« 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し | トップページ | 買おうかと思ってる »

2006/10/16

聖職者の妻帯

事実関係としては記事に書いてある通りで,つけ加えることはないんですが。

リンク: Sankei Web 【イタリア便り】 聖職者の妻帯(10/15).

 カトリックでは、ミサを挙げられる司祭には男性しかなれず、その司祭に叙任されるときには生涯を独身で過ごす誓約を立てる。つまり、結婚して家庭に煩わされたり、個人財産への執着が生じたりすることなく、生涯を神と伝道にささげることを誓うわけだ。だが、司祭も男性である。女性にひかれて結婚に踏み切り教会から離れざるを得なくなることもある。
 ザンビア出身でエクソシスト(悪魔払い)として名高い黒人のエマヌエル・ミリンゴ元大司教(76)もそのひとりだ。2001年5月、ニューヨークで韓国の統一教会創始者、文鮮明師が主催する合同結婚式で、韓国人女性鍼灸(しんきゅう)師と結婚し、ローマ法王庁を驚かせた。だが、法王庁が説得した結果、一応は結婚をあきらめ同年8月、前法王ヨハネ・パウロ2世から許しを得て、5年間イタリア国内の修道院にこもった後、アフリカに帰った。
 その元大司教が今夏初め、突如、ワシントンに移り、先の女性と再び同棲(どうせい)を始めた。そのうえ、「結婚した元司祭グループ」を結成して、「聖職者の独身誓約」に反対運動を起こし、4人の妻帯元司教を再び司教に任命した。法王庁は直ちにミリンゴ氏をカトリック最大の罰である破門にした。全世界には妻帯元司祭が15万人もいるので、この分派活動の行方が注目される。


こうやって歴史は動いていく。
これでもって,統一教会が一気に世界に受け入れられていくとか,そういうことはよくわからない。とにかくどこかに流れていくんだと思う。

|

« 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し | トップページ | 買おうかと思ってる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/12305253

この記事へのトラックバック一覧です: 聖職者の妻帯:

» 【韓国】 済州地域国際結婚移民者の国籍、中国>ベトナム>日本の順[10/31] [2ちゃんにゅーす]
(ニューシース)国際結婚を通じて済州島に住んでいる結婚移民者の国籍は中国人が一番多く、続いてベトナム、日本、フィリピンの順序であることが明らかになった。31日法務省済州出入国管理事務所によれば済州道内 [続きを読む]

受信: 2006/11/02 00:16

« 発端は学年主任の「いじめ発言」繰り返し | トップページ | 買おうかと思ってる »