« 復習,じゃなくて復讐(ベタやなあ,笑) | トップページ | これは“グッドニュース”でしょう »

2006/08/15

首相靖国参拝

報道各社の取り上げ方は,中曽根首相の参拝のときから何十年経っても変わんないんだなあ。伝統芸といわれる所以(笑)

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <首相靖国参拝>61年目に騒然 祈りの日、賛否の思い交錯.

 61回目の終戦の日を迎えた15日朝、一段と強まる雨の中、小泉純一郎首相は靖国神社を参拝した。01年自民党総裁選での公約を優先して、任期中最後の8月15日を参拝の日に選んだ首相。その姿を、靖国で、広島や沖縄で、中国、韓国で、さまざまな思いとともに見つめた人たちがいる。靖国は、午前9時段階で前年比5倍の1万835人、昼を過ぎても「昨年よりかなり多い」と職員が驚くほどの参拝の列が続く。騒然とする中での慰霊の日となった。


実は先日,初めて靖国参拝いたしました。国のために犠牲の道を行かれた方々の霊を慰め,その協助を得るために。なんちて。
遊就館も見学しましたけどね。先日のエントリでリンクした記事にあったような,おどろおどろしいものではなかったですね。確かに戦時ニュースらしい映像も流されていたんですが,それ以外の展示というのはあくまでも戦争の歴史について淡々と解説しているだけという感じで。確か日露戦争の話だったと思う。違ったかもしれないけど。その映像にしたって順路の途中,狭いスペースに立ったまま見なきゃなんないので,疲れちゃいます。てことで数分だけ見て通り過ぎました。

幕末から明治,大正,昭和と,近代日本が成立し,現在に至る過程で,命を落とされた方々がいて,その犠牲の上に僕たちの現在がある。そのことは忘れないようにしたい。そういうことだと理解しました。

関連記事:靖国問題に関連して

|

« 復習,じゃなくて復讐(ベタやなあ,笑) | トップページ | これは“グッドニュース”でしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/11448310

この記事へのトラックバック一覧です: 首相靖国参拝:

« 復習,じゃなくて復讐(ベタやなあ,笑) | トップページ | これは“グッドニュース”でしょう »