« 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ | トップページ | 北、卑劣な謀略…「拉致被害者救出運動潰し」狙い »

2006/06/07

両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負

昨夜,このニュースをテレビで見て(報道ステーション),天皇陛下のお言葉に結構感動を覚えたんだけど(肉声ではなくナレーターによる要約だけではあったんですが),各メディアの記事でこうやって読んでみるとまるで当たり前のことしか言ってない印象を受けちゃいますね。

リンク: 両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 8日からのシンガポール、マレーシア、タイ3か国訪問を前に、天皇、皇后両陛下は6日、皇居で国内外の記者と1時間にわたって会見された。

 天皇陛下は「訪問が相互理解と友好関係の増進に少しでも資するならば幸いに思います」と述べられた。
 その上で陛下は、東南アジアに大きな被害をもたらした先の戦争に触れ、「日本人を含め多くの人々の命が失われました。そのことは返す返すも心の痛むこと。私どもはこの歴史を決して忘れることなく、各国民が協力し合って、争いのない世界を築くために努力していかなければならないと思います」と強調された。
 外国メディアの記者からは、「愛国心」をめぐる表現が焦点となっている教育基本法の改正について質問があり、陛下は「憲法上の立場から述べることは控えたい」と断った上で、「日本の人々が自分の国と自分の国の人々を大切にしながら、世界の国の人々の幸せについても、心を寄せていくように育っていくことを願っています」と話された。


読売の記事が僕の受けた印象に一番近い書き方のように思ったんで引用しました。
外国人記者からの質問は昨夜のテレビによると「教育基本法の改正がなされると戦前の教育に戻るんじゃないか」という懸念に関するものでした。
戦前の教育,皇民化教育とかいうやつの問題点というのは明治憲法の問題ではなくして,その当時,軍によって政党政治が圧殺されていき,それを大衆が支持してしまったという点にこそあるんであって,陛下のおっしゃったことは(昨夜の報道を見る限り)そういうことを指摘されてたと思うんです。
そのお言葉を聞いて,今上陛下というのはなんと真っ当な意見を述べられる方だろうと思って感動したわけなんですが,ニュースサイトをざっと見て回ってもそういう解説をする記事がなんで見つからないんだろう。

|

« 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ | トップページ | 北、卑劣な謀略…「拉致被害者救出運動潰し」狙い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10428172

この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負:

« 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ | トップページ | 北、卑劣な謀略…「拉致被害者救出運動潰し」狙い »