« ジーコ監督「2つの顔」 | トップページ | 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ »

2006/06/07

こういうことはきっちり調べるんだな(笑)

さすがは朝ピー。いい仕事してます(笑)

リンク: asahi.com:ネットで流行「アインシュタインの予言」、人違い? - 社会.

 アインシュタイン博士が日本をべた褒めしたとされる「アインシュタインの予言」という文章が、ネットや一部の書籍で広まっている。だが実は、博士とはなんの関係もない言葉が孫引きで広まっただけだと、東京大学の中澤英雄教授(ドイツ文学)が主張している。調査でたどり着いたのは、シュタインという法学者の言葉とされていた文章だった。

 「神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを」といったくだりがあるこの文章は、多少の相違はあるものの、1950年代から軍人や宗教家の書籍で紹介され始め、最近は日本文化を誇る「ちょっといい言葉」としてネットで引用されることも多くなった。

 だが出典が常にあいまいで、内容も博士の思想とは相いれないのではと疑問を持った中澤教授が、この言葉のルーツを追ってみた。その結果、アインシュタインの言葉として引用されている例として一番古いのは、56年の書籍であることがわかった。

 さらに戦前にさかのぼると、文意がよく似た文章が28(昭和3)年の『日本とは如何なる国ぞ』という本のなかに記されているのが確認できた。著者は、戦時中の日本の国体思想に大きな影響を与え、「八紘一宇」という言葉の提案者である宗教家の田中智学だった。

 ただし、この本では予言を語った人物はローレンツ・フォン・シュタインという明治憲法成立にも大きな影響を与えたドイツ人の法学教授だとされていた。

 中澤教授は、田中智学がこの言葉を知るもととなったシュタインの講義録などにも当たってみたが、該当する文章を見つけることはできなかったという。


仮にこの文章が本物のアインシュタインの言葉であったり,シュタインの言葉であったりしても「ほーら,有名な先生がこんなこと言ってんだよお」なんて感覚で流布してしまうところが,浅はかだと感じるわけですが。

朝ピーの記事ですから,何日か経ったら,こっそり修正されちゃうこともあり得るんですが,その,日本人の持つ,浅はかさの部分は否定しようがないんですよ。

|

« ジーコ監督「2つの顔」 | トップページ | 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10427157

この記事へのトラックバック一覧です: こういうことはきっちり調べるんだな(笑):

« ジーコ監督「2つの顔」 | トップページ | 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ »