« セのプレーオフ | トップページ | ライブドア堀江社長ら 事情聴取へ »

2006/01/17

宮崎被告、死刑確定へ

死刑判決以外の答えをだすことができない,というのが正直な思いだ。

リンク: 宮崎被告、死刑確定へ 幼女連続誘拐殺人.

最高裁上告棄却 完全責任能力認める
 埼玉県と東京都で昭和六十三年から平成元年にかけて四人の幼女が犠牲になった「幼女連続誘拐殺人事件」で、誘拐や殺人などの罪に問われた宮崎勤被告(43)の上告審判決で最高裁第三小法廷(藤田宙靖裁判長)は十七日、一、二審の死刑判決を支持し、被告の上告を棄却した。幼い女児を標的に特異な手口で社会に大きな衝撃を与えた事件は、発生から十七年で被告の死刑が確定する。


1988年といえば,僕が祝福を受けた年だ。

以来,似たような異様な事件は数多く起きている(思い出したくもない)。
精神疾患の疑いがあるというだけで,起訴すらも困難になる時代が過ぎ去りつつある。この事件に意味があるとすれば,そういうことだけなのかもしれない。

|

« セのプレーオフ | トップページ | ライブドア堀江社長ら 事情聴取へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/8204958

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎被告、死刑確定へ:

« セのプレーオフ | トップページ | ライブドア堀江社長ら 事情聴取へ »