« 本の紹介:「妻業・夫業」―もっと幸せになる夫婦講座 | トップページ | W杯F組>ブラジル、1−0でクロアチアに辛勝 »

2006/06/13

第1戦の結果は? 2006FIFAワールドカップTM

瞬間最高視聴率60%超だそうです。

リンク: 日本、W杯初戦で豪州に1−3で逆転負け.

 12日、ワールドカップ(W杯)のグループリーグF組の初戦を迎えたサッカー日本代表は、ドイツのカイザースラウテルンでオーストラリア代表と対戦し、中村のゴールで先制したが、後半に3点を奪われ、1−3で逆転負けを喫した。 日本は前半26分、ゴール右斜め横から中村がクロスを上げると、ゴール前で高原と柳沢がオーストラリアGKシュワルツァーと交錯。ボールはそのままオーストラリアのゴールネットを揺らし、日本が1点を先制して前半を折り返した。 しかし後半39分、日本はゴール前の混戦からカーヒルにシュートを決められ、同点とされた。疲れからプレスがかからなくなった日本はその後、44分にまたもオーストラリアのカーヒルにゴールを奪われ、逆転を許す。日本は大黒を投入して巻き返しを図ったが、さらに試合終了間際の47分にアロイージにダメ押しとなる3点目を奪われた。 オーストラリアに1−3で逆転負けを喫した日本は、グループリーグ突破に早くも黄色信号がともった。日本の第2戦は18日、ニュルンベルクでクロアチアと対戦する。


結果は結果として受け止めるしかないんだけど,ドイツ戦やマルタ線で課題とされた部分が何の修正もなく露呈してしまった印象です。宮本や中沢の危険な場所でのファウルもまた出てましたしね。
同点ゴールの場面は,直前のナイスセーブで川口に気のゆるみが生まれてしまったのかなあという感じがします。
さらに同点に追いつかれたあと,守備の選手たちに一気に疲れが出てしまった。

正直,オーストラリア相手に勝ち点とれなかったら,あとどうなるんだ?

ここはひとつ電通様のご威光でFIFAを動かしていただくしか!(爆)

|

« 本の紹介:「妻業・夫業」―もっと幸せになる夫婦講座 | トップページ | W杯F組>ブラジル、1−0でクロアチアに辛勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10507422

この記事へのトラックバック一覧です: 第1戦の結果は? 2006FIFAワールドカップTM:

» 愛国心について [iLandの弁明 ブログ版]
教育基本法の論点の一つとして取り上げられることの多い,この言葉。 ワールドカップだのオリンピックだのといった華やかな舞台を見ていても,愛国心というものを考えさせられます。 愛するということについて,以前から取り上げてますが,愛する対象が優れているとか,自... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 13:11

« 本の紹介:「妻業・夫業」―もっと幸せになる夫婦講座 | トップページ | W杯F組>ブラジル、1−0でクロアチアに辛勝 »