« 最近購入したCD もう1枚 | トップページ | 欲しいCD »

2006/02/16

論文データ不正、阪大2教授停職

ソウル大のファンウソク教授の問題とか,東大のなんとか教授の問題とか,いろんな事件を総合してみると,そういう人もいるってだけの話になっちゃうような気が。

リンク: 論文データ不正、阪大2教授停職…他にも3本ねつ造?.

 大阪大大学院医学系研究科などの論文データねつ造問題で、同大学は15日、論文の共同執筆者の下村伊一郎教授(42)を停職14日、竹田潤二教授(53)を同1か月、特任研究員(36)を戒告とする懲戒処分を発表した。

 論文の第一筆者の医学部6年生は厳重注意にし、倫理面の特別教育を行っている。同大学はさらに、研究グループが別のテーマで投稿した3本の論文で、ねつ造の疑いのあるデータを使っていたことも新たに明らかにした。(続きは引用元を参照のこと)


引用元の記事でも最後に触れているんだけど,この学生は教授らを提訴したらしい。→
こちらの記事

大学院生ならともかく,学部学生が研究データのねつ造なんかできるものなんだろうか。
ねつ造の過程というのはだいたい想像できる。学生の出したデータを見た教授(か誰か指導教官)が「こんなデータになるはずがない,もういっぺんやり直せ」と指導し(というか一方的に怒鳴りつけ)学生は指導教官の意に添ったデータに訂正し(これが“ねつ造”だ)教授はにっこりして「これなら世界的な雑誌に掲載してもらえる」ということで話が進んだんじゃなかろうか。憶測だけどね。裁判になるんなら,詳しいこともそのうちわかるかもしれない。
僕の思うにソウル大の事件も東大のやつも似たような経過だったんじゃないかという気がしてる。

しかし。200万の寄付金って。

 さらに、論文の執筆者を決める立場にあった竹田教授名の口座に、学生が2度にわたって寄付金100万円ずつを入金したにもかかわらず、竹田教授は大学に報告しなかった、などとしている。(前出読売新聞記事の続き)

|

« 最近購入したCD もう1枚 | トップページ | 欲しいCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/8690051

この記事へのトラックバック一覧です: 論文データ不正、阪大2教授停職:

« 最近購入したCD もう1枚 | トップページ | 欲しいCD »