« 半世紀ぶり歴史的和解 | トップページ | 韓国人学者、異例の批判論文 »

2006/05/18

あまりにもあほらしい対応

とにかく本人の意思を尊重するのがすべてに優先するという,信じられないような対応です。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <性同一性障害>これからの問題も… 兵庫の小2受け入れ.

 会見した地元の教育委員会によると、男児は5歳のころ、母親に「おちんちんは取れないの?」と問いかけ、自分が男児であることへの違和感を訴えた。兄と同じ少年野球教室に通わせようとすると、かたくなに拒み、バレエ教室に通わせると喜んでいたという。


真剣に論ずるのもあほらしいので(また詳しく論じるだけの能力もないので)ここではこれ以上突っ込みません。リンク元の記事をご覧ください。
今や高校や大学でも野球をやる女の子もいるのに?
バレエを喜ぶのは女の子だから?
それもまた性差別だろうよ。

|

« 半世紀ぶり歴史的和解 | トップページ | 韓国人学者、異例の批判論文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10128312

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにもあほらしい対応:

« 半世紀ぶり歴史的和解 | トップページ | 韓国人学者、異例の批判論文 »