« W杯強化試合最終戦 1-0で勝利 | トップページ | ジーコ監督「2つの顔」 »

2006/06/05

秋田小1児童殺害事件

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 畠山容疑者の毛髪とほぼ一致=遺体搬送時に付着か−豪憲君殺害事件・秋田県警.

 秋田県藤里町の町立藤里小1年米山豪憲君(7つ)殺害事件で、遺体に付着していた毛髪を鑑定した結果、死体遺棄容疑で逮捕された同じ住宅団地に住む無職畠山鈴香容疑者(33)の毛髪とほぼ一致していたことが5日、県警能代署捜査本部の調べで分かった。捜査本部は豪憲君の遺体を運んだ際などに付いたとみて、畠山容疑者の事件当時の行動を追及する。
 調べによると、畠山容疑者は5月17日午後3時半ごろから18日午後3時ごろの間、能代市二ツ井町の米代川左岸の市道脇草地に豪憲君の遺体を遺棄した疑い。


週刊誌によれば(ってどの週刊誌だか忘れちゃいましたが)亡くなった娘との母子関係もおかしかったようです。虐待まではいかなくてもいわゆるネグレクトの状態だったらしい。

今のところ,遺体遺棄の容疑のみ認めているようですが,殺害についても明らかになっていくんでしょう。

|

« W杯強化試合最終戦 1-0で勝利 | トップページ | ジーコ監督「2つの顔」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10400024

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田小1児童殺害事件:

» 今度は警察犬!【秋田小1児童殺害事件】 [観劇レビュー&旅行記と日記]
昨日から引続き【水死女児の母逮捕】についての決め付け報道への反論。  TVや新聞を見ていると、これだけを、疑う事無く見ていれば、容疑者を『凶悪な犯人だ』と思う視聴者・読者も少なくないであろうと思う。  完全な、誘導(あるいは“扇動”と言っても過言ではない)報道である。  今朝の『朝ズバッ』では、『警察犬が被害者宅から容疑者宅に何度も行った』と言う情報を『証拠』扱いして、みのもんた氏は性懲りも無く、容疑者を犯人と断定し... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 15:56

« W杯強化試合最終戦 1-0で勝利 | トップページ | ジーコ監督「2つの顔」 »