« ブラッター会長「アジア勢全滅は事故」 | トップページ | 日本代表監督問題 »

2006/06/30

金英男さんの「拉致否定発言」はウソ

リンク: livedoor ニュース - 金英男さんの「拉致否定発言」はウソ.

(前略)
 こうした言葉は「拉致被害者はいない」「北でいい暮らしをしている」というこれまでの北朝鮮の主張とまったく同じであるため、金さんは北朝鮮当局の指示に従って会見しているとみられている。また、韓国捜査当局の調査結果や、金さん拉致に動員された金光賢(キム・グァンヒョン)元対南工作員の供述ともまったく相いれないものだ。拉致被害・脱北人権連帯のト・ヒユン代表はこの会見について「金さんは北朝鮮当局が書いたシナリオどおり話しただけで、政治ショーにすぎない」と述べている。 また金さんは、めぐみさんの生死について「結婚前から病的な症状があったが、出産後さらに悪化し、うつ病に精神異常の症状まで現れた。結局1994年4月13日、精神病院で自殺した」と語った。金さんと同時期に韓国で拉致された高校生・洪建杓(ホン・ゴンピョ)さんらについて「何も知らない。よく分からない」と答えた。 そして「党の懐に抱かれ、本当に幸せに暮らしてきた。人をうらやましがることなく暮らしている」と述べ、韓国の送還要求に応じるつもりがないことを明らかにした。
(後略)


とりあえず,韓国の新聞でもこういう記事が出ているということで。でもこういう論調が全体の中ではどれくらいの割合になってるんでしょうかね。
高校生が親に連絡もなく,30年近くも過ごしてしまったことに,何の弁明もないというのも相当大問題だと思うんですが。今後も韓国には行くつもりないみたいです。

めぐみさんの「遺骨」を返してもらえないとかってなんかいってましたが,もしあの「遺骨」が本物だというんなら,彼は再婚して別の家庭が既にあるんだから,「遺骨」の持ち主は横田さんご夫妻なんじゃないかと思うんですが,そういうことは誰も指摘しないんですかね。

まあ,それもこれも出来の悪いシナリオライターのせいなんでしょう。

|

« ブラッター会長「アジア勢全滅は事故」 | トップページ | 日本代表監督問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10732314

この記事へのトラックバック一覧です: 金英男さんの「拉致否定発言」はウソ:

» 金英男氏の会見そして金正日の行方 [溶解する日本]
 家族会の皆さんが南鮮拉致被害者との連携を模索して訪韓したときからこういう展開になることは僕も含めた多くの人が予見していた、馬鹿馬鹿しいほどにその通りになったわけですが、思えば金英男氏も気の毒なことです。 現在まだ南鮮の報道を一切見ていませんので、どういう反響が起きているのかわかりませんが、これでただでさえ関心の低い南鮮世論がより拉致に無関心になってゆくのか、あるいは北鮮に対する怒りをあらわにして関心が高まったゆくのか... まぁ北鮮の政治経済的な植民地である南鮮にあまり多くを期待しな...... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 19:28

« ブラッター会長「アジア勢全滅は事故」 | トップページ | 日本代表監督問題 »