« iMiリサーチバンク: 履修単位不足問題 | トップページ | ドラフト制度 »

2006/11/21

いじめ>加害者からの相談も急増

「いじめ」は教育の問題ではない,という意見もあるんだけど,適当なカテゴリーも思いつかなかったので,とりあえず「教育」の問題として。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <いじめ>加害者からの相談も急増.

 いじめ自殺が社会問題化する中、各種機関への子どもたちや親からの相談が急増している。「どうしたら抜け出せるのか」など被害者からだけでなく、加害者側からの相談も目立ってきたという。電話やメールで子どもたちの世界に接してきた担当者からは「被害者と加害者が簡単に入れ替わる環境の中で子どもたちはストレスを抱えている」との指摘が出ている。(全文を読む


本当に被害者と加害者とが簡単に入れ替わるのか,よくわかんないんだけど,加害者側にたった人間がいじめをやめられなくなるのは何となくわかる気がする。いじめをやめると自分が標的になるんじゃないかという恐怖心があるんじゃなかろうか。曖昧な言い方しかできないんだけど。

キムジョンイルは今の体制を崩せば,自分が殺されるかもしれないという恐怖感の中で,独裁政治を続けているんだと思う。あるいは独裁者は全部そうなのかもしれないが。

|

« iMiリサーチバンク: 履修単位不足問題 | トップページ | ドラフト制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/12770803

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ>加害者からの相談も急増:

« iMiリサーチバンク: 履修単位不足問題 | トップページ | ドラフト制度 »