« こ,怖ーーい | トップページ | 宇治小6殺害事件 検察側が控訴 »

2007/03/19

慰安婦問題決議案米下院提出のウラ

この,決議案を提出したホンダ議員の背後に中共の影が見える,という話は産経の記事にも出ていたようだ。(↓これは日経BPの記事。)

リンク: 国家安全保障を考える(第44回)[古森 義久氏]/SAFETY JAPAN [コラム]/日経BP社.

第44回 なぜ今? 慰安婦問題が浮上する米国を読み解く
 米国議会の下院に出された、日本のいわゆる「従軍慰安婦」問題に関する決議案が話題の輪を広げている。決議案は拘束力こそないとはいえ、日本政府に明確な謝罪をすることを求めている。戦争が終わって既に60余年、今になってなぜ「慰安婦」が問題にされるのか。戦争に関して戦争行為そのものでさえも、軍事裁判や講和条約でその責任や賠償にはとっくにピリオドが打たれたはずなのに、今ここでなぜ戦時の売春というテーマがこれほど広い関心を集めるのか。

 「今、なぜ?」という点をはじめとして、この慰安婦非難決議案のいくつかの側面に光を当ててみよう。軍隊とセックスという課題自体がそもそも語りにくい性格ではあるが、いまやこの問題が日本と米国の関係全体にまで屈折した悪影響を広げかねない状態となった以上、その実態をつかんでおくことが必要だといえよう。(全文を読む


中共の意を受けて,反日活動を行っている団体が,ホンダ議員に政治献金を行っている,そしてホンダ議員はとにかくこの問題を会期ごとに取り上げるのがウリだったらしい。それで今回ようやく,議案として取り上げられるようになったと。
ネットを見て回っても,このことについての反応を見つけらんなくって。
素直な反応としては「中共に気をつけろ!」とわめくことなんでしょうが,ことここに至ってそれで終わってはかえってまずいような気がする。欧米のメディアから見れば,また日本のエセ右翼ブロガーがなんかわめいてるよ,って感じになりはすまいか。いや,わかんないんだけど,僕はそう感じる。僕は欧米人でも欧米在住でもないけどな。

この問題についてねじれてると思うのは,河野談話を認めれば,日本は謝罪したことになるはずなのに,河野談話を認めていても,謝罪したことになっていないということ。河野談話は謝罪になんかなってないって,政府が認めない限り,この問題は終わんないんじゃん。河野談話を継承するとか言ってるうちは,中韓米はこのネタでねちねち言い続けると思う。安倍首相がそういうこという確率は低いと思うけどね。

|

« こ,怖ーーい | トップページ | 宇治小6殺害事件 検察側が控訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37661/14313854

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題決議案米下院提出のウラ:

« こ,怖ーーい | トップページ | 宇治小6殺害事件 検察側が控訴 »