« こういうことはきっちり調べるんだな(笑) | トップページ | 両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負 »

2006/06/07

韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ

拉致問題の解決とは何か,定義もはっきりしないまま,日韓の連携などあり得ないということを思わされます。

リンク: Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - 訪朝意思正式表明へ 金英男さん母 韓国の家族団体 「救う会」を批判.

 【ソウル6日原田正隆】韓国の通信社・聯合ニュースは6日、横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者金英男(キムヨンナム)さんの母・崔桂月(チェゲウォル)さん(78)が8日に記者会見を開いて北朝鮮訪問の意思を正式に表明すると報じた。

 崔さんはこれまで「亡くなる前に一度でいいから息子に会いたい」「北朝鮮が来いと言うなら行く」と繰り返し強調し、5月下旬の日本訪問の際にも国会証言などで、その意思を表明。これに対し、めぐみさんの両親の滋さん(73)と早紀江さん(70)は「訪朝は北の幕引き作戦に乗ること」として思いとどまるよう説得していたが、今回、日韓両家族間の立場の違いがあらためて鮮明になった形だ。


素朴に考えて,被害者の家族というのは国がどうなろうが,自分の息子娘が幸せに暮らしていることさえわかれば,傍目には幸せに見えずとも,本人がそう言っているのであればそれ以上何も言えないわけです。
それが不可能であるからこそ,横田さんご夫妻をはじめとするご家族がひたすら運動を続けてこられ,ようやく北朝鮮がその事実を認めるに至った。
国にとって,一つの家庭がどんな目に遭おうが,些末な問題として見捨てられるという現実があって,それが故に「政治的」な運動として展開されてきたわけです。拉致問題が政治的な問題として政治家たちに利用されたことによって北朝鮮よりの政治家の声を弱体化させることがようやく可能になったわけです。
それ以外に,拉致被害者の全員奪還する手段はないってことだと思うんですけどね。

|

« こういうことはきっちり調べるんだな(笑) | トップページ | 両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10428304

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国拉致被害者家族訪朝意思正式表明へ:

« こういうことはきっちり調べるんだな(笑) | トップページ | 両陛下、東南アジアご訪問を前に記者会見で抱負 »