« ランチ売れない 「有給休息」廃止で | トップページ | 元慰安婦、日本に謝罪要求 »

2007/02/17

「無抵抗だから」動機・原因の半数

落ち度がなくても,力が弱かったり,拒絶する意思を示さないと,いじめのターゲットになる傾向があるのは,子供の世界ばかりでなく,国際社会だってそうだよなあ,なんてことを思ってみたり。

リンク: Yahoo!ニュース - 産経新聞 - いじめ原因の事件 前年比41%増 昨年 「無抵抗だから」動機・原因の半数.

 昨年1年間に全国の警察が検挙・補導したいじめに絡む事件は、前年比41・2%増の233件で、4年連続で増加したことが15日、警察庁のまとめで分かった。検挙・補導者数も41・1%増の460人に上り、うち中学生が76・5%だった。原因・動機は「(被害者の)力が弱い・無抵抗」が46・3%と突出していた。いじめの被害者に落ち度がなくても、力が弱かったり、拒絶する意思を示さないと、いじめのターゲットになる傾向が強まっていることが浮き彫りになった。またこの数値は過去10年でもっとも高かった。(全文を読む


軍事力を放棄し,拒絶する意志を示さなければ,他国からいじめられることはないという憲法を,子供たちに教えてきた教師は,反省すべきだろう。
「よい子は真似しないようにしましょう」なんていうことをよく言うわけですが,そういう真似をするのはたいてい悪い子ですから。

|

« ランチ売れない 「有給休息」廃止で | トップページ | 元慰安婦、日本に謝罪要求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/13929510

この記事へのトラックバック一覧です: 「無抵抗だから」動機・原因の半数:

« ランチ売れない 「有給休息」廃止で | トップページ | 元慰安婦、日本に謝罪要求 »