« HIV感染者・AIDS患者 | トップページ | ホリエモンについてのコメント »

2006/01/27

HIVが熟年女性に拡大の懸念

先日のエントリへのtbirdさんのコメント。こちらの記事が引用されてました。

リンク: HIVが熟年女性に拡大の懸念.

 50歳以降に初めてエイズウイルス(HIV)感染がわかる女性のうち、体調不良などで偶然見つかる場合が4割強に上ることが、エイズ治療の基幹的病院である東京都立駒込病院感染症科の調査でわかった。

 エイズは性行動の活発な若者の病気というイメージが強いが、調査を担当した看護師の堀成美さんは「中高年にも新たな出会いが広がり、リスクが低いとされた熟年以降に感染が広がる懸念もある」と警告している。日本エイズ学会で発表した。


この病気が特殊な集団においてのみ,問題となる病気だと思われているうちに,事態はあっという間に抜き差しならない状態になってしまうのかもしれない。なんてことを思うのです。

|

« HIV感染者・AIDS患者 | トップページ | ホリエモンについてのコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/8365263

この記事へのトラックバック一覧です: HIVが熟年女性に拡大の懸念:

» エイズ感染隠していた夫を妻が提訴 [ココログ版 iLandの弁明]
似たような記事ばっかり目に付いちゃいます。 なぜ,感染したのか,自覚している場合 [続きを読む]

受信: 2006/02/03 10:35

« HIV感染者・AIDS患者 | トップページ | ホリエモンについてのコメント »