« 離婚から300日以内の出生,調査へ | トップページ | 防衛相発言、米が真意ただす »

2007/01/26

富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」

「それでも僕はやってない」という映画が話題になってるらしいんだけど,この話は起訴,有罪になっただけでなく,服役も済んでから,事実が判明したという。
最初にこの話を聞いたとき,この男性は行方不明だということだったので,人生に絶望して自殺したりしていないかとも思ったんだけど,苦労されながら,生きておられるようです。
この男性が犯人ではないことを示す物証もあったにもかかわらず,調書に自白したと書き込まれると,裁判で覆すのが困難になるというのは,信じがたいけど,本当なんだ。

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」.

 富山県警が2002年、同県氷見市の男性(39)を婦女暴行容疑などで誤認逮捕した冤罪(えんざい)事件で、男性が読売新聞の取材に、無実の罪を自白するに至った経緯を初めて語った。

 男性によると、取り調べは、任意同行を求められた02年4月8日から始まり、「『身内の者が間違いないと言っている』と何度も告げられ、やっていないと言っても信用されるわけがないと思った。言われるままに認めざるを得ない状況だった」と話した。その上で、「身内までも僕のことを信用していないんだと思った。気が抜けたようになってしまった」と語った。男性は3回目の聴取で自白に追い込まれた。


|

« 離婚から300日以内の出生,調査へ | トップページ | 防衛相発言、米が真意ただす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/13665944

この記事へのトラックバック一覧です: 富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」:

« 離婚から300日以内の出生,調査へ | トップページ | 防衛相発言、米が真意ただす »