« 靖国問題に関連して | トップページ | 捏造記事だったん? »

2006/07/21

昭和天皇発言メモ、首相は参拝への影響否定

首相のこのコメントは,正しいと思いますね。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 昭和天皇発言メモ、首相は参拝への影響否定.

 小泉首相は20日夕、昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示し、靖国神社参拝を中止したとする当時の宮内庁長官のメモが見つかったことに関連し、自らの靖国神社参拝について「(影響は)ありません」と述べ、メモには左右されないとの考えを明言した。


仮にこれが今上陛下のご発言だったとしても,首相や,ある個人の行動に対して影響があってよいはずはないのであって。
A級戦犯合祀の問題については,戦犯の名誉回復が国会で全会一致で可決されて,提出された名簿を一宗教法人である靖国神社が受け入れたということだと理解してるんですが,どうなんでしょう。そのことについて,天皇が意見を言って,そのお心を汲んで靖国側が対処しなくてはならない法があるんだろうか。
首相も政府もそういうような説明をしてきたと僕は理解してるので,その説明に沿って参拝するなり,なんなりしてほしいと思うんです。

現憲法ではもちろんのこと,明治憲法下でも(また歴史上ほとんどの時期においても)天皇が政治に対して直接口を出すということはなかったと思います。大東亜戦争のとき,御前会議でいろいろ議論されたときも天皇は同席はされるけれども,大臣たちの議論の行方をただ,眺めていることしかできなかった。だから,日本の行く末をおよそ考慮することなく,でたらめな議論を続ける官僚や軍人たちに対して,怒りを感じておられたのは事実かもしれない。まあ,想像ですけど,そんな気はします。

|

« 靖国問題に関連して | トップページ | 捏造記事だったん? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/11039127

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇発言メモ、首相は参拝への影響否定:

» 「富田メモ」を引き合いに晋林波の語る中共の立場 [佐藤 健の溶解する日本]
 晋林波は中国においては日本や朝鮮問題の専門家だと思いますが、その晋林波に産経新聞が行った「富田メモ」に関するインタビューが昨日の朝刊に載ってましたのでご紹介します。 ネット内では昨日あたりから当該メモが日本経済新聞社の歪曲・捏造であるということが暴かれつつありますが、僕自身は真であれ偽であれ、先の陛下のお言葉と称する物がこんな下らない政治闘争の具として使われることに憤るのみであり、そのことに関しては真偽の与える影響はまったくありませんから真偽問題にまで踏み込むつもりはありません...... [続きを読む]

受信: 2006/07/26 02:07

« 靖国問題に関連して | トップページ | 捏造記事だったん? »