« あくまでも自殺なんですと | トップページ | 憲法を守るためなら命もいらない »

2006/02/09

更新停止したみたい>溶解する日本

クライン孝子批判をやめるだけかと思ったら,ブログ自体の更新もやめてるみたいですね。

リンク: クライン孝子批判完結宣言>なぜこうした愚行を行ったか.

 これまで当BLOGではクライン孝子批判をどこにも増して行ってきましたが、これには理由がありまして、だいぶん前になりますが、あるBBSがやはりクライン孝子批判を展開したことがあり、確かにここにはクライン自身も主張したような多少の罵倒表現も含まれておりましたが、そこに主張されていたことは概ねクライン孝子の変節であるとか矛盾に関する正当な指摘であり批判であったと思います。


クライン孝子の日記については改めてコメントしたい,というかしないかもしれませんが(爆)
とりあえず当サイトの左カラムにリストされてますので見たことない方はどうぞ。

いつからだったか,佐藤さんには僕のエントリに積極的にトラックバックをいただいた時期がありまして,まあ僕の方は内弁慶というか筆無精というか積極的に人のブログにコメント書いたりトラバを飛ばしたりする方じゃないもんですから,佐藤さんの記事について大して言及することもなく無礼をしてしまったと思ってます。

佐藤さんの書かれる内容について,僕が気に入っていたのは,それがいつも「正当な批判」たりえていたという点でした。毎回アップされる分量がとにかく半端じゃなく,文章を読むのが苦手な僕にとって読むのが大変なブログではあったんですが,でも一生懸命読んで,その意味を汲み取ることに努めていました。日頃,いろんなメディアを通じて流れてくる情報というのは,それからどういう意味を読み取るのか,が非常に難しく,テレビやニュースサイトを眺めているだけではなんでそんなニュースが聴かされるのか,なんでそういう記事を読まされることになるのか,ほかに重要なことがあるんじゃないかとか,いろいろ思うわけです。僕のブログなんかは思いつきでエントリをアップしてるので,コメントした記事が重要なニュースなのかどうかさえあやふやなんですが,佐藤さんのブログで小さな記事にも背後にいろんなことが隠されてるんだなあと思わされるわけです。
日本はどうあるべきなのか,何をどう総括すべきなのかについて改めて考えるきっかけになったと思います。(考えた結果については文章力ないので書きませんが,笑い)

ネットでは声の大きい人の意見が全体の意見のように聞こえてくることがしばしばあります。ネットに限らず,そうなんですが。そういう中で単なる誹謗中傷ではなく,正当な批判を行うことのできる書き手というのは一人でも多い方が,世間のためな訳で,今回の更新停止は大げさな言い方をすれば社会的損失とも思えます。週に一回くらいでもなんか書いてほしいような気もする,今日この頃なのでした。

|

« あくまでも自殺なんですと | トップページ | 憲法を守るためなら命もいらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/8576792

この記事へのトラックバック一覧です: 更新停止したみたい>溶解する日本:

« あくまでも自殺なんですと | トップページ | 憲法を守るためなら命もいらない »