« ユーザーアカウントと遺族のアクセス | トップページ | 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し »

2006/10/13

「なれ合い型」学級崩壊が急増

子供を絶対的に愛していることを実感させながら,一方で厳しく規律というものを教えていく。
子供の教育というのは基本的にそうあるべきだと思うけど,僕なんか自分の子供に対してすらちゃんとできてないってのがあって,学校の先生,大変だよねって思っちゃう。

リンク: Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 「なれ合い型」学級崩壊が急増 「反抗型」影潜め 一見和やか 先生は友達….

 子供の教師への反発が広がって学級運営が立ち行かなくなる「反抗型」の学級崩壊が影を潜める一方で、友達感覚の優しい先生とのなれ合いの末に秩序が崩れる「なれ合い型」の学級崩壊が都市部の小中学校を中心に急増していることが、都留文科大学の河村茂雄教授(心理学)の調査研究で分かった。こうしたケースは、表面上は和やかな雰囲気の教室に崩壊の兆候が潜むだけに、教師の落胆も大きく、立て直しのための処方箋(せん)も見つけにくいという。(全文を読む


この記事の後ろのほうに,
学級のルールが守れなくても「今日は仕方がない」などと特例を設けたり、私語を許すなどルール作りがおろそかになり、子供側には「ルールは先生の気分次第」という空気が生まれる。

という一文があるんだけど,これって飲酒運転に対するこれまでの世間の見方と同じなんじゃないの?なんてことをちょっと思った。
日本全体が「なれ合い型学級崩壊」状態だったのかもしれない。今,その状態に気づき始めた,そんなところなんじゃないか。

|

« ユーザーアカウントと遺族のアクセス | トップページ | 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/12263579

この記事へのトラックバック一覧です: 「なれ合い型」学級崩壊が急増:

« ユーザーアカウントと遺族のアクセス | トップページ | 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し »