« 意識のホログラムにアクセスしよう | トップページ | 「受信料払って」と言いながらカラ出張 »

2006/04/20

国際法上何ら問題ない 麻生外相

昨日の記事に関連して。

リンク: asahi.com:竹島周辺の海洋調査「国際法上何ら問題ない」 麻生外相 - 政治.

 麻生外相は20日の参院外交防衛委員会で、竹島(韓国名・独島)周辺を含む排他的経済水域(EEZ)で海上保安庁が予定している海洋調査について「粛々と進める。双方が主張するEEZの重複する部分で、双方が調査することは国際法上、何ら問題ない」と述べ、日本側の調査の正当性を強調し、予定通りに実施する考えを示した。

 日本側が調査を強行したら調査船を拿捕(だほ)すべきだとの韓国政府内の意見について麻生氏は「測量船は非商業的目的の政府船舶で、国際法上、他国の管轄権の行使から免除されている。拿捕などの執行管轄権の行使は国際法上認められていない」と反論した。

 麻生氏は「(6月の国際会議で)日本の立場を主張するには、この地域の測量が必要だ」と調査の必要性を強調。「不測の事態をなるべく避けたいと思い、外交ベースで交渉が行われている」と述べ、事態打開のため折衝を続けていく考えを示した。


6月にドイツで地名について議論する国際会議があるんだそうで,韓国側は竹島周辺について自分たちの意見を通そうと画策しているらしいです。それに対して反対意見を述べる(ことができる)のは日本だけなわけで,この調査を行わなかったら,そのあとで何を言おうにも「国際会議で決まったから」ということになりかねない。
海上保安庁の人たちは銃口を突きつけられながら,調査を続けなければならないわけで,せめて世論は彼らの後ろ盾になってあげたいよね。

|

« 意識のホログラムにアクセスしよう | トップページ | 「受信料払って」と言いながらカラ出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/9679447

この記事へのトラックバック一覧です: 国際法上何ら問題ない 麻生外相:

» アジア [共通テーマ]
中国、韓国、北朝鮮との関係等々、アジアにおける社会・政治関連の記事をこちらに寄せてください。 [続きを読む]

受信: 2006/04/20 17:43

» 竹島分割統治案 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
livedoor ニュース:日本政府、外務次官を韓国に派遣=竹島問題の打開で 竹島をよく見よう。東島(女島)と西島(男島)の二つの岩礁でできている。一つを韓国領に、一つを日本領にして山分けすればこんな問題一気に解決する。... [続きを読む]

受信: 2006/04/21 17:21

» 今日一番腹の立ったニュース>外務省の暴慢と政治の無力 [溶解する日本]
 まぁどこの国にも外交と広義の警察との対立はあって、たとえばアメリカでも国防総省と国務省の路線対立は時に顕在化するほどに激しいものがあるのですから、日本で海保と外務省の意見対立があるのはある意味健全と言えると思います。... [続きを読む]

受信: 2006/04/22 19:25

« 意識のホログラムにアクセスしよう | トップページ | 「受信料払って」と言いながらカラ出張 »