« 「いじめ」認め,謝罪へ | トップページ | こういうのは「いじめ」っていわないの? »

2006/10/31

履修不足の後始末

「現実的な解決策」ってやつですね。
今回のこの問題に関して,救済策をとることについて,ずるをしたもん勝ちになるからけしからんみたいな意見を見かけることもあるんだけど,日本て言うのは僕の知る限りすべてにおいてそういう感じで動いてきたわけで。

まあ,どうでもいいですけど。いずれにせよ,学校の責任て言うのはちゃんととってほしい。授業やったからおしまいじゃなくてね。
で,文科省の責任てのは問題になんないんですか?

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <履修不足>救済措置の補習「上限70コマ」…政府方針.

 政府は31日、高校の履修不足問題に関する救済措置で、補習を課す上限を70コマ(1コマは50分授業1回)とする方針を固めた。伊吹文明文科相は同日の閣議後会見で、未履修者に課す補習時間について「300時間の補習は現実的でない。大部分の人が(履修不足が)70コマということが一つの手がかりになる」と語った。また、履修不足のまま大学進学などしている既卒者については「与えられた権利は重大な過失がない限り取り消せない」と述べた。(全文を読む


そもそも,授業時間数だけ(ではないと思うけど)を基準に履修を判定するってのはどうなんだろう。
逆に授業時間だけ足りていても,全然理解できてなければ高校だと単位はもらえないと思うけど,小中学校くらいなら勉強ができないという理由で卒業させてもらえない子供はいないと思う。
でも厳密なことを言えば,理解できてないんなら小学校からやり直すべきじゃないかという気もする。
そこら辺は,担任や校長がいいって言ったんだからいい,ということなんでしょうけど。
でもそういうことなら,今回の問題に関しても校長や担当の教師がいいと思ったんだからいいんじゃないのかという気がするんですけどね。現代社会の授業でもって世界史の内容をカバーしたからいいんだってことでいいじゃん。それでも問題だってんなら,教育現場に対するそれこそ介入でしょうよ。

君が代を歌うことについては必死で抵抗する人たちが,こういう問題に関しては何も言わないって言うのは不思議だ(笑)

|

« 「いじめ」認め,謝罪へ | トップページ | こういうのは「いじめ」っていわないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/12500767

この記事へのトラックバック一覧です: 履修不足の後始末:

« 「いじめ」認め,謝罪へ | トップページ | こういうのは「いじめ」っていわないの? »