーサイドホテルに約6080万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は30日、約1730万円を支払うようホテルに命じた。

 中丸隆裁判官は「バージンロードは新郎新婦と介添人だけが歩く神聖な場所」とした上で、「ホテルは式が終わってもカーペットを片付けず、参列者がつまずく原因をつくった」と落ち度を認めた。

 判決によると、主婦は2002年6月1日、義理のめいの結婚式に出席。式後にバージンロードをまたいだ際、カーペットの折り畳み部分に足を引っ掛けて転び、右脚を骨折した。出歩くのにつえが必要となった。


何年か前,マクドナルドで買ったホットコーヒーでやけどをしたから,賠償しろって言う話があったと思いますが,ついに日本の裁判所もアメリカ並みになったってことでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »