« 「突発的に北朝鮮入国」はまずあり得ない | トップページ | 中田選手の引退 »

2006/07/04

リストアップしたけど,記事で紹介してなかったもの

左のリンクリストに登録したけど,記事では取り上げてなかったものを書いておきます。

すでに自分で読んで面白かった本。
言霊—なぜ日本に、本当の自由がないのか
井沢元彦の本です。1991年刊行。
今回のワールドカップでの日本の惨敗って言うのは,多くの解説者,ジャーナリストたちは予想してたんじゃないだろうか。しかし,テレビとか,新聞の大きな見出しの記事で,そういう冷静な予想が解説されることはなかったような気がする。ちゃんとした分析記事を戦前に掲載,放送したところで誰も読まないでしょう。この本でテーマとなっている「言霊(コトダマ)」というのは改めて説明するまでもないと思います。冷静に分析すると日本は勝てそうにないという発言をすると,本当に負けちゃうということです。まあ,そういうことはあるかもしれない。問題は分析の結果,日本は負けるという結果が出た場合でも,日本は勝つと言っていれば勝てそうな気がしちゃうということです。で,日本は負けるという分析結果を無視したり,言説を暴力的に封殺してしまうことで,勝てそうな気がする(でも実際には勝てないとわかっていたりする)。
ネットでの言論活動が活発になっても,いまだに「言霊」が日本のメディアを覆い尽くしているんだと思います。

日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日


まだ読んでない本。買いたいと思ってる本。
「関係の空気」 「場の空気」

駅伝がマラソンをダメにした


素数ゼミの謎

空間の謎・時間の謎

はじめての“超ひも理論”

龍の仮面(ペルソナ)

陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

最強の国語力 (小学4年以上) 難関レベル斎藤孝やる気のワーク

 

|

« 「突発的に北朝鮮入国」はまずあり得ない | トップページ | 中田選手の引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/10786676

この記事へのトラックバック一覧です: リストアップしたけど,記事で紹介してなかったもの:

« 「突発的に北朝鮮入国」はまずあり得ない | トップページ | 中田選手の引退 »