« iLandの弁明 ブログ版::読書の時間 | トップページ | iLandの弁明 ブログ版::読書の時間:お言葉ですが... »

2006/05/10

もちろん間違いはないに越したことないんだが

立派な教科書に限らず,僕らがやってるようなブログであっても,誤記,誤植,誤ったデータなどはないに越したことはないんで。

リンク: 中学教科書65冊に記述ミス ひらがなを「ひらなが」.

本年度から使われている中学校教科書134冊のうち65冊の計208カ所に、誤記や古いデータの掲載があったことが10日、文部科学省のまとめで分かった。
 今年1月、高校教科書の「政治・経済」でグラフに誤りがあり、大学入試センター試験で教科書通りに解答して不正解になった例があったことから、同省が教科書会社に点検を依頼していた。
 文科省によると、誤記などが多かったのは国語の56カ所、公民32カ所、英語20カ所、地図20カ所など。
 国語で「ひらがな」を「ひらなが」と誤ったり、英語では「something」から「h」が抜け落ちていたりするなど、誤記や脱字が目立っ


しかしながら,以前からいってるような気がしますが,そういう間違いって言うのは人間が作っている以上,ある程度は起こりうるんであって,教科書に書いてあることを100%信じてしまう教育っていう,そっちのほうこそが問題なんじゃなかろうか。
センター試験のときも,出題意図をよく理解すれば,間違った教科書を使っていてもちゃんと正解できたはず,というコメントを読んだ記憶があるんだけど,そっちのほうがまっとうな意見だと思うんだよね。

|

« iLandの弁明 ブログ版::読書の時間 | トップページ | iLandの弁明 ブログ版::読書の時間:お言葉ですが... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10006867

この記事へのトラックバック一覧です: もちろん間違いはないに越したことないんだが:

« iLandの弁明 ブログ版::読書の時間 | トップページ | iLandの弁明 ブログ版::読書の時間:お言葉ですが... »