« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

「矜持」認めず

「矜持」を「きんじ」と読むのは慣用読みなんだよ。わかってるんだけど,いつも「きんじ」って読んじゃうんだよなあ。
そうだ,子供の名前を「矜持」にすれば,読みを間違えることもなくなるに違いない!

...と思ったのかどうかはわかりませんが。(爆)

リンク: 「矜」使った命名認めず 慰謝料請求を棄却.

 国が人名に「矜(きょう)」の使用を認めないため「矜持(きょうじ)」と命名した二男(5つ)の出生届が受理されず、精神的苦痛を受けたとして、愛知県愛西市の小学校教諭の板谷信彦さん(41)が、国と市にそれぞれ約10万円の慰謝料を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁の渡辺修明裁判長は30日、原告の請求を棄却した。
 板谷さんは控訴する方針。
 渡辺裁判長は判決で、法務省が人名用漢字の選定基準とした国民の要望数で「矜」は少なく「常用平易とはいえない」と指摘。人名用漢字として認めなかったことが不合理とはいえないと述べた。
 板谷さんの「矜は普通の漢字で、意味も問題はない。使用が公共の福祉に反する事情はない」との主張を退けた。


41歳ですか。僕と同い年ですよ。
こういう訴訟を起こすような人が小学校の先生やってるってのが,現実なんだよなあ(T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/29

人工呼吸器はずしー何が問題となっているのか

人工呼吸器の取り外しについて聞いていないと話していた遺族が発言を訂正したのだそうです。

リンク: Sankei Web 社会 「同意していた」と遺族 呼吸器外し、自宅玄関に張り紙(03/29 00:50).

 富山県の射水(いみず)市民病院で、人工呼吸器を取り外された患者7人が死亡した問題で、発覚のきっかけとなった男性患者=当時(78)=の遺族が28日、以前の説明を全面的に訂正し、人工呼吸器の取り外しに同意していたことを明らかにした。遺族はこれまで、「相談もなく、同意もしていなかった」と話し、カルテに「(家族が)同意した」と記した外科部長(50)との食い違いが指摘されていた。
 遺族はこの日、自宅の玄関前に「父が倒れて病院に搬送され数日後、呼吸器の取りはずしの話が出ました。私たち家族は同意しました」と記載した張り紙を掲示した。
 遺族は外科部長から人工呼吸器の取り外しの説明があった後、麻野井英次院長(56)から取り外しは認められないといわれ、治療方針を病院に一任した、としている。


僕の父はがんで亡くなったんですが,死の数日前から昏睡状態が続き,母と弟と3人で泊まり込んでそのときを迎えました。父との意思の疎通は既に不可能であったわけですが,それでもその時間は貴重な時間であったと思います。人工呼吸器とかはつけなかったと記憶していますが,もしもつけていたらどうだっただろう。ひょっとして数日,命を長らえたかもしれませんが,果たしてその状況を僕も含めた家族が受け入れることができただろうか,という気がしてならない。死出の旅立ちという,人生において最も荘厳な瞬間を,機械でもってけがしてしまうような。
そういう意味で,担当医や患者の家族が「人工呼吸器を取り外す」という決断を下したこと自体には誰も批判などできないと思うのです。
批判されるべき点があるとすれば,手続き上問題がなかったかという点のみなんだと思います。(もちろんそれだって大切なことだとは思うけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセ科学シンポ

血液型性格診断をはじめとして,「面白いお話」として聞く分には全く問題ないわけですが,それが「科学的だ」と信じられるとなると大きな問題なのですね。
ガリレオだって,コペルニクスだって,彼らの学説はその当時には受け入れられなかった。現在に至るまで,数多くの学説が評価されることなく打ち捨てられ,後年になってその重要性を評価される,そういう例はいくらでもあるわけです。
じゃあ,今は「ニセ科学」と言われていても,将来確固とした学問として認められるかも知んないじゃん。
と思っているらしい人が,かなりの割合に上っていて,小学校の授業でそういうのを大まじめで取り上げちゃう先生もいるとなっては,対策を考えざるを得ない,ということのようです。

リンク: ニセ科学シンポ:血液型性格診断など議論 愛媛大で開催へ-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

 「ニセ科学」について議論するシンポジウムを、日本物理学会(佐藤勝彦会長)が30日、愛媛大学(松山市)で開く。血液型による性格診断など、社会に広く受け入れられている「科学的に見える非科学」にどう対応すべきか考える初の取り組みだ。
 シンポジウムを提案した田崎晴明・学習院大教授(統計物理学)によると、科学的に明確に否定されているのに「科学らしく」宣伝されている事柄をニセ科学と呼ぶ。検証が待たれる理論は別にして、ニセ科学は科学らしさを装った偽物という解釈だ。


記事の続きを読むと,このシンポは物理学会のセッションの一つとして開かれるようで,学会員以外は聞けないんだそうです。ぜひ,議論の内容を一般に(特にweb上で)公開してほしいものです。

※参考までに
物理学会でのシンポジウム「『ニセ科学』とどう向き合っていくか?」について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

矢井田瞳のCDを買った

そんな感じで最近いろいろCDを買ってるわけです。

以前の僕の認識だと,中古屋さんでもそれなりの値段がついてることが多くて,ホントに安いCDはかごの中にざらっと並べられてて,目の悪い僕には非常につらかった。もう少し若い頃だとがんばって探したりもしてたんだけど,昨年目を患ってからは探したくてもジャケットの細かい文字はとてもじゃないけど読めなくて探せなくなったんです。
タイトルだけをたよりに「あの曲がはいってるはず」と思って買ってみたら,しょぼいアルバムだったなんてこともありますからね。

ベストアルバムとか,コンピレーションアルバムがはやる所以です。

そういうこともあって,iTunes Music Storeには期待しておったわけですが,実際始まってみると,逆に実物のCDが欲しくなって,でも金はないし,アマゾンを利用するようになったわけです。これが意外に便利で,アマゾンの場合,収録曲のリストだけでなく,レビュワーのコメントも読めるので,非常に参考になる。よおく検討した上で,中古屋さんで探しました>こちら
#ごめんなさい>アマゾンさん

以前買った,i/Flancyはとても充実したアルバムだったんですが,矢井田瞳と言えば「ダリダリ〜ン」を聞きたいわけで。
森高のCDを買った中古ショップでは結構な数のCDが,アーティストごとに整理されて並んでいたので,探しやすかったんですね。最近の中古ショップってこんな感じなんだあ。
その店では結局おいてなかったので3軒も探しちゃいました。最後に入ったショップは結構でかくて,店内も明るく目の悪い僕には大変ありがたかった。2枚以上中古CDを買うと割引なんて特典もあったんですが,内容をチェックしてないアルバムを買う気持ちにはなれなかったので,これだけ,買いました。1枚だけでも十分安かったからね。

近所に安いCD屋さんがないときはアマゾンで購入しましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

森高のCDを買った

非実力派宣言」のページを調べていたら,近所の中古CDショップがリストされているのを発見。
歩いていける距離なんだけど,探すの面倒くさいしなあ,でも送料が浮くんならそっちの方がいいし。
と,悩んでおったのですが,ここんとこ,プチニート状態になってて(なんだそれ)時間があったのでそのショップを散歩がてら,探しにいったのです。その駅の商店街は思ったよりショボくって,店はすぐ見つかりました。
で。ありました,「非実力派宣言」。
アマゾンでの売値に送料を足したものが,その店での価格になってるんで,そのままだとアマゾンと同じ値段なんですが,レジで50%オフになるんだそうで。すぐに買っちゃいました。
で,あとで聞いてみて思ったんですが,「知らない曲ばっかり」(爆)
ほんとは「森高千里」ってよく知らないんですよお(T-T)

てゆうか,「臭いものにはフタをしろ!!」が含まれていないことに気づいてですね。
同じ店で「ザ・森高」を買っちゃいました。アマゾンだと1円で売ってますので,近所に中古屋さんがない方はぜひー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/22

日本代表、キューバを破り、初代世界一に!!

おめでとう,王ジャパン!!

リンク: 日本代表、キューバを破り、初代世界一に!! (スポーツナビ).

王JAPANが苦闘の末、初代世界一に! ワールドベースボールクラシック(WBC)決勝、キューバvs.日本が21日(日本時間)、米国のペトコ・パークで行われ、日本が10−6で乱打戦を制した。日本は、見事に参加16チームの頂点に立った。


僕の希望としてはホームランも一本くらい欲しかったところですが,とにかく勝つことが重要です。
電車の中でラジオで聞いてたんですが,電車が地下に潜る直前くらいに試合終了。なんとか,歴史的勝利の瞬間を耳にすることができました。4時過ぎに自宅に着いてからニュースなどやってるかと思ったら,休日の特別番組とかドラマとかやってて,イライラさせられました。夕方以降の各ニュース番組では一転,延々とWBC関連の話題をやってて,少し食傷気味...にはならないんだな,これが(笑)

とはいえ,ルールの問題,開催時期の問題など問題点も多々ありました。中でも,比較的対処しやすそうなのは勝ち残りのやり方でしょう。サッカーのW杯でも同じ地域の国同士がぶつからないように配慮するのが普通でしょう。
今回はアメリカとドミニカが決勝で戦うようになるといいな,という下心見え見えだったわけですが,当てが外れてしまったので,次回以降は公平な運営がなされるものと思われます(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

日本,決勝進出

絶望的な状況から,見事復活。

リンク: 投打かみ合った日本 韓国は死球が命取りに.

 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)田中義郎、高橋秀明】野球の国・地域別対抗戦、第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は18日(日本時間19日)、当地のペトコパークで準決勝2試合が行われ、日本とキューバが決勝進出を決めた。2次リーグの混戦をきわどく勝ち抜いてきた日本は、先発・上原をはじめとする投手陣と、イチロー3番に起用した新打線がかみ合い、2連敗中の韓国に快勝。七回は打撃不振で初めて先発から外れた福留が代打2点本塁打。里崎や代打の宮本、イチローが適時打を放つなど打線がつながり、打者一巡で5点を奪う集中攻撃をみせた。投げては上原、藪田、大塚の継投で韓国を4安打零封した。五輪で3回の金メダルを獲得するなどアマチュア最強といわれるキューバは、大リーグ屈指の強打者を並べたドミニカ共和国に逆転勝ちした。WBC初代王座を争う決勝は20日午後6時(日本時間21日午前11時)プレーボール。


決勝はアマチュアとして世界最強と言われるキューバです。ある意味,プロ野球対アマ野球,どちらが強いのか,という戦いでもあり,絶対に負けられない試合だと思います。
勝ち残りをかけた試合では,スモールベースボールの方が強いわけですが,ここはプロの力というか,ただ勝つのではない,見ていて面白い,興奮させるゲームをやってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/01

Re: よく分からん話だ

個人の匿名ブログで曖昧な書き方をしても仕方ないので,こちらの記事について追記します。

リンク: よく分からん話だ.

永田氏の国会での質問について「ヘッダ情報で確認したんだろうな」なんてことを書いたんですが,実はそれでメールが本物だと言えるのかどうかもわかんないと思うんです。


あくまでも僕の考える「真相」ですが,ホリエモンがあのような指示をしたメールはあったんだと思います。それが社内の人間によって転送されたか,プリントアウトされたか,あるいは単に外部の人間の目に触れただけかもしれない。あるいはそのメールの存在を口頭で外部の人間に伝えただけかもしれない。その情報に基づいて作られたのが,今回の「ねつ造」メール。なのではないかと。メールの内容は本物か,本物の情報に基づいているが,公表されたメールはねつ造。

正しい目的のためなら,ねつ造,未確認情報もオッケーって言うんなら,アサビーと同じだよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

当然のことながら,ココログ版の更新もしばらくお休みになります。

リンク: iLandの弁明 ブログ版::お知らせ.

ほのぼの 掲示板のほうで先日お知らせしたとおり,これから1~2週間管理業務をお休みします。

まあ,いつもと変わんないっちゃ,変わんないんですが(笑)


ところで今ブログ版のほうに投稿して気づいたんですが,RSSファイルが正常に表示されるようになってます。今までRSSを更新のたびに手書きで修正していたので,感涙ものです(大袈裟)

ま,ともかく。またお会いできる日を楽しみに。皆さんお元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく分からん話だ

永田氏の国会での質問について「ヘッダ情報で確認したんだろうな」なんてことを書いたんですが,実はそれでメールが本物だと言えるのかどうかもわかんないと思うんです。
メールのファイルって言うのは基本的にはテキスト情報であって,いくらでも偽造ねつ造が可能なわけです。ですから,ヘッダ情報を見ても,どこから,誰に向けて送信されたのかわからない,ことはあり得ます。(と思います。)
さらに,会社組織などではよくあることだと思いますが,上司の指示に基づいて部下が自分のパソコンを使って上司の名前でメールを打つってことも普通にありますから,ヘッダ情報で確認してもよくわからない,なんてことはあって当然だと。
会社と直接関係のないパソコン,ネットワークのIDを使えば,そしてその情報を受信者に口頭で伝えてあれば,問題なく通信は成立してしまうわけで。

あるいは,社内の人間がこの問題を告発しようとして,堀江からの直接の文面だけをコピーアンドペーストして,会社と関係のないネットワークから「フリージャーナリスト」に送った。ということだって十分あり得る。

というわけで,メールが本物と証明できなかったとしても,カネの流れを完全に否定できるわけじゃないんだけど,逆に,肯定することは困難になった,というのが結論でしょう。

リンク: 送金メール 小泉首相 民主党、前原代表の会見を批判.

 小泉純一郎首相は28日夜、民主党の永田寿康衆院議員の謝罪会見について「何をおわびしているのか、何が申し訳ないのかよく分からない。民主党、前原(誠司)代表には、もっとしっかりしてもらいたい」と厳しく批判した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は永田氏の謝罪会見をテレビで見たといい、「答弁を聞いていて、何を考えているのか分からなかった」と酷評。前原代表が辞任しなかったことには「民主党が考えることだからそれはそれでいい」と述べた。
 自民党の武部勤幹事長も28日夜、「誰に謝罪すべきかまったく分かっていない。極めて遺憾だ」と強く批判。二男が刑事、民事両面で訴訟を検討していることを明らかにした。


刑事,民事両面での訴訟を見当できるということは,証拠の隠滅工作(証言者への圧力工作)は終了したという意味なんでしょうかね。あ,証拠なんか最初からないのか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »