« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

再チャレンジの道はない

時々こういうニュース見かけるけど,おかしくない?
高校卒業してないんなら,問題だと思うけど,大学卒業してんなら,少なくとも高校卒業程度のレベルはあるはずなんだからさ(笑)
大学卒業したけど安定した仕事が見つかんなくて,見つけた仕事は高卒じゃないと雇ってもらえなかった。大学にはいれなかった人は,再チャレンジして,大卒の資格を手にすることができるけど,いったん大卒になったら,二度と大卒でなくなることはできない。なんか納得いかないなあ。

僕自身が,無駄に学歴を重ねてきたって思いがあるので,ますます納得できない(苦笑)

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 「高卒」と偽り就職=勤続10年、大卒職員免職−兵庫県尼崎市.

 兵庫県尼崎市水道局は31日、4年制大学を卒業したにもかかわらず、最終学歴を「高卒」と偽って採用試験に合格し、10年近く勤務していたとして、同局管路補修課の男性職員(37)を同日付で諭旨免職とした。職員は「安定した職に就きたかった」と説明しているという。 


| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007/01/29

防衛相発言、米が真意ただす

これはつまり,入閣前は批判的だったけど,今はそうじゃないっていう意味なんだろうか。
だったら,最初からそういうべきだし,マスコミに対しても久間さん自身がそう釈明すべきなんじゃん?
いや,それ以上に,入閣前に批判的だった意見をどの時点でどの程度修正したんだろうか。今はどういう評価なんだろうか。謎は深まるばかり(笑)

リンク: Yahoo!ニュース - 時事通信 - 防衛相発言、米が真意ただす=イラク戦争批判で.

 ブッシュ米大統領のイラク戦争開戦の決断を批判した久間章生防衛相の発言に関し、米政府が外交ルートを通じて真意を説明するよう求めていたことが28日、分かった。政府関係者が明らかにした。外務省幹部は「抗議ではない」としているが、政府内には一連の防衛相発言が日米同盟に影響を与えかねないとの懸念の声も出ている。
 久間氏は24日の講演で、イラク戦争開戦に関して「判断は間違っていた」などと発言した。これに対し米側は「発言の真意は何か」と日本政府に照会。日本側は「久間氏の入閣前の認識を述べたものだ」などと回答したという。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」

「それでも僕はやってない」という映画が話題になってるらしいんだけど,この話は起訴,有罪になっただけでなく,服役も済んでから,事実が判明したという。
最初にこの話を聞いたとき,この男性は行方不明だということだったので,人生に絶望して自殺したりしていないかとも思ったんだけど,苦労されながら,生きておられるようです。
この男性が犯人ではないことを示す物証もあったにもかかわらず,調書に自白したと書き込まれると,裁判で覆すのが困難になるというのは,信じがたいけど,本当なんだ。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」.

 富山県警が2002年、同県氷見市の男性(39)を婦女暴行容疑などで誤認逮捕した冤罪(えんざい)事件で、男性が読売新聞の取材に、無実の罪を自白するに至った経緯を初めて語った。

 男性によると、取り調べは、任意同行を求められた02年4月8日から始まり、「『身内の者が間違いないと言っている』と何度も告げられ、やっていないと言っても信用されるわけがないと思った。言われるままに認めざるを得ない状況だった」と話した。その上で、「身内までも僕のことを信用していないんだと思った。気が抜けたようになってしまった」と語った。男性は3回目の聴取で自白に追い込まれた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚から300日以内の出生,調査へ

離婚後,3か月くらい我慢すればいいだけの話じゃん?ということかどうかわかんないけど,これまで離婚から300日以内の出生は一律前夫の子供ということにされていた。違うというのであれば,裁判をやって,前夫の協力も得た上で,証明しなくてはならず,そのために多額の費用もかかることもあるらしい。ホントのお父さんを証明するだけじゃだめってことみたいで。
だけど,DVによる離婚の場合には連絡を取ることさえ,はばかられることもあるし,少なくとも一定の手続きを経れば親子関係を認めてもらえるような仕組みは用意されるべきなんでしょう。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <民法772条>法務省 実態把握のため調査に乗り出す.

 「離婚から300日以内に誕生した子は前夫の子」とする民法772条の規定について、法務省は26日、実態把握のため自治体などを通じた初の調査に乗り出すことを決めた。長勢甚遠法相が同日午前の閣議後の記者会見で明らかにした。同省は、結果を受けて、規定の改正や運用の見直しなどの検討に入る。(全文を読む


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

iTunes Storeで曲を購入

Thomas DolbyのEuropa and the Pirate TwinsShe Blinded Me With Science,そしてMのPop MuzikをiTunes Storeで購入。
Amazonでは下のリンクからアルバムが買えます。いずれもいくつかバージョンがありますので,検索して気に入ったものを買うといいでしょう。シングルでよければiTunesのほうが1曲150円で安くあがります。
最近,Pop MuzikがCMで使われていて,懐かしい!!と思って買っちゃいました。
Thomas Dolbyのほうは,Pop Muzikを聞いてたら何となく思い出して購入。

レトロスペクタクル~ベスト
The History: Pop Muzik -- The 25th Anniversary

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

民衆の敵

小学校のとき,「君たちのためにストをやってるんだ」といっていた担任教師のことを思い出す。
自習にしたり,他の教師に授業を任せたりして,集会に出かけるのは,職務怠慢などでは断じてなく,子供たちのためなんだ!!
なぜ,いじめ調査に協力してはいけないのか,教祖側の弁明が記事には書かれていないが,聞けば,それなりの理屈を述べるだろう。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「いじめ調査に協力するな」北海道教組が支部に通達.

 北海道教育委員会が昨年12月に行ったいじめ実態調査に対し、北海道教職員組合(北教組)が道内全21支部に、協力しないよう「指導」していたことが23日、明らかになった。

 多くの学校では協力したものの、小樽市では、教員が調査回答や回収を拒否。このため市内の一部の学校では校長が保護者に直接、回収協力を求める事態になった。

 北海道では昨年9月、滝川市の小6女児のいじめ自殺が発覚。道教委は同12月、いじめの実態把握などのため、札幌市教委が独自にいじめ調査をした同市立小中高校生を除いた、全道の小中高生と教員計約46万人を対象に調査を行った。児童生徒にはいじめられた経験やどんな行為をいじめと思うかなどを尋ね、教員には、いじめに対処した経験などを聞いた。


イプセンの戯曲「民衆の敵」を思い出す(読んでねえけどな,自爆)。馬鹿な大衆を正しい方向に導くべき教師は,何を言っても赦されるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/01/22

納豆発注ストップ…業者悲鳴

番組放映1か月前から,業界では増産体制をとっていた,なんていう話も流れていたと思うので,それがホントなら,こういうのも自業自得ってことでしょう。
でも,それはそれとして,おかしいよね,こういう流れって。

リンク: <番組ねつ造>納豆発注ストップ…業者悲鳴 | エキサイトニュース.

 テレビ番組「発掘!あるある大事典2」が放送した「納豆ダイエット」の内容ねつ造を、制作した関西テレビ(大阪市北区)が認めて一夜明けた21日、大生産地の茨城県の納豆製造業者には早速発注取り消しの電話が入り、業者が頭を抱えている。増産態勢をとっていた業者は「このままでは廃棄処分が出るかもしれない」と話す。(全文を読む


納豆を1日2パック食べるのがダイエットに効果的かどうかの検証,という観点では番組はねつ造であり,虚偽内容であったわけですが,牛肉バリバリ食べるよりは健康的であろうことは予想される訳で。でも,科学的っていうことでは少なくとも半年とか,場合によっては10年20年と蓄積したデータじゃないと,とてもじゃないけどモノは言えんのじゃないの?
毎週この番組を見てるわけじゃないけど,だいたいが,この程度の,科学的にインパクトがあるとは思えない,ちょろっとした実験でもって,大胆な結論を出しているって言うパターンで,でもそれはバラエティだからってことでみんな納得してんだろうと。へえ,そうなんだ。ってことで,明日からは納豆意識して食べるようにしよっと。その程度の話で,毎日納豆食べながら,何キロやせたか,体重計の目盛りをにらみつけてる図ってのは笑い話に過ぎない。

謝んなくていいから,「所詮バラエティですから!」って言えよ(笑)

関連のあるエントリ:<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/19

風見しんごさんのお嬢さんの事故の件

トラックバックいただいたので。

リンク: 「風見しんごさんの長女、はねられ死亡」について 溶解する日本/ウェブリブログ.

 「風見しんごさんの長女、はねられ死亡」でiLand氏が
加害者の運転手がどれほどの悪意を持っていたのか,まったくの過失なのかはわかんないけど。
と仰っておりますが...
こりゃいけませんて、横断歩道上ですぜ。
しかも横断青。
「業務上過失」は動きますまい。

 「歩道」とつくところは基本的に「車両」の通行が禁じられているわけで、横断歩道に関しては歩行者の通行を妨げない範囲で車両の通行が許されている、こういう理解でいいと思います。


それはその通りなんですが,昨年は飲酒運転とかひき逃げだとか,悲惨な事故が話題になることが多かったですからね。無免許だったとか,飲酒してたとか,そういう別の要素が加わらないと,読んでいてピンとこなくなりそうなところがあるんですが,もちろん,そんなわけはなく,我が子を突然失わなければならない悲しみの深さは察するにあまりあるのです。

この件について,もっといろいろ書こうと思ったんだけど,あちこちの記事を読んでいたら,自分の子供がこんなことになったらって考えちゃって。あんまりちゃんとしたこと書けないですm(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/17

風見しんごさんの長女、はねられ死亡

飲酒運転などに夜悲惨な死亡事故の話をあまりにも多く聞かされて,感覚が麻痺しそうなくらいの昨今。
加害者の運転手がどれほどの悪意を持っていたのか,まったくの過失なのかはわかんないけど。

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <交通事故>風見しんごさんの長女、はねられ死亡 東京.

 17日午前8時10分ごろ、東京都世田谷区中町4の都道交差点で、近くに住むタレントの風見しんごさん(44)=本名・大下義博=の長女で小学5年のえみるちゃん(10)がトラックにはねられ、頭を打ち間もなく死亡した。警視庁玉川署は、トラックを運転していた埼玉県所沢市小手指町3、会社員、加藤雅哉容疑者(22)を業務上過失傷害容疑で現行犯逮捕した。(全文を読む


風見しんごさんは子供たちが小さい頃,子育て番組の司会をしていて,親近感を抱いていた。娘さんのことも全然知らなかったわけなんだけど,なんだか,知り合いの訃報を聞いたような,寂しさ,悲しさを感じるのは,僕だけじゃないだろうと思う。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/09

この間のエントリ

きっこの日記という有名なサイトがあります。
いつから読むようになったのか,忘れちゃいましたけど,だいたい全文読んでるんじゃないでしょうか(最近は)。ブログのほうは何日分かまとめて読めるので,テキストをダウンロードしてPDAで読んでます。
下手な週刊誌なんか相手にならないほどの暴露ネタ満載,というので,アクセス数をのばしてきた日記みたいなんだけど,基本的には素人のウェブ日記で,大したことないと言えばないしたことないような気もする。

でも,僕があの日記を読み続けているのは,とにかく長文にも関わらず,読んでいてつらさを感じさせないということが大きいと思う。リズム感があるので,言ってる意味が読み取れなくても,何となく頭の中にするっと入ってくる(そして,するっと抜けていく)。
きっこさんは中学生の時から,俳句をやってるんだそうで,あの読みやすさはそのせいなんでしょう。
きっこの日記は毎日一つのテーマについてまとめてあって(脱線はしまくりだけど),MAXネタ,政治ネタ,パチンコネタ,などとならんで俳句についての話題も多い。僕は俳句なんてやったことないけど,きっこさんの俳句の解説を読んでいて,この間何となく俳句をつくってみた。ほとんど生まれて初めて。

それなりのめでたさなりき餅二つ あいらんど

正月ってことで,家族で雑煮を食べたんだけど,その中に餅が二つはいってた。別にどっかに旅行に出かけるわけでもなく,何のイベントがあるわけでもなく,餅が一個じゃなくて二個はいってた,その程度なんだけど,それなりの幸せを感じた,ってことをいいたかった。で,こちらは今年最初のエントリだった(正確には2本目)ので,この句で締めようと思っただけなんだけど,あとから見直したら,DJ OZMAの記事が上にあって,そっちを詠んだ句のようにも見えるな(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

iMiリサーチバンク: 年末年始に関する調査

トラックバックアンケートの答えは,「紅白」です。
やっぱりね。家族で見ていて,一番安心していられるんですよね。
と,言いつつ,DJ OZMAのパフォーマンスはねえ(苦笑)
目が悪いので,何が映ってるのか,よくわかんなくって。
NHKでやってんだから,ボディスーツだろうってのはすぐ見当つきましたが,子供はいやがってました。
子供には一生懸命目をこらして見ているように見えたかもしれないが,違うんだあと言い訳することもできず...(;_;)
パパはママので十分だから(冷汗)

リンク: iMiリサーチバンク: 2006年、「良い年だった」と「良い年でなかった」の回答はほぼ半々。年末年始の連休数については、「6日間」が27.2%: 生活.

 時が経つのも早いもので、今年も残すところあとわずか。そこで、全国の社会人1443人を対象に、この年末年始に関する調査を行った。

2006年を振り返ってみて、「良い年だった」と「良い年でなかった(悪い年だった)」の回答はほぼ半々。吉凶相半ばする年だったようだ。年末年始の連休数については、「6日間」が27.2%でもっとも多く、「7日間」(18.3%)が続いた。一方、「ない」も7%いた。続いて年賀状を出す枚数を聞いたところ、「50枚未満」の回答が半数以上を占めた。また、「出さない」は16.1%だった。
年末年始の行事については、上位3位は「お雑煮を食べる」(86.2%)、「年越しそばを食べる」(82.4%)、「忘年会をする」(73.6%)で“定番”は変わらず。逆に、「初日の出を見に行く」(10.1%)、「紅白歌合戦を見る」(44.9%)は少数派だった。「年末年始はどこかに行きますか」の質問には、「どこにも行かない(自宅)」が半数以上。インドア派以外では、「帰省」(22.6%)が最も多かった。(全文を読む


それなりのめでたさなりき餅二つ あいらんど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年にあたり

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
年頭に当たって,改めて言うようなこともないんですが(爆)

安倍首相の発言がニュースになってたので取り上げてみます。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「参院選で憲法改正を訴える」首相が年頭会見.

 安倍首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、憲法改正問題について、「私の内閣で憲法改正を目指すということを当然、参院選でも訴えていきたい」と述べ、夏の参院選で自民党の公約として訴えていく考えを表明した。

 首相は「今年で憲法施行から60年で、新しい時代にふさわしい憲法を作っていくという意思を今こそ明確にしていかなければならない。自民党の草案は出来ており、各党と協議を進めてもらいたい」と述べた。(全文を読む


参院選前に決めちゃわないと無理じゃん(笑)

現在の憲法に不備があるという評価は当然のこととして,これをなんとかしようとした時に,主体となる国民が必ずしも完璧な存在ではあり得ないんだから,「改正」の結果,もっとひどいものになるリスクって言うのは必ずあると思う。だから,安倍政権下で行おうが,それ以降で行おうが,そのリスクを背負うのは我々日本国民なんだっていう点は押さえておくべきだと思う。だから,改正の是非について,いったん国政選挙で民意を問うっていうのは、正しいことなんでしょう。

それはそれとして,わざわざハードル高くすること言うよなという気もします。民主党の岡田代表(当時)が,衆院選で単独過半数じゃなきゃ負けだと,ハードルを高くしたのを思い出します。自民党より一人でも多ければ,と言っておけば,勝ちの目ももう少しあったと思うのに。岡田さんは負けて,代表の座を降りたいと思ってたのかな,なんて思ったりもしたんですが,その伝で言えば,安倍さんも参院選で負けてやめたいと思ってんじゃなかろうか。
そう考えると,対中韓政策から,奥さんのブログに至るまで,すべて説明がつくような気がしたりして(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »