« 歴史認識って何よ | トップページ | HIV汚染全国2位なのに対策費減額 »

2007/03/05

富山の冤罪事件

やってないことをやりましたと言ってしまうのは,ある意味,河野談話にもつながるような。

リンク: asahi.com:「『はい』以外言うな」 富山の冤罪男性に取調官 - 社会.

 強姦(ごうかん)と強姦未遂事件で逮捕され実刑判決を受けた富山県内の男性(39)が約2年1カ月の服役後に冤罪とわかった問題で、男性が朝日新聞の取材に応じた。逮捕直後に自供を覆し容疑を否認したが、県警の取調官から「なんでそんなこと言うんだ」と怒鳴られ、「今後発言を覆さない」旨の念書を書かされたという。公判でも認め続けたことには、「何を言っても通用しないと思い込まされてしまった」と悔しさをにじませた。
(中略)
 県警や富山地検はそれぞれ「故意または重過失ではない」「職務上の義務に反したわけではない」と、当時の捜査関係者を処分しない方針を示している。

 男性は「処分しないと聞いたときは腹が立った。処分がないというのは、『間違った取り調べをしていない』と僕に対して言っているのと同じ」と話した。県警の謝罪に対して「失った期間は戻って来ない」と答えたという。(全文を読む


それでは,「職務上の義務」というのはどういうことを言うんだろう。
証言を翻さないという念書を書かせるのは,オーケーってことなんだろうか。

|

« 歴史認識って何よ | トップページ | HIV汚染全国2位なのに対策費減額 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/14140290

この記事へのトラックバック一覧です: 富山の冤罪事件:

« 歴史認識って何よ | トップページ | HIV汚染全国2位なのに対策費減額 »